親世代より今の世代の方が大学受験は簡単なのか検証してみた。

宝塚校・

こんにちは、大学受験専門予備校 武田塾宝塚校です。

この地域って、お父さんやお母さんがとても良く勉強できた人が多い地域で、

三者面談をしていると

大学受験なんてやることやれば受かる!

って考えてたりすることが多いなと感じます。

 

そして、今の生徒の親世代は1990年代に大学受験を経験した方が多く、その当時の受験生は今よりも多かったので、

今はだれでも大学受験で簡単に受かるだろうと思っていたりもします。

 

しかし、

これは一概には言えないのですが、

場合によっては難しくなっている

と感じるのが北野の見解です。

最近の傾向も踏まえながら書いていくので、参考程度に見ていただければ幸いです。

「1980年代 流行 イラスト」の画像検索結果

VS

「カップル イラスト さわやか」の画像検索結果

 

簡単になったか検証してみる

 

人口のデータを見てみよう

1990年:18歳人口:200万人:大学入学者50万人

2010年:18歳人口:120万人:大学入学者60万人

です。

ここで仮に偏差値50を大学入学者の真ん中だとすると、

1990年の偏差値50は、25万位(200万人中)

2010年の偏差値50は、30万位(120万人中)

つまり、 1990年には偏差値50の大学に、同世代の人口の下位175万人を上回らなければならなかったのに、

2010年では偏差値50の大学には、同世代人口の下位90万人を上回れば入れます。

この数値だけ見ると、明らかに簡単になったようにみえますね。

 

問題傾向を見てみよう

まずは英語

長文1つあたりの登場単語数。試験時間に変化は無し。

     (91年) → (08)

京都大学前期 681語→1181語

早稲田大(文)840語→3725語

慶応義塾大(法)1853語 → 4014語

明治大(政経)943語→1991語

同志社大(法)1132語→3126語

東京女子大 1295語→3070語

センター試験 約2500語→約5000語

※センターのみ試験全体の登場単語数

 

英語に関してはかなり読む量は増えています。

実際の難易度も英語に関しては格段に上がってきている印象を受けます。

文書の単語レベル、構造把握、要約や英作のレベル、すべてにおいて上回ってきています。

このデータは08年ですが、08年以降はだいたいこんな感じで推移しています。

そして来年度から、センター試験は共通テストに進化します。

文章量はさらに増えるというのが既に明らかになっています。

 

英語以外の科目はどうか?

数学は難化しています。

現在のセンター試験のレベルは、地方国公立の問題とほぼ同じくらいのレベルになってきている気がします。

特に数2B!! 時間的にも厳しいですし、年度によって左右はしますが、かなり高難度の問題も散見されます。

そして1990年代より、やはり問題数は増えています

ちょっと問題を比較してみました。

1993center

1993年センター試験

2012center

2012年センター試験

 

2012年と比較したのは、この年のⅡBは極めて高得点が難しい厄介な年だからです(ただし平均点は例年並)。

分量が尋常ではない上にセンター数学史上No.1とも評される超難問が紛れ込んでいるという鬼畜さです。

2012年は東大合格者の平均が91(理一)、87(理二)、97(理三)であり(河合塾調べ)、

このレベルの受験生が60分フルに使っても9割とることが容易ではなかったことがわかります。

あまりに短い時間であり、完答するにはとてつもないスピードが要求されます。

センター数学は数学Ⅱ・数学Bというカテゴリになった1997年から難化し、

ゆとり教育が叫ばれ出した2003年くらいからはさらにもう一段難化し、非常に厳しい試験となりました。

 

それ以外の科目も総じて若干問題数は増えています。

レベル自体は大きく変わった印象はないですが、問題の傾向分析が予備校などでも進み、

基礎が出来ていなければ聞き方を少し変えてくる問題が増えたので付け焼き刃の子は厳しくなったと感じるかもしれません。

 

【総評】

難易度も分量も総じて厳しくなっている。

 

 

ここまで、見てきましたが、人口は減って倍率は減っても難易度が上がってきているのは間違いなさそうです。

さらに、ここから追加情報を加えていきます。

 

都市部と地方の格差

これは非常に大きな問題です。

大学全入時代というだけあって、受験者数は減り、大学の数は増えました。

地方の大学は、実は定員割れを起こしている大学も多く、もはや経営危機に陥っている大学もあります。

大学は、勉強するところではなく、就職予備校のような意識が広がったこともあり

都市部(特に関東、関西の都市部)により集中する傾向が2000年くらいから顕著になってきました。

なので、都市部の特にそこそこ名前の通った大学は大きく倍率が下がらず、

問題だけが難しくなるという昔よりもハードモードになったのは間違いないです。

さらに国の地方創生の流れが強くなり始めた2010年以降は、都市部の大学に圧力がかかり、定員数に対して制限が課されました。

そして、ここ最近、 すでに皆様ご存じの通り大学側に本格的にペナルティが課されるようになりました。

(定員の110%を超えると、大学補助金カット)

