模試が返ってきたとき何をしたらよいのか?復習方法や受ける意味

大和八木校・

こんにちは。大和八木校です。

今回は模試全般についてお話していきたいと思います。

 

特に良く質問される《正しい模試のやり直し方》や模試の結果でどこを機にしたらよいかについてお話ししていきたいと思います。

最近第二回全統マーク模試の結果が返ってくるタイミングなので、これはよく質問されます。

 

近々第三回全統記述・マーク模試や、大学別のオープン模試もあるので先にお話しておこうと思います。

 

test_print_gakkari_schoolgirl

 

模試の結果で気にする点

まず模試で気にするところは…

「自分が勉強した範囲ができていたがどうか」です。

自分の実力では完答するのがまだ無理な分野や範囲
=自分がまだ勉強していない上のレベルの分野や範囲 は、できていなくて当然なのです。

まだ勉強していない範囲の問題に必要以上に時間をかけることは勿体無いのです。

大事なことは先ほど申し上げた通り自分が勉強した範囲ができているかです。

模試の復習をするとしたらその範囲の復習に時間をかけるべきなのです。

ただまんべんなく復習することは効率が悪いといえます。

 

「自分が勉強したのに出来なかった」基礎の部分を重点的に復習するといいのです。

 

勿論結果で気にする点も同じです、自分が勉強した範囲の問題がきちんと溶けているかどうかを気にしてください。

 

全体の偏差値や得点率はまだ気にしなくてもよいです。

すなわち…自分が勉強した範囲がもしすべて解けていたなら、今の勉強は身についているということなのです。

偏差値や判定よりもその点を気にしながら結果を見て欲しいです。

 

現時点で解けない問題について

では次に
《今解けない問題はどうすればいいのか?》
についてお話ししたいと思います。

放置??
いえ、『挑めるレベルになったらもう一度やり直す』のです。
出来ないときにその問題を復習してもそれは暗記でしかないのです。答えを覚えるだけでは全く意味がありません。

一旦→出来るところを復習。
その後→参考書を進める。
そして→挑めるようになってから解き直す!

レベルごとに使い分けて復習と再チャレンジをするといいのです。

 

模試の問題はその分野がきちんと身についていれば解ける良問ばかりです。

 

是非有効活用していきましょう。

 

まとめ

「模試のやり直しをしなさい!」
「勉強しなさい!」と受験生のかたは様々な場面で言われてきたし今からも言われると思います。

大事なことは言われたままにやるのではなく
『何のためにするのか?』を考えることが大切なのです。

1個1個の言われた指示に
『目的を考えながら取り組む』ことが大切で、それが出来るか出来ないかで差がつくのです。

意味のない作業(勉強)をしていても成績は上がりません!
そして、「勉強してもムダだ!」「大変な割に報われない!」
と思ってしまい、これを繰り返すと勉強が嫌になってしまいます。

すなわち、この事『目的を考えながら取り組む』を常に意識しておくことがとても大切で、それが成績にも繋がります。
わからない問題が出てきた時に「出来ないし!」と、『見切り』をつけることも大切なのです。

色々話しましたが今回のまとめとして

模試はあくまで力試しで勉強が身についているかの確認のためのもの。やり直しは、自分のやっている範囲を復習する。難しい問題は自分のレベルが上がってからすることが大事。

と言うことです。

 

しかしながら勉強の目的を自分で考えながら行うことや、今自分が勉強している分野や範囲や難易度が全体像のなかでどこに位置しているのかといった事を理解することは中々難しいです。

 

武田塾のサポートのカリキュラムを見ればそれは一目瞭然です。

 

ぜひ一度無料の受験相談にお越しください。

 

お申込みは下記フォームより行う事が出来ます。

 

お気軽なご連絡お待ちしております。

 

 

無料受験相談

 

 

武田塾大和八木校

〒634-0005 奈良県橿原市北八木町1丁目1-8 橿原中央ビル 3F

近鉄 大和八木駅 徒歩3分

TEL 0744-22-3111

タグ:,