【41.2→】武田塾和歌山校の急上昇ニュース【52.1!】

和歌山校・

isogasii

こんにちは!元気いっぱい、武田塾和歌山校です!

センターまで残り約30日となりました。大学入試センターは受験票の送付を開始しており、16日までに届かない場合は大学入試センターまで連絡をしましょう。詳しくは、大学入試センターのHPで確認しておきましょう。

実際に受験票を見ると、身が引き締まる思いですね。悔いのないように、残りの期間を過ごしましょう!!!

今回紹介するのは、受験対策も深まってきた10月入塾の生徒です。10月に入ってきた高校3年生ですよ?「遅くない?本当に間に合う?」と思った人も多いですよね!武田塾の在籍期間はおよそ2ヶ月くらいですが、変化は着実に出ていますよ!ご紹介しますね。

Nさん
星林高校 3年

偏差値:41.2 → 52.1(英語)
点数:75点 → 125
レベル:E → C 

※2019年
第2回河合塾全統マーク模試(7月実施)
→第3回河合塾全統マーク模試(10月実施)

通塾期間:まさかの(笑)1ヶ月

///////////////////////////////

1ヶ月で偏差値11アップしたら、1年通えばどうなるのか…レベルですよね笑
本当に真面目にコツコツ頑張ってくれたので、当然と言えば当然ですが、実際にどんな勉強をしてきたのか、ご紹介します!とはいえ、模試直前までの指導は1ヶ月、つまり4回程度なのでほぼすべて公開する感じですね!1ヶ月マネしてもらえれば、偏差値11上がるかもしれません!

英語の学習

9月末に体験特訓に来てくれました。そのときに暗記の仕方をメインに、受験までの残された時間を無駄なく最短ルートで突破するためにどうすればよいのか、まで話していました。

そして、入塾後初めて確認テストを行いましたが、おおむね100%の正解率でした。つまりこの生徒は、暗記の方法や要領はつかめていたということになります。

のにジャンプアップ前の模試では、どうも偏差値の伸びがいまひとつでしたよね。なら、原因は長文読解にあると考え、生徒からヒアリングを開始。読解においての疑問などを聴取することができました。そして、英文構造の解説や、長文のパラグラフ・リーディングの方法を習得する学習へ入っていきます。

現役の高校3年ということで、学校も大忙しの時期。塾で行われる暗記の確認テストの学習は、主に電車などの移動中に行う。自習可能時間は、机に向かって長文の読解練習に取り組みました。

そして1か月後、受験した模試で偏差値を大きく上げることができました。

伸び悩みも一瞬で解決!?

さて、今回紹介した生徒のポイントは、決して勉強は嫌いじゃないし、まじめにやっているのにもかかわらず、模試で結果が出せない生徒が、成績をアップしたことですね。

もちろん武田塾だけではなく、生徒のおかげです。スキマ時間にしっかり学習してくれたからです。伝えたことを素直に受け止めて、実行してくれたためだと考えています。

しかし、学習に苦戦したことのある方なら共感してもらえると思いますが、苦手な範囲や自信のない教科の学習中には「これでいいのか?」「自分はできているのか?」「どれだけやればいいんだ?」などの言葉が頭の中に生まれてくるものですよね。

武田塾では「これで良い!」「ここは出来ているよ!ここはまだまだだね!」「この方法なら、短期間で必要な勉強を網羅できるよ!」など、受験エキスパートからの診断や助言ができます。当たり前のことですが、一人だとできない客観的な判断を毎週行います。構心強いですよ!不必要な学習を無駄に頑張っていませんか?受験相談にて、一度お話しさせてください!いつでもお待ちしております!

――――――――――――――――――――――――

和歌山校では受験相談絶賛受付中!
ぜひ、1度お越しください!
お問い合わせは、こちらから!

――――――――――――――――――――――――

〒640-8342
和歌山県和歌山市友田町5-50 ミナカタビル 3階
℡:073-488-5660