実際に日大がペナルティをもらい、大学関係者は震えあがったのです。

その結果、関西、関東の都市部の大学は倍率があがり、まさかの浪人生数はグッと増えたのが現状です。

 

都市部の大学のランクが全体的に上がった。

これは倍率よりも合格最低点を見たほうがわかりやすいです。

もちろんすべての大学、学部が上がったわけではないですが、全体的に最低点は上がってきています。

特に顕著だったのは近大と龍谷大。

近大の公募は

2017年 142/200

2018年 162/200

と1年で20点も上昇。

龍谷大の国際学部は

2017年 139/200

2018年 168/200

と1年で30点も上昇。

ここまでのケースは稀ですが、昨年の合格最低点が全く当てにならない非常事態です。

これは正直、ひどすぎる…

関関同立クラスの難化により、ランクを落として受験する学生が増えました。

その結果、

産近甲龍や摂桃追神まで、軒並み合格最低点はあがりました。

関西や関東において、一定のレベルを超える大学は、ちょっと勉強しただけでは受からなくなってきているのは明らかです。

ちなみに大阪学院大学(偏差値40前半の大学)も2018年度は合格最低点が20点くらい上がっています。

追手門大学でも河合塾の偏差値で50を超える学部が出てきました。

 

偏差値の高くない大学でも厳しくなってない?

そうなんです。これにはトリックがあります。

偏差値が50以下の大学は、正直生き残りをかけて壮絶なバトルを繰り広げています。

その行き着いた先が、事前に生徒を確保しようということでした。

つまり、公募試験や指定校推薦、AO入試で一定数の生徒を確保する動きが加速したのです。

ということは、一般の枠が減ります。

当然、一般試験では倍率が上がります。

例えば20年前、追手門大学は比較的入りやすい大学だったように思います。

しかし、今年は倍率10倍を超えてきました。 こんなことってありなんですか?というレベルです。

 

 

 

結論

1990年代と比較して現在の入試は簡単になったか?

→ここ最近は関西、関東の都市部の私立大学は軒並み難化している。

(と思う)

 

国公立は、倍率は若干下がったが、問題は難化しているのでなんとも言えない。

地方の大学は、だいたい易化している。(特に私学)

 

関西の私学を受ける場合は早めの対策が必要

問題のレベルや合格最低点は上がっているので、ちょっとやっただけでは合格が難しい!

 

特に英語や数学は時間がかかる科目なので、

基本事項だけでも早めから対応しなければ間に合わない!!

 

 

武田塾宝塚校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

0797-69-7028までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

「無料受験相談」の画像検索結果

からお問い合わせください。

 

 

 

授業で伸び悩みを感じている人へ

授業しない、というキャッチフレーズの武田塾ですが、

 

『市販の参考書』を使い、

各自のレベル合わせ逆算計画を立てて

「答えを答えるのではなく何故その答えを選んだのか」

を個別指導でガンガン確認する塾です。

 

最終ゴールは自学自習が出来るようになって、

志望校に合格すること!

武田塾宝塚校 予備校 塾 評判 大学受験 ランキング ソリオ 

 

それでは少し細かめに紹介していきましょう。

 

逆算計画を立てる

 

市販の参考書を組み合わせた『参考書学習の筋道(ルート)』をもとに、個人に合わせた学習計画を練っていきます!

【新装 掲示用】英語 MARCH・関関同立-1

 

そのためには、まず、

ヒアリング

です!!

 

受験生の目標と現状のギャップから問題点を洗い出します。

そして、その問題点の原因を突き止めてから、

市販の参考書を使った『最も効率が良い学習』

解決策として実行してもらいます。

 

武田塾が、

1:2(先生1人に対して生徒2人)になることは絶対にありません

と言い切れる理由はここにあります!

