模試の受け方、復習の仕方

高田馬場校・

 1

 皆さんこんにちは、武田塾高田馬場校講師のSです。  

 今回は模試について考えてみようと思います。

 5月に入ると受験生向けの模試がスタートします。

 模試を受ける前にまず教科と範囲を確認しましょう。模試の2週間程前に範囲を確認して、模試の対策を始めるのが理想的だと思います。具体的な対策方法ですが、普段あまり勉強していない科目(センター試験でのみ使う科目など)は模試のタイミングに合わせて基本的な知識をインプットするように心がけると良いでしょう。また、普段からしっかり勉強している科目についてはそれほど力を入れずに、苦手な分野だけの確認程度で良いでしょう。

 模試で良い結果を出したいという思いが強いほど模試の対策に力が入ってしまうと思いますが、模試があるからと言って普段の学習のペースを乱すほど対策に熱心になるのは感心しません。模試でどれだけ良い結果を出せたとしても本番で合格最低点を上回らなければ合格は出来ませんから。模試はあくまで通過点の1つに過ぎないという事も覚えておきましょう。

 模試当日はある程度の緊張感を持って臨めるのが理想です。受験本番通りにふるまうように心がけてください。試験を受けた経験の積み重ねは受験本番に生かされます。自己採点できるように解答は問題用紙に書き留めておきましょう。また、2日にわたる模試などの場合は1日目の最後に1日目の科目の正答が配布されるかもしれませんが、答え合わせはせず、2日目の教科の対策に力を注ぐことをおすすめします。

 模試を受け終わったら自己採点をして復習をしていきます。自己採点の結果がいかなるものであっても復習は必ず行うようにしてください。模試は復習をするために受けるようなものだという人もいるほど、復習は大事です。また、時間配分などの反省も行えると良いでしょう。

 模試が返却されたら、自己採点の得点と実際の得点が一致しているかを確認しましょう。センター試験などは自己採点の結果を元に受験校を決めるのですから自己採点の得点と実際の得点は完全に一致させるのが理想です。また、時差氏の得点を踏まえた模試の復習も行いましょう。模試の復習は受験した直後と返却されたタイミングで2度行うのが理想です。

 以上を参考にして模試に取り組んでみて下さい。4月のスタートダッシュの勢いのまま頑張っていきましょう。

無料受験相談

武田塾では授業はしません!!
参考書×自学自習=逆転合格!!
どうして参考書を使うのか⁉
どうして自学自習で逆転合格が可能なのか⁉ 無料受験相談では武田塾のすべてをお伝えしています!

【武田塾高田馬場校の合格体験記】

【昨年全落ちからの早稲田W合格】上智、神戸、他合格!O君の逆転合格体験記!

偏差値測定不能からの大逆転!青山、明治、学習院合格!平山君の合格体験記

【北海道大学、明治、上智、合格☆】藤井美香さんの合格体験記!

【京都大学合格☆物理2点…理系赤点危機からの逆転合格!】

【芝浦工業大、工学院、合格☆】儀間君の合格体験記!

【同志社、津田塾、東京女子、合格☆】中塩芽衣さんの合格体験記!

↓他の高田馬場校の合格体験記はこちらからどうぞ↓

【武田塾高田馬場校の合格体験記集】

【高田馬場校の事がよくわかるページ】

【高田馬場校が良く分かるブログ記事集】


【無料受験相談はお電話でも随時受付中です!】
武田塾高田馬場校
電話 03-6457-3135
受付時間 月~土 13時~22時
無料受験相談

タグ:, ,