入試直前期!過去問勉強法「新しい過去問解く」基準とは?

住道校・

8cTjTGeIESCIIdfSmUT6qrWlTzsWFeMw2vUsFLKU-min

こんにちは!武田塾住道校です。

武田塾住道校では、普段から生徒の受験に対する悩みなどの相談に乗っているのですが、

センター3日前の本日あった質問を取り上げたいと思います。

 

今日はセンター試験や私立一般入試直前期の今、この時期起こりがちな疑問

今から新しい過去問を解くべきですか?

について話していきたいと思います。

 

入試直前期!入試直前に「新しい過去問解く」基準とは?

直前期は過去問演習が大事、なのは当然ですが、

試験まであと一週間を切ってくると、

今まで解いた過去問を解くべきか

直前でも新しい過去問を解くべきか

悩む人も多いんじゃないでしょうか?

I3F46WGNlfE5XgcKUEWA4SZRKjnvQhlimWJcC3uI-min

 

まず結論から言います!

この時期に新しい過去問を解くかどうかの基準は

 

”完璧にできる”ようになるまで復習ができるか」です!

 

 

この時期の正しい過去問の復習とは?

 まず、この時期に必要な過去問の復習の考え方を紹介したいと思います。

 

過去問演習の目的

初めに、過去問演習の目的をはっきりさせておきましょう。

それは、

合格点をとれる力をつけることです!

 

こう言うと、当たり前のように聞こえるかもしれません。

しかし、意外と、本当に「力のつく」復習を出来ている人は少ないと思います。

 

過去問を解いて、採点をし、見直しをする。

ここで終わっている人も多いんじゃないでしょうか?

しっかりと過去問を使えている人は

その後に解き直しまでできている人もいるかもしれません。

 

しかし、それでも不十分です!

これでは、過去問のその問題が解けるようになっただけで、

本当に次解く過去問で点数が取れる力」がついたことにはなりません

 

過去問の正しい復習方法①暗記系科目

 では、ここから、科目・単元の性質別に正しい復習方法を見ていきます。

まず、化学生物地学の一部の単元や、社会科目、また、英文法問題など

暗記系科目の復習方法についてです。

p

 

ここでの目標は、

「出来ていない単元に関する内容を全て参考書などで完璧にする」ことです。

 

過去問を解いて、得点を出したら、

その中で最も得点の低い単元を洗い出します。

 

理科や社会に関しては、最も得点の低い大問

英文法に関しては、その問題でポイントとなる文法事項

が何か、を確認します。

 

自分でわからなければ、赤本の出題単元一覧で確認する事もできます。

 

それが分かれば、あとは、自分の使っている講義系の参考書の出番です!

その範囲を完璧にしにいきます。

 

ここで注意なのが、間違えた問題の範囲、ではなく

「間違えた問題を含む単元全て、を完璧にしなければならない」

という点です。

 

いまその問題を間違えたということは、

その単元そのものが完璧になっていない証拠です!

違った角度からの問題が出れば、また点数を落とす可能性が大きいです。

 

かならず、平衡なら平衡、代謝なら代謝、仮定法なら仮定法、と

その範囲全てを潰しにかかってください!

 

完璧になったら、最後はその過去問に戻って

解けるか確認したら一単元完了です!

余裕があれば、違う年度の過去問でその単元の問題のみ演習してもOKです。

 

これを時間の余裕に応じて、1~2単元分やって、次の過去問へ、という感じです。

 

過去問の正しい復習方法②演習系科目

 次は、数学物理などの計算演習などの必要な科目についてです。

429jciSnYh0xIaNLVHYJOTiQH0soFkeMwQNKZOTO-min

 

基本的には、①の暗記系科目と同じで、

その単元の類題を参考書で解けるようにするのが目標です。

 

そのとき、暗記系科目のときより意識してほしいことがあります。

それは、その解き方をする理由が分かっているかどうかです!

 

その公式や、その解き始めの式変形、その前提条件

問題を解き始めることができるのはなぜか?」

「どこを見ればよいのか?」

を必ず理解するようにしてください!

 

それを意識できると、

参考書で解き直さなければならない問題のパターンも一目瞭然となります。

 

過去問の正しい復習方法③読解系科目

 最後に一番悩みがちな、国語英語長文といった読解系科目についてです。

hFH38MRsviAR2o2mpuJ9MUSz83RQjCF2QVi692QE-min-1

 

これについては、復習の考え方が2通りにわかれます。

 

1.インプットに抜け漏れが見つかったとき

2.問題の解き方が不十分だったとき

 

2通りです。

 

まず、1の場合は簡単です。

英文法や、単語、漢文の句法、現代文の語句など

インプットが足りていないことが原因の場合、

復習方法の①で挙げた、「その単元全てを完璧にする」方法でOKです。

 

では悩むのが2です。

「本文の意味はだいたい理解できたのに解けなかった」

というのがこの時期よくある悩みではないでしょうか。

 

こんなときは、

「その問題を解くために使った考え方」に注目します。

 

どこをみればよかったのか?」

なぜ本文のその場所を見れば答えの根拠がある、とわかったのか?」

「本文をどのように読めば、そのような要約が出来たのか?」

 

しっかり確認する必要があります。

 

それが分からなければ、読解の講義系参考書に戻ることも必要でしょう。

『きめる!センター現代文』や『田村のやさしく語る現代文』などがその一例です。

 

上記のようなことをクリア出来たら、

もう一度その問題に戻り、きっちり根拠がとれるようであれば完了です。

 

要するに、読解系のインプットに問題が無い場合は

「読み方、解き方」を理解できるようになる、というのが目標になります。

 

過去問の使い方については、以下の動画も参考にしてみてください!