1:1でしか聞き出せない、生徒の学習を阻害する本当の問題点とその原因をヒアリングで聞き出さないと、本質的な解決は望めないのです。

 

それぞれの参考書は目的やゴールがあります。

案外そこを無視して、とりあえずやっている人がとても多いのです。

が、目的やゴールを意識することはとても効率的で大事なことなのです。

口で伝えても忘れてしまうので、以下の写真のように出来るだけ細かめに提示していきます。

 

例) 田村のやさしく語る現代文(現代文の参考書) by大橋先生

武田塾 阪神甲子園校 参考書 やり方

 

こういった参考ごとのゴール設定ややり方を意識した上で、

あなたが黙々と自学学習を進める、そのときに学力が上がり、大学合格の可能性が広がる

と、武田塾は主張します。

 

だから、武田塾は、

十分なヒアリングをもとに、

「自学自習できたかのチェック」
「一番効果的な課題(とそのやり方)の設定」

を個別指導(特訓)の中で行っていきます!

 

一般的な個別指導の塾さんで行われているような説明と演習と解説の時間があれば、「わかる」「やってみる」のラインを(そのときは)クリアすることになります。

しかし…

人間は忘れます!

「わかる」「やってみる」が、忘れる前に、

「できる」に変わるかどうかは、自学自習にかかっています!

 

課題設定

武田塾は、

市販の参考書を使った最も効率が良い学習を『個人の能力や目標設定に合わせたペース』で進めていくので

電子指導報告書というツールを用いています。

芦屋校①指導報告書20190507_page-0001

・1日ごとの詳細な課題設定

・「4日進んで2日を復習」の学習サイクルの習慣づけ

・確認テストの点数記録による成長の確認

・特訓内容&アドバイスの明文化

 

これらの要素を盛り込んだ電子指導報告書を手元に置いて、

「今日なにをしたらいいのか??」

迷うことなく、勉強の『習慣』を付けていきます!

 

受験生の敵は不安です。

毎日何をすればいいか明確になれば、不安はだいぶ軽減されます!!

 

受験生も保護者の方も、皆様のスマートフォンより電子指導報告書は確認できます!

 

確認テスト&個別指導内でのチェック

確認テスト

武田塾は、個別指導(特訓)を受けるために校舎に来てくれた受験生全員に必ず確認テストを受けてもらいます。

例) 英単語のテスト(順番で覚えられないように関数を組んでランダムで出てきます)

英単語テスト

なぜかというと、もちろんそれは、

参考書の目的・目標を達成するための「やり方」を守って1週間自学自習ができたかどうかの確認

のためです。

 

確認テストの点数が8割を超えていなければ、基本的に先の範囲には進みません。

とりあえず進むことが大事ではありません。

しっかりとした理解のもと、大学受験本番で点数を取れる実力をつけて、志望校を勝ち取ることです。

必ずあなたの講師が問題点を洗い出し、分析して、解決策を提示してくれます。

 

間違うことがダメなのではありません。間違いに気づかないことが残念なのです。

 

個別指導(特訓)におけるチェック

改めて特訓は授業ではありません。

大事なのは授業ではなく問いかけです。

「答えを答えるのではなく何故その答えを選んだのか」

その根拠や理由を講師の先生に説明してもらっています。

これを続けていくことで
「自分で考えて理解する力(思考力)解法やプロセスを説明しえいく力(表現力)」
が養われていくのです。

 

今挙げた2つの力はセンター試験に変わる大学入学共通テストにも必要な力です。

一般的な個別指導塾では授業中に進んでいくことが講師の先生に求められるため

生徒が本当に分かっているか」「明確な根拠があって答えられているか」まで見ることはほとんどありません。

 

ここまで講師の先生から手厚く見てもらえるのが武田塾の個別指導です!

 

 

今回は武田塾と一般的な個別指導塾の違いについて紹介致しました!
以下今回の参考動画です!

武田塾と普通の個別指導の違いの動画

 

校舎長の浜村です。

初めて行く場所ってこわいですよね。

ぼくも、小さい頃は幼稚園の入り口から中に入れないような子供でした。

学校に遅刻すると、注目されるのが嫌で授業中はドアを開けることができない人です。(笑)

 

塾に行こうかな、と思っているあなたも、なかなか一歩は踏み出せないと思います。

しかし、せっかくこのページを見てくれたのですから、

一度お話してみませんか??

 

受験は甘くないです。

初めての人が一人で戦うのは不安も大きいと思います。

明確に志望校などなくてもいいです。

勉強どうしたらいいか分からない、それでもいいんです。

少しでも「何とかしたいな」と思っているなら、それで十分です。

 

いつでもお待ちしています。

 

 

武田塾宝塚校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

0797-69-7028までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

「無料受験相談」の画像検索結果

からお問い合わせください。

武田塾宝塚校のTwitter、Instagramもあります!

Twitter 武田塾 宝塚 塾 予備校 大学受験 参考書 独学 授業 自学自習

 

Instagram 武田塾 宝塚 塾 予備校 大学受験 参考書 独学 授業 自学自習