私立大学と国公立大学の違い

豊橋校・

こんにちは。
武田塾豊橋校です。

本日は、私大と国公立大の違いについてお話しします。

 

私大と国公立大の違い

maxresdefault

 

高1,2年生は私大と国公立大のどちらにしようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここではそれらの違いについて、いくつかの項目に分けてみていきましょう。

 

学費

国公立のほうが安価です。
その為に国公立を選択する人も多いですね。

国公立は文系も理系も同じ学費というところがほとんどです。
しかし、私大は理系のほうが高い傾向にあります。
理系は実験などを行うための施設設備費が文系に比べて高いため、学費が高くなります。

 

難易度

国公立のほうが難しいと言われることが多いとは思いますが、実際にはどうなのでしょうか。

国公立が難しいと言われる理由は、やはり科目数にあります。
私立は2~4科目に対し、国公立はセンター試験で7~8科目必要な大学が多いです。
その為、幅広く勉強しなくてはならない為、大変です。

しかし、私大は科目が少ない分、1科目に対するウエイトが大きいです。
要するに、使用する科目はかなり完成度を高める必要があるということです。

国公立ももちろん完成度は高いほうがいいですが、私大はより高める必要があり、その難しさはあるでしょう。

 

施設・設備

キャンパスや建物はどのように違うのでしょうか。

これは大学によります。
しかし一般的には私大のほうが建物が新しく、きれいなところが多いです。

また、理系に関しては国公立のほうが研究設備が充実している大学が多いです。

 

私大と国公立、どっちのほうがいい?

結果として、私大と国公立はどちらのほうがいいのでしょうか。

それは、自分が行きたい方を目指すべきです!
自分が何を学びたいのか、どの大学で何をしたいのかを優先しましょう。

理系に関しては国公立のほうが学費や設備の面でいいかもしれません。
ただ、理系でも私大で行きたいところがあればそちらを目指すべきでしょう。

 

まとめ

大学選びは、まずは自分のやりたいことができるところや、行きたいところがあればそれを目指しましょう!
これ!といったものがない場合は、趣味や好きなことから派生させたり、オープンキャンパスに行くなどしてやってみたいことを探してみるといいでしょう。

また、1,2年生はまずは英語と数学or国語から始めましょう!
一気に多くの科目を勉強し始めると、パンクします。

まずは科目を絞ってその基礎を完成させ、それがある程度できたら次の科目を増やしていきましょう!

 

~あわせて読みたい~

直前期の受験勉強で苦手な分野は捨ててもいい?

 

無料受験相談~進路カウンセリング~(*^_^*)

当校では随時、無料の受験相談を行っております。
正しい参考書の使い方、勉強方法、偏差値アップのための学習計画、志望校選びについて等、個別に対応致します。

 

無料受験相談

 

◆武田塾豊橋校 豊橋の予備校・塾・個別指導◆

住所:〒440-0076
愛知県豊橋市大橋通1丁目91 稲垣ビル4階

JR線・名鉄豊橋駅から徒歩2分、豊橋鉄道新豊橋駅から徒歩2分
※1階がレオパレスさんのビルです。

Tel:0532-22-8372
※受付時間 13:00~21:30(月~土)
Mail:toyohashi@takeda.tv
公式HP:https://www.takeda.tv/toyohashi/