【前編】元大手予備校浪人生が語る、武田塾と大手予備校の相違点

豊田校・

豊田市周辺にお住まいの皆様、および武田塾生の皆様こんにちは!
逆転合格専門の予備校・個別指導塾の武田塾豊田校です!

今回は実際に一浪していた筆者が、浪人生目線で武田塾の良い点悪い点、他塾との比較を行っていきたいと思います。

実は以前、武田塾チャンネルでも以前、他塾との比較を行う動画がありました。

しかしこう思いませんでしたか?

「そりゃ商売敵なんだからdisって当然ではないか」と。

実際私もこの動画をみて、かなり思想にバイアスがかかっているなと感じました(笑)。

そこで、予備校と武田塾の両方を経験した筆者が、もっと客観的な目線で二つの塾の比較をしたいと思います!

結局浪人生にとって武田塾は最適な塾であるのか?

と悩んでいる画面の前のあなたの助けになれば幸いです。

ですが、もちろん個人の感想ですので、その点はご了承ください。

 

※この記事は主に中堅国公立を志望もしくは大学進学を目指している方向けのものです。

 難関大学を目指す方はそのままブラウザバック!

 

 

目次

結局大事なのは予習復習である。

講師の当たり外れは存在する。が、正直そこまで影響はない。

 

 

 

結局大事なのは予習復習である。

「浪人中、一番勉強の時大切にしていたのはなんですか?」

という質問を、最近ちらちら知人友人に聞かれるようになりました。

正直当時は全てが大事だと思っていたので何事にも全力で取り組んでいたのですが、

終わってみて「今思えばあれが一番大事だったんだなぁ」と思うことが一つあります。

それが日々の予習復習です。つまり自学自習の時間です。

これはどの講師の方も、果てはチューター(勉強生活を支えてくれるサポーターのような人)まで口をそろえて言います。

これはわざわざ言わなくても、学校の先生とかも良く言いますよね。

つまりそれだけ大事であるということです。特にK合塾は、

問題を解く→解説→復習

が基本サイクルなので、これがますます重要になってくるわけです。

さて、もう一度言います。自学自習の時間が大切なのです。そう、武田塾が言ってることに似ていませんか?

めちゃめちゃ極端なことを言えば、先生が有機物か無機物かの違いなのです。

さて、もうお分かりかと思いますが、武田塾のパンフレットの様な結論に至ってしまったわけです。

「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、実際に両方の塾を経験したからこそ、改めて思ったのです。

 

 

講師の当たり外れは存在する。が、正直そこまで影響はない。

K合塾はもちろん、S台予備校も、よく「有名講師が云々」と、宣伝していますよね。

ホームページからは、講師の検索なんかもできたりします。

彼らにとって、講師とは言わば商品なのです。全力で宣伝して、そのサービスを受けてもらわなくてはいけません。

そして、人気講師がいるならば、不人気講師がいるのもまた事実なのです。

始まった当初は何も分かりませんでしたが、夏休みに入る頃にはその人が当たりか外れかは大体見極められます。

原則担当講師は変えられません。なので、担当外の講師の授業をこっそり受ける、

所謂”モグリ”という行為もこの頃から散見し始めます。

上部で記載した動画で林社長も言っていました。

「有名講師の授業を受けられる人は限られている」と。

これは全予備校生徒の総意だと思います(偏見)。しかしそれと同時に、そこまで問題ではないとも思うのです。

そう考える理由は、

「質問はどの先生にしに行っても良い」

「一対一の質問対応にそこまで教師の差はない」

の二つです。

 

 

質問はどの先生にしに行っても良い

K合塾は気軽に講師に質問に行けるオープンスペースな講師室を一つの売りにしています。

ですが、その質問先の講師に特に制限がありません。

どの講師のもとに行っても良いのです。

つまり、形は違えど人気講師の指導を受けることが出来うるのです。

自分の担当が嫌なら、評判のいい先生に突撃すればいいのです。彼らはそれが仕事ですから、相手が誰でも拒みません。

もちろん、実際にその人の授業を受けている人との差はどうしても出てきます。

教え方がいいのですから、理解が深まります。復習時の反復の効果が大きいのです。

もちろん記憶が薄れれば無意味であることには変わりませんが、その日のうちの復習の効果が大きいのは間違いないでしょう。

ですが、やはり大切なのは予習復習。

一番大事なところで人気講師に教わるのですから、人気講師の授業を受けっぱなしの人よりも余程効果的な講師の使い方でしょう。

 

 

一対一の質問対応にそこまで教師の差はない

私は当時、比較のために様々な講師に質問に行きました。結果、

問題の分からないところの質問という点においては講師に大した差はない

という結論に落ち着きました。

そもそも彼らは全員が、塾が求める厳しい講師の基準を潜り抜けただけでなく、

塾側のメインサービスである大学受験科の講義の担当に抜擢されたエリート中のエリートです。

冷静に考えて、彼ら彼女らの能力が低いわけがないのです。ただ教える才能があるかどうかの話なのです。

「ただも何もそこが一番大事な能力だろう」と、考えると思います。

それはごもっともです。でなければ当たり外れでこんなに騒いだりはしません。

何度も言いますが、私は一番大事なのは予習復習です。

この「分からないところを聞きに行く」という、塾講師に求められる重要な役割の一つおいて、

彼らは皆が皆素晴らしい活躍をしてくれます。ペーパーテストにおける問題解決能力が総じて高いのです。

 

 

 

 

結論、有名講師の授業を受けるに越したことはありませんが、やろうと思えばいくらでもリカバリーは出来まるのです。

そもそも授業は無意味であると大々的に謳っているのに、その授業の質について批判するのはどうかと思いました

 

とは、もちろん言えませんが(笑)。

 

 

長くなったので今回はここまで!

後編でもどちらに忖度することなく想いを書き殴っていきますので、どうか次回も是非ご覧ください!

 

 

武田塾豊田校では、無料受験相談を毎日受け付けております。
目標の立て方はもちろん、勉強の仕方、志望校の決め方等些細なことでも構いませんので、

また、電話で0565-41-8558(日除く昼1時から夜10時まで)までご連絡ください!
武田塾豊田校は、自学自習を身につけていき、進化を遂げる君たちを徹底的にサポートしていきます❕
武田塾豊田校の全く新しい環境で君も目指す姿に進化しよう!
もちろん、相談会に参加されたとしても、入塾の強制、勧誘等は一切ございませんのでご安心ください。

 

お問い合わせはこちらまで
武田塾豊田校
〒471-0025
愛知県豊田市西町4丁目25-13
フジカケ鐵鋼ビル3階
TEL:0565-41-8558
担当:石原(13:00~22:00 日曜は除く)