 

 

 

 

「新しい過去問か」「今までの過去問の見直しか」の基準

 では長くなりましたが、本題です。

新しい過去問に取り組む基準、覚えてますか?

「”完璧にできる”ようになるまで復習ができるか」でしたよね。

 

ここまで聞けば、少し具体的に分かったのではないでしょうか。

上記で上げた復習が、きっちり消化できる時間があるなら、

次の新しい過去問に取り組む意味はあります

 

しかし、それが不十分になるくらいなら、

今まで解いた過去問で上記のことがきちんとできているか

確認する方が得点に繋がります!

 

具体的には、

「もう明日がセンター本番で復習の時間は無いけど、センターの問題を解きたい!」や

「直前に新しいものを解いて不安な気持ちになりたくない!」という場合は、

 

今まで解いた過去問

暗記系なら、きっちり完璧なまま覚えられているか

演習系なら、解く過程が問題文だけでイメージできるか

読解系なら、正しく文章を整理して読み、解答根拠がわかるか

 

を意識して、もう一度解きましょう!

 

上記のことをしっかり意識すれば、

2度目の過去問で、直前に身につけたい力がきっちり身につきます!

 

 

 

 

まとめ

 長くなりましたが、いかがだったでしょうか?

過去問の復習方法、また、新しい過去問を解く基準

少しでもわかっていただけたでしょうか?

XiwHPtvlZb5zm3Fzj0EmyXGAPBy72NE8SBfiXBPy-min

 

まとめると、

「”完璧にできる”ようになるまで復習ができるか」

を考えて、それが出来る時間の余裕があるなら、

迷わず新しい過去問に進み、得点力アップを目指しましょう!

 

それが時間的に出来ない、または

直前に新しい問題を解くと不安になる、という場合は

一度解いた過去問で、問題に必要な知識や考え方が

「完璧に」なっているか、を確認しましょう!

 

皆さんの不安が少しでも解消できていればうれしいです。

あと一息、最後まで頑張っていい結果を出してください!

 

 

武田塾住道校では、生徒の不安や疑問をそのままにはしません!

 今回の質問のように、武田塾住道校では、

生徒の日々の不安疑問はすぐに解消し、

すっきりした気持ちで勉強に臨めるよう、生徒たちと話をしています。

 

少しでも何か、勉強について不安悩みがある方は、

今すぐ、武田塾住道校へ足を運んでください

無料受験相談で、進むべき方法を一緒に決定しましょう!

 

ぜひ気軽に電話(072-812-7880)、メール

ツイッターInstagramなどどれでもお問い合わせください!

校舎直通のLINE@もあります。

 

いつでも待っています!

 

武田塾の勉強法ってどんなの?と気になる人へ

武田塾の概要を簡単に知りたい方は、こちらの動画をどうぞ。

 

①授業をしない!

 武田塾の一番の特徴です!

一般的な個別指導塾や予備校では、

新たに勉強する部分の説明を受けたり

分からなかった問題や単元の解説を受けたり、

わかりやすい授業を受ける」のがメインになります。

 

しかし、学校や塾・予備校などで経験のある方もいるかもしれませんが

「分かりやすい!」と感動して、テストの結果を期待したのに

思うように点数に繋がらなかったことはありませんか?

 

実はこれは、当然なのです。

塾の授業が悪いわけでも、あなたの授業態度が悪いわけでもありません。

授業では「わかる」ようになることしか助けてくれないのです。

 

授業を受けるだけでなく、

自分で考えてやってみないと点数がとれるようにはなりません。

 

そこで、武田塾では授業を行わず

自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで

「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます

 

武田塾では「わかる」「やってみる」「できる」

学習の三段階の「できる」ところまで徹底的に指導します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

②本当に「できる」のか徹底的に確認!

1日ごとの宿題 

武田塾の宿題は、一日単位で出ます!

毎日やることが明確に分かった状態で勉強を進められます。

しかも、やりっぱなしにならないように

4日進んで2日戻る」の黄金サイクルで宿題を出します。

 

こうすることによって、しっかり宿題をこなせば、

一週間で同じ範囲を3周完璧にしたことになり、

確実に身についた知識となります。

 

確認テストと個別指導

さらに一週間の勉強が本当に身についたか確認するために

確認テスト個別指導を週一回行います。

 

宿題と同じ内容から確認テストを、80%を合格ラインとして

不合格の場合、次の内容に進めないようになっています。

 

つまり、サボりたくてもサボれないようになっています。

 

さらに確認テストで合格しても、

その後の個別指導で講師の先生が

「本当に理解」できているか、を確認します。

 

「なぜその答えになるのか」

「なぜその解法で解けるのか」

「どこを見たらそれが分かるのか」

など入試の初見問題で「できる」ように

なっているかどうかを徹底的に確認します。

 

それが出来ていなければ、点数がとれていても不合格になるのです!

