【卒塾インタビュー】僕、武田塾で国語の偏差値20上がりました!

和歌山校・

東大A判定出ました!なので、僕は卒塾します!

→そのまま、東大現役合格しました!(2020年3月)

みなさん、こんにちは。

センター試験から本格的に始まった今年の大学入試。気づけば、2月の1週目が終わりましたね。入試の感触はいかがでしょうか。早い人は、もう入試が終わった、という人もいると思います。産近甲龍・関関同立などの有名大学でも、すでに合格発表が始まっているところがあります。私立志望の人も国公立志望の人も、合格通知を手にするまでは油断せず最後まで頑張っていきましょう!

和歌山校は2017年7月に開校しました。おかげさまで増床することができ、今では生徒50名にも及んでいます。これまで、和歌山校ブログでは様々な「逆転」成績アップをご紹介してきました!

★和歌山校で生まれ変わりました★

E判定から近大公募推薦合格!倍率10倍突破!
2ヶ月で5科目総合偏差値15アップ!
高3の夏入塾から5ヶ月でセンター5割⇒8割に!
圧倒的な自己ベスト!センター文系3科目84%達成!
センターチャレンジで英語8割超え!2年生も結果残しています!

どうですか?これが和歌山校での個別指導の賜物です。まだ公募推薦やセンターの速報に過ぎません。一般入試・二次試験が終われば、合格速報をどしどし流していきます!ぜひお楽しみに!

※和歌山校では武田塾独自カリキュラムに沿って、毎週、先生とのマンツーマン指導が受けられます。最近流行の授業スタイルの塾ではありません。1人1人の学力と志望校に合わせて、カリキュラムを作成し、丁寧に進めています。その結果、上のようなグラフの伸びをする生徒が誕生するんです。

そんな中、本日は、卒塾インタビューをお送りします(^^)

和歌山校に入塾して、一気に成績が上がり、自分で勉強する習慣もついたとのことで、卒塾となった生徒がいます。そもそも、「自分でできるなら入塾しなくても良い」のが武田塾です。この生徒は今後は1人でやっていけそうとのことなので、今回卒塾インタビューを実施しました。ぜひ、参考にしてください!

■Mくん(入塾時、近大附属和歌山高校2年)
■入塾時期…2018年4月
■入塾前の成績…偏差値71.9(高1駿台全国模試)
■卒塾時の成績…偏差値75.5(高2駿台全国模試)

元から驚くような成績でしたが、さらにアップしました!


もともと、学年でもTOPを争う生徒でしたが、国語が課題でした。なかなか伸びず、もがいていたところ、ネットで武田塾和歌山校を見つけ、2018年4月に入塾しました。入塾後は、國中校舎長とマンツーマン指導を行いながら、途中で和医大講師に切り替えました。その結果、見事、偏差値20アップを達成。こんだけ短期間で国語の成績を伸ばすなんて、武田塾でしかできません!早速、その詳細を見ていきましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①武田塾に入ったきっかけ

高1の10月に受けた、駿台全国模試の偏差値は英語81・数学64・国語55でした。この模試に限ってではなく、もともと国語が苦手でした。そこで、国語をどうにかしようと、ネットで塾を探していたら、武田塾和歌山校がヒットしました。それまで、武田塾の存在自体知りませんでしたが、「日本初!授業をしない。」というのを見て、少し興味が湧き、無料受験相談を申し込みました。

②武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

これは確実に言えることですが、入塾前より確実に勉強時間が増えました!和歌山校は、1人1人自分の指定の自習席があり、置き勉もできて、勉強するには最高の環境でした!おまけに、いつでも先生に質問することもできるので、家ではダラダラしてしまう自分は、家から逆方向ですが、毎日塾に寄ってから帰宅していました。

③担当の先生はどうでしたか?

國中先生は年齢も近くて、話しやすかったです。現代文は別途添削がもらえたので、かなり助かりました。和医大の先生は国語だけでなく、全体的な勉強プラン将来の受験計画の相談もしてくれたので、良かったです!

④武田塾での思い出を教えて下さい!

・自分だけの自習席で集中して勉強できたこと
・國中先生がロッテリアをくれたこと(本当たまに笑)
・同級生と仲良く休憩できたこと

⑤好きな参考書ランキングベスト3!

1位:現代文と格闘する

記述力がなかった僕にとっては、かなり重たい参考書でした…
ただ、添削してもらいながら進める中で、少しきっかけをつかむことができました!

2位:現代文キーワード読解

なかなか渋いチョイスではないでしょうか。笑
この参考書は他の問題集と並行で進めました。毎週の指導で確認テストをしてもらいながら、知識を深めていきました。

3位:古文上達45

古文もなかなか感覚がつかめませんでしたが、この参考書のおかげで古文の世界のイメージが湧きやすくなりました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか?Mくんは近大附属和歌山高校でもインフルエンサー的存在で、同級生を3人も誘ってきてくれたんです!和歌山校では、夏場、友達紹介キャンペーンで図書カード3万円分をプレゼントしていました。となると、一体Mくんはいくらもらったのか…ご想像にお任せします。。。

自分でも「武田塾に入ってめっちゃ成績伸びました!」と言っていて、入塾前とは勉強時間が圧倒的に増えました。そのおかげで、英語や数学の成績も伸びてきて、学年TOPの地位を揺るぎないものにしました。あとは、そのまま東大に合格してくれれば嬉しいです。和歌山校でのサポートは終わりますが、今後、いつでも連絡してきてくださいね!

無料受験相談

武田塾ってどんな塾?

①日本初!授業をしない

武田塾の1番の特徴ですね!

