センター試験まで気を付けること4つ ~効率よく勉強するために~

豊田校・

豊田市周辺にお住まいの皆様、および武田塾生の皆様こんにちは!
逆転合格専門の予備校・個別指導塾の武田塾豊田校です!

センター試験まであと1カ月ほどになりました。
みなさんもセンター対策をしていると思います。
さて、今回の記事ではセンター試験に向けて気を付けるべきことを4つ紹介します。
残り少ない勉強時間、ただ勉強するだけではもったいないです。
効率よく成績を伸ばすためにも、今回のことを意識しながら勉強しましょう。
まだまだ伸びるので工夫しながらセンター試験まで頑張りましょう!!

 

目次

志望校の決定

戦略の見直し

センター試験を想定する

体調管理

まとめ

 

「センター試験 イラスト フリー」の画像検索結果

 

 

志望校の決定

初めに、センター試験が終わった後のことを話します。
センター試験が終わるとすぐに受験校を決定し、願書を提出します。
センター試験が上手くいった人は大丈夫ですが、残念ながら望む点数を取れない学生もいます。
そんなとき、受験校をどこにするか悩んでしまいますよね。
また、メンタルが弱い人や考えこんでしまう人は、センター試験が終わってから不安になり、受験校を悩みだします。
センター試験が終わってから私立の試験まで1カ月もありません。
国公立の前期入試でも1カ月と2週間ほどです。
現役生のほとんどは時間が無く、しっかりと2次対策が出来ていないと思います。
そのため、センター試験が終わってからの時間はなるべく勉強に充てたいです。
受験校をどこにするかを悩み、時間を使っていてはその分遅れをとってしまいます。
また、センター試験が終わった直後の精神状態では、しっかりと判断ができない可能性もあります。

そのような状況を回避するためにも、今のうちに志望校を決めてしまいましょう。
メンタルが弱い人は、この点数を取ったらここを受けるというように、本番の点数と受験校を対応付けて、それ通りに受験校を決めてもいいと思います。
1点でも決めた点数を下回ったら、その大学は受けないというように完全にルールを決めると、センター試験後にスムーズに受験を決定できます。

さて、受験する可能性がある大学を決めたら、次は願書の取り寄せをしましょう。
みなさん分かっているとは思いますが、大学への出願は自分で行います。
インターネット出願が増えていますが、まだまだ願書を提出する大学も多いです。
各大学ごとに願書を取り寄せる必要があるので、受験する可能性がある大学は自分で願書を取り寄せましょう。
保護者の方に頼むのもよいですが、忘れていたり、大学を間違えるなどの危険性があります。
間違いが起こらないように自分で取り寄せましょう。
取寄せにも期限があるため、余裕をもって行動してください。

 

目次に戻る

 

戦略の見直し

受験校の決定をしたら、センター試験の戦略の見直しをしましょう。
まずは、各受験校の点数配分や必要な科目、合格最低ラインを調べましょう。
そして、合格点を越えるために、どの科目を何点取るか目標を決めましょう。
これまでの模試などを活用して、実現可能な点数設定にして下さい。
このときに、最低ラインを越えるぎりぎりで目標点数を設定するのではなく、余裕をもった点数を決めましょう。
また、伸びやすい科目、伸びにくい科目も考慮して決めましょう。
社会科目や生物科目といった、いわゆる暗記科目は勉強時間に比例して点数が伸びやすいです。
こういった科目の点数が低い場合は、やや高めに設定しても良いと思います。

また、安定する科目を作ることも意識してください。
本番ではどうしても緊張してしまいます。
メンタルが不安定な状態でも、練習と同じ点数がとれる科目があるのは強みになります。
最低点の保障という意味でも、安定してとれる科目を作りましょう。
安定する科目は、自分が得意な科目や、暗記科目などになると思います。

センター試験の戦略が立ったら、勉強計画を見直ししましょう。
目標点数を突破するために、また、合計点がMAXになるように計画を練り直しましょう。
受験校のセンター試験・二次試験の配分によって、自分の実力によっては、12月中にセンター対策だけではなく、二次対策を行う学生もいると思います。
勉強計画を立てるときに気を付けることは、カツカツな計画を立てずに余裕を持った計画にしましょう。
計画通りに進まないと、メンタルにくる人もいます。
また、戦略を振り返る・見直す時間も作り、戦略や勉強計画をアップデートしましょう。

 

目次に戻る

 

