関西大学の英語で合格点をとる方法は?2【武田塾住道校】【配点】

住道校・

zelKSam41PPcRtd1PPQsHjsByQSOQhZx54bEoo7E-min

こんにちは、逆転合格の武田塾住道校、松本です。

センター試験も終わり、私立一般入試も続々と始まります。

合格最低点と、自分の現在の得点を比べて焦っている受験生も多いと思います。

 

そこで、今回は、

「直前でも点数が上がる関大英語の勉強法」

について紹介します。

 

前回記事では、関大英語でマストで得点しておきたい第1問ABについて、

解き方や必要な対策を紹介しました。

 

今回は、メインとなる第2問・第3問の長文読解問題について話します。

 

 

直前でもまだやれる!?関西大学の英語で合格点をとる方法とは?Part.2

 まず、全体像を振り返ります。

関西大学の英語はどの日程も同じ問題形式です。

解答はすべてマーク式です。

 

まず関西大学の英語は全体として、

会話文・段落整序問題が1題ずつ、長文読解問題が2題の構成。

試験時間は90分で、200点満点の試験となります。

 

合格のための目標点は、科目間のバランスにもよりますが、

160点しいところです。

 

 

第2問 長文読解問題(配点88点)

 第2問の長文読解問題は、Aの空所補充とBの内容説明問題です。

大問3のほうが得意な受験生が多く、特にAの空所補充に苦労する人が多いです。

ただ、逆を返せば、Bの内容説明問題は選択肢が3択で非常に解きやすくなっていて

Aの空所補充に惑わされてBの内容説明問題を失点するのは非常に痛いです。

 

さらに空所補充は、文脈判断や語彙の難易度によって

とらなくてよい問題もまれに出題されるため、

戦い方としては、まず難易度の低いBの内容説明問題を満点狙い、

Aを出来るところまで解答する、という形が理想的です。

 

目安の解答時間は約40分です。

 

第2問全体を通した解き方

 まず、第2問全体の解き方の方針を紹介します。

解き方の型が定まっていない人は、すぐマネしてください!

 

①長文やAの問題よりも先にBの設問を見る!

 事前のヒント情報があるだけで長文は非常に読みやすくなります

Bの設問をみて、文章のテーマや概要、設問で聞かれるキーワードをチェックしましょう。

それだけでおおまかな長文内容がわかってしまいます。

選択肢はまだみなくて良いです。

 

 

②段落ごとに読み、解ける問題を解いていく!

 戦い方、のところでもお話ししましたが、

関大英語の長文はBの問題をベースに解いていくことが合格のポイントです。

なので、段落ごとに内容を整理して読み、その都度Bの問題を解き進めましょう

 

 一気に読んでしまうのも、段落途中で「解ける」と思って読みとめてしまうのも

問題を解く上で、マイナスに作用することが多いです!

 

逆に言うと、段落をまたいで解かなければならない問題はほぼない、

と思ってもらって大丈夫です!

 

Aの空所補充については、ぶつかったときに解いても、

段落を読み終わった後に解いてもよいですが、

 

段落途中に解いてしまって段落内容を見失ったり、

逆に途中に(  )があるから、内容が入ってこない、

 

ということにならないようにしましょう。

なにより、段落内容理解が大事!と心得てください。

 

 

第2問A 空所補充問題の解き方(配点60点)

空所補充問題は語彙と文脈で解く!

 Aの空所補充問題は、基本的に語彙力が問われます。

文脈にあう意味を考え、選択肢から選ぶ、というのが基本の解き方となります。

 

 しかし、解く際に、単語の語法や、熟語など

その単語の使われる形に関する知識が有効な場合もあります。

 

しっかり選択肢と(   )の前後の単語や文の形をチェックして解きましょう!

 

またまれに文法知識で解ける難易度の低い問題もあるので、

選択肢に並んだ単語の違いを見極めて、

「何が問われているか」に注意し、文法で解けるものは確実に仕留めましょう。

 

 

空所補充問題で「何が問われているか」見極めるコツ

 設問で問われている知識が何なのか、は解いた後の復習にも非常に有効ですので

ここで、一つの見方を紹介します。

 

関大の空所補充問題では、

大きく分けて、①語彙や語法など単語の知識が問われているもの

②知っているであろう単語を文脈に合わせることが求められているもの

③文法が問われているもの、            に分けられます。

 

頻度としては、ほとんどは①と②、まれに③という感じです。

 

見極める際は、基本的に選択肢の単語のちらばりで判断します。

 

①語彙や語法知識が問われている問題

 以下のような選択肢が一例です。

   A. discovery   B. overview   C. application   D. rejection

   A. grow   B. think   C. feel   D. stop

 これらの選択肢の特徴がわかるでしょうか?

まず一つ目が語彙が問われているもの、二つ目が語法知識が問われているものです。

どちらも、全ての選択肢の品詞が同じであることが共通点です。

 

語彙が問われるものは、基本的に名詞形容詞副詞など、

前後の形にあまり影響を与えない品詞が並び、受験生が少々意味に悩む単語が含まれます。

この種の問題は語彙力勝負になります。

 

逆に、語法の問われるものは主に動