一般的な個別指導塾では、講師の先生から新たに勉強する部分の解説を受けたり、分からない問題の説明をしてもらうなど「授業を受けること」がメインです。

もちろん、1人ひとりに応じた、わかりやすい説明はありますが、授業を受けるだけでは「わかる(理解する)」だけで止まってしまい、実際に問題ができる(解ける)ようにはなりません。

これを読んでいる人でも、たくさん授業を受けて「めっちゃわかった!」「これでテストも完璧だ!」と思っていたのにテストが出来なかったり良い点を取れなかった経験はありませんか??

「授業を受けること」だけでなく、自分で復習なり演習をしないと、確固たる知識として定着させることはできません。授業で習ったことは、忘却の彼方に行ってしまうのです。そのため、武田塾では授業を行わず、

自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで
「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます!

勉強のやり方からしっかり教えて、出来るようになるまでやってもらう、これが武田塾です!

※武田塾では、学習の三段階を指導しています。

わかる」=教わって理解!

やってみる」=実際に解く!

できる」=入試でもできる!

②毎週の確認テストと個別指導

<1日単位の明確に決まった宿題>

武田塾では1日ごとに宿題の範囲が決まっています。塾生は毎日どれだけの時間どんなこと勉強すればいいのか明確です。また、武田塾では4日進んで2日戻る(復習する)勉強法を徹底するため、やりっぱなしになることはアリエマセン!※英単語も数学の問題集も6日間の間に3回完璧にしています。

しかし、宿題をしっかりやっても「これで出来るようになったのか不安」と思ってしまうこともあると思います。武田塾ではその不安を確認テスト個別指導で無くします!

<確認テストと個別指導>

武田塾では1週間に1度「確認テスト」と「個別指導」を行います。テスト内容は宿題の問題と全く同じ問題なので、しっかりこなせていれば満点を取ることが出来ます!そのため、毎日頑張って勉強しないとやっていないことがバレるのです。

また、確認テストで80点以上を超えないと次に進めないため、志望校合格までの道を進んでいくことも出来ないのです。こうして武田塾では確認テストで「勉強をサボれない」仕組みを作っているのです。

ずる賢い人や要領の良い人はここまで聞くと「解答の丸暗記をすれば良いし楽勝♪」と思ったかもしれませんがそれは絶対に出来ません!それには2つ理由があるので説明していきます。

①宿題の量が丸暗記出来ない程多い

そもそも、武田塾の宿題はどの科目でも丸暗記することが不可能な量です。下の表が実際に出される1週間の宿題量です。例えば、英文法の問題集ネクステージは9~16章で全部で数百問あります。これを全部丸暗記することなど、不可能だと思いませんか?英語 指導報告書 内容②個別指導の時間で口頭チェックがある

武田塾の個別指導では、一般的な個別指導塾のような問題解説や新しい事項の説明をすることはほとんどありません。本当に問題が出来るようになったのか、暗記になっていないか、口頭でチェックしています!

 

この口頭でのチェックでは「答えを答えるのではなく何故その答えを選んだのか」その根拠を講師の先生に説明してもらっています。武田塾の目的は、参考書の問題が解けたり確認テストで点数を取ることではありません。

 

※試験や入試で得点できなければ意味がないので、そのために根拠の確認をしていくわけです。これを続けていくことで「自分で考えて理解する力(思考力)解法やプロセスを説明する力(表現力)」が養われていくのです。

 

この2つの力は、センター試験に変わる大学入学共通テストにも必要な力です。一般的な個別指導塾では授業中に進んでいくことが講師の先生に求められるため、「生徒が本当に分かっているか」「明確な根拠があって答えられているのか」まで見ることはほとんどありません。

また、そのほかに確認テストの結果や生徒のノートを確認と生徒へのヒアリングを行うことで1週間の勉強のやり方や学習時間が適切かどうかをチェックし状況に応じてアドバイスしていきます。

例えば、英単語。

今週英単語が中々覚えられず、確認テストで8割を切ってしまった生徒の場合は、

〇どのように英単語を覚えて来たのか
〇時間は毎日取れていたか
〇2日間の復習日でもしっかり取り組めていたか(ノートを確認)

これらを確認したうえで、効率の良い正しい単語の覚え方を指導します。ここまで講師の先生から手厚く見てもらえるのが武田塾の個別指導です!

③カリキュラムを全体で管理

もう1つ、武田塾と普通の個別指導塾の違いは「カリキュラムを塾全体で管理」していることです。

個別指導塾では講師の先生に生徒のカリキュラムを丸投げしていることが多いです。教室長の受験知識や教務知識が高い場合は1人ひとりのカリキュラムを設定していることもあるのですが、大半の場合は講師の先生にすべて任されてしまっています。

アルバイト講師が全て自分でカリキュラムを決めるなんてこともよくあります。この方法だと、自身の経験のみを元に作っているため非常に危険ですよね?

しかし、武田塾では志望校に応じてカリキュラムが決まっておりそれをもとに講師の先生が指導しているため講師の先生に依存することはありません。ここまでをまとめると武田塾と他の個別指導塾の違いは、、、

①授業をしない

②毎週やってきた範囲の確認テストと個別指導

③カリキュラムを全体で管理している

の3点ですね!

以上、武田塾と一般的な個別指導塾の違いについて紹介しました!以下、参考動画です!

武田塾と普通の個別指導の違いの動画

武田塾和歌山校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは、073-488-5660までお気軽にご相談ください!ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、こちらから申し込みください↓^^↓

無料受験相談

――――――――――――――――――――――――

和歌山校では受験相談絶賛受付中!
ぜひ、1度お越しください!
お問い合わせは、こちらから!

――――――――――――――――――――――――

〒640-8342
和歌山県和歌山市友田町5-50 ミナカタビル 3階
℡:073-488-5660