センター試験を想定する

勉強の計画も立てたところで、いよいよセンター対策をしていきましょう。
センター過去問や、センターの模擬問題を解くうえで大切なことがあります。
それは、センター試験本番を想定しながら問題を解くことです。
本番では緊張していつもと同じパフォーマンスを発揮できない可能性があります。
普段から本番を意識することでルーティン化し、緊張しても同じ行動ができるようにしましょう。

意識することは、想定外の失点を防ぐこと、自己採点を完全に当てることです。
本番ではメンタルが弱り、いつも以上に見直しやマークの確認に時間をかけてしまう可能性があります。
普段から問題を解くときに、時間制限のマイナス5分でとき、マークの確認などを行いましょう。
また、本番でも同じ時間でマークの確認などをすることで、必要以上に確認の時間をとることがなくなります。
問題のマークだけではなく、科目のマークも毎回行うことで、本番でも忘れずに確認できます。

他にも、マークを塗る丁寧さを意識しましょう。
本番で慎重になり、マークを丁寧に塗りそうな人は、練習から同じように塗りましょう。
本番で時間ロスするであろう行動は、練習でも同じように行い、条件を一緒にすることが大切です。
つまり、イメージトレーニングや想像力が大事になります。
この他にも本番を意識して勉強すべき観点がありますが、前の記事で説明しているのでそちらを見てください↓
https://www.takeda.tv/toyota/blog/post-141159/

 

目次に戻る

 

体調管理

最後に気を付けるべきことは、体調管理です。
センター試験まであと1カ月ほど、勉強時間のロスは痛手になります。
また、メンタル的にもやられてしまうので、体調管理はしっかりしましょう。

まずは、手洗い・うがいです。
風邪予防に最も効果があるのが、手洗い・うがいと言われています。
些細な行動ですが、効果は抜群なので、帰宅後や食前などにしっかり行いましょう。

また、食生活も整えましょう
不規則な食生活は不規則な生活リズムになりやすいです。
過去問などを解くのには時間がかかるため、ご飯を抜く人もいます。
しっかり3食取るようにしましょう。
また、バランスの良い食生活を心がけ、栄養が偏らないように注意しましょう。

そして、睡眠時間をしっかり取りましょう
センター試験が近づくにつれて、勉強量に不安を覚えて睡眠時間を削る人がいます。
睡眠不足は免疫力を低下させ、体調を崩しやすいため、しっかりと寝ましょう。
私が受験生のときは、12月はあえて睡眠時間を増やしました。

最後に、人混みをさけましょう
年末年始は人が多く集まる場所に行く機会が多いです。
なるべく人混みを避けたいですが、どうしても行かなければならない場合はマスクをつけましょう。
また、帰宅したら手洗い・うがいを必ずしましょう。

 

目次に戻る

 

まとめ

受験はメンタルに大きく左右されます。
しかし、性格や精神の強さを今から変えることは難しいです。
それならば、本番に緊張してもいいように、今からしっかりと準備をしましょう。
自分の実力が発揮できず、悲しい結果になることが一番悔いになります。
今回紹介した内容は、正直、自己満足な部分も含まれます。
自分が安心できるように、本番に実力が発揮できるようにしっかり考えて対策しましょう。

 

目次に戻る

 

 

 

武田塾豊田校では、無料受験相談を毎日受け付けております。
目標の立て方はもちろん、勉強の仕方、志望校の決め方等些細なことでも構いませんので、

また、電話で0565-41-8558(日除く昼1時から夜10時まで)までご連絡ください!
武田塾豊田校は、自学自習を身につけていき、進化を遂げる君たちを徹底的にサポートしていきます❕
武田塾豊田校の全く新しい環境で君も目指す姿に進化しよう!
もちろん、相談会に参加されたとしても、入塾の強制、勧誘等は一切ございませんのでご安心ください。

 

お問い合わせはこちらまで
武田塾豊田校
〒471-0025
愛知県豊田市西町4丁目25-13
フジカケ鐵鋼ビル3階
TEL:0565-41-8558
担当:石原(13:00~22:00 日曜は除く)

ページトップへ戻る

関連記事

「入試勉強 イラスト フリー」の画像検索結果

豊田市周辺にお住まいの皆様、および武田塾生の皆様こんにちは!逆転合格専門の予備校・個別指導塾の武田塾豊田校です! センター試験まで後100日ほどになりました。マーク模試も残り数回ですね。今回は残り少な…