センター試験2日目、ついに最後!全力を出し切りましょう!

津校・

センター試験

センター試験当日

センター試験当日 過ごし方

と検索してこの記事に辿り着いた方、またセンター試験を受けるすべての方に

今日はセンター試験当日、特に2日目の過ごし方について徹底解説していきます!

さらに、2日目が終わったあとの過ごし方についても解説していきます。

自己採点についても解説しちゃいます!

 

この記事を執筆している武田塾は、『“日本初、授業をしない塾”として全国240校舎(2019年8月時点)を展開する』学習塾です。
また、授業をしないとは名ばかり。他の学習塾様にも勝る、数々の逆転合格劇を持つのも特徴です。

武田塾 合格実績3

1.教科ごとの直前勉強!(2日目)

2日目に試験がある方は理系科目の試験を受けることになります。

 

1-1.直前勉強【数学編】

 

2日目の最初の科目は数1・A,数1です。数学の試験の前は特にすることがないと思います。

精神統一でもしておきましょう。もちろん公式などを確認したりしても良いですが。。。

 

1-2.直前勉強【理科編】

 

最後の科目となります。文系の受験生は理科基礎科目を受けることが一般的に多いと思います。

理系の受験生は理科(物理・化学・生物・地学)の中から試験を受けることになると思います。

理科は直前にもしかしたら点数が上がるかもしれません。しかしあまりがっつり勉強しすぎると

試験中のパフォーマンスが落ちてしまうかもしれません。

理系の受験生も文系の受験生も苦手な問題や単元を軽く見直す程度が良いと思います。

この科目ですべての受験生のセンター試験が終わります。

頑張りましょう!

 

2.帰宅後の過ごし方

 

帰宅後は2日間センター試験を受けた人は自己採点をするかもしれませんね。

現役生の場合は学校で自己採点の時間が設けられている場合もあります。

学校で採点するのも良いですが、なるべく早く採点したほうが良いです。

なぜなら、もしマークでどれを選んだのかの記入漏れがあった場合、記憶が鮮明なうちに採点したほうがいいです。

さて試験が終わってから、自己採点をする場合いくつか注意したいことがあります。

まずはしっかりとメモを取っておくこと。自分の記憶だけを頼りに採点はしないようにしましょう。

さらに採点をするときは最低でも2回は点数を計算するようにしましょう。

採点の時は緊張状態にあるのでミスが起きやすいです。十分注意しましょう。

できたら3回は採点をし直すと良いでしょう。

また稀に模範解答の配点にミスがあったり、解答にミスがあったりするので

その点はしっかりと確認しておきましょう。

 

自己採点が終わって、点数が思ったよりよかった人、全然だめだった人、いつも通りだった人

いろんな人がいると思いますが、その点数は変えることができません。

これからは自分の進学先として最善な学校はどこなのかを考えていきましょう。

国公立受験の場合も私立大学受験の場合も逆転合格は可能です。

点数が良くなかった人は切り替えて、どうするかをしっかり考えましょう。

点数が良かった人は今まで以上に気を引き締めて頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

参考書を使って勉強していきたいけど…
どの参考書をやればいいのか分からないですよね。

そこで武田塾では、ありとあらゆる市販の参考書すべてを調査分析しています。

そして志望校に合わせたカリキュラムを組んでいます。

どの参考書をいつまでに、どの順番で、どのくらいやればいいのかすべて分かっています!

志望校合格のために、1日単位で何をやればいいのか分かります!

何をやれば合格に近づくかわかりながら勉強したくないですか?

そして武田塾津校では、無料受験相談というものを行っています!

この無料受験相談では、志望校までの最短ルートを、全て無料でお伝えしています!!!!

この無料受験相談のみで合格した子も続々出ています!!

今から勉強を始めようと思っている方は必見です!

予約制となっているので、お早めにご連絡ください!

無料受験相談のお電話はこちらに!!

TEL:059-272-4383

 

フォームからでも予約できます!

無料受験相談

 

また、武田塾 津校のTwitterでは、毎日一問一答問題を発信しています!!

毎日の確認で、知識の埋め合わせをしていきましょう!!