武田塾では、「本当に入試で点数がとれる合格」

確認テストの合格としています。

 

厳しいですよね?でも当然です。

入試で点数をとることを目指すなら、そこまでしなければダメなんです!

 

武田塾では、それが出来るように

個別指導での手厚いフォローがあります。

 

もし分かっていなければ、

「本質を理解する」勉強を指導し、

また、単語なども暗記が不十分な場合は、

「覚えられる」勉強法を指導します。

 

しかも武田塾ではすべて1対1で行います!

個別指導の60分間、キミだけの先生が常に横について

指導を行います。

 

また、基本的に個別指導の中で演習の時間はないので、

60分全てが生徒1人1人の「できる」ために費やされます

 

「わかる」ための授業はしませんが、

「できる」ための指導ならどこまででもやります!

 

さっきの言葉をもう一度繰り返します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

③カリキュラムは教室全体で管理!

 武田塾の個別指導が普通の個別指導と違うのは、

指導の中身だけではありません。

 

武田塾の強みは

 

カリキュラムを教室全体で管理する!

ということです。

 

普通の個別指導は、基本的に講師の先生に任されています

つまり講師の先生の力に依存しているのです。

 

教室長の科目や受験の知識が非常に優れている場合は、

教室長が全てのカリキュラムを管理していることもありますが、

基本的には、それぞれの講師の先生が作成していることがほとんどです。

 

私自身も約7年ほど個別指導で教えていた経験がありますが

やはり自分で全て作成していました。

今思えば、経験に頼った危険な進め方だったと思います。

 

もちろん先生がすごく頼りになる場合は

素晴らしいカリキュラムで進められることもありますが、

講師の先生も教科ごとで違うので各科目のバランスも難しくなります。

 

武田塾では、現状の実力と志望校ごとに

全科目のカリキュラムがあり、それをもとに

講師の先生が指導するので、一人の先生に依存することはありません

 

また、その進捗は校舎長である私や、教務スタッフが徹底管理しています。

なので科目ごとの出来に合わせてバランスの調整も行います。

 

武田塾と他塾の違い まとめ

振り返ると、武田塾は

①授業をせず

②本当に「できる」かを徹底的確認し

③それを教室全体で管理しています

また、授業をしないため、季節講習が無いのも特徴です。

 

以下は普通の個別指導と武田塾の違いを紹介した参考動画です。

 

武田塾住道校は悩んでいるすべての人対象に「無料受験相談」実施しています!

塾 予備校 評判 口コミ 武田塾 住道 合格 相談 国公立 関関同立

 

 数々の生徒の成績アップや合格を導き、たくさんの笑顔を生み出してきた、校舎長の松本が相談に乗ります!どんな相談でも完全無料でお受けします!ぜひお気軽にお問合せください!

相談のその日から、行動が「合格する受験生」に変わります!

無料受験相談

 

武田塾の受験相談ってどんなの?

 

無料受験相談は予約制となっております。

お問い合わせはこちらの画像をクリックしてください。

電話、メール、Twitter、Instagram

各種お問い合わせ方法をご用意しております!

 

f252c638ff2668b43c982272f5281d27

逆転合格【武田塾住道校】

〒574-0041

大阪府大東市浜町8番20号スミコ―駅前ビル2階

TEL:072-812-7880,

メール:suminodou@takeda.tv

 

勉強に役立つ情報や日々のつぶやはこちら

 ⇒校舎Twitterアカウント(校舎長が運営)

 ※DMでの質問、相談もお待ちしています!

日々の校舎の様子はこちら

 ⇒校舎Instagramアカウント

受験勉強に役立つ情報はこちら!

個別のご質問、ご相談、ご連絡も可能です!

 ⇒校舎直通LINE公式アカウント

友だち追加

   

 

いつでも連絡お待ちしています!お気軽にどうぞ。

もちろん校舎での対応も可能です!

住道校地図

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

こんにちは!武田塾住道校です。 センター試験・私立一般入試がもうそこまで迫っています。この記事では、意外と意識していない、 でも、結果を分ける、試験当日の休み時間の過ごし方について紹介します! &nb…

f252c638ff2668b43c982272f5281d27

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。 今回は 英語長文が「読めている」のに解けない!?【受験相談SOS】より 今回のQuestionは 英語の長…

f252c638ff2668b43c982272f5281d27

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。  今回は 過去問がゴールではありません!本当のゴールとは!? 11月も下旬になり、過去問を解き始めている人…

穴場-min

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。 今回は 関西大学の穴場学部をランキング形式で解説!【関関同立】 とりあえずやりたいことないけど大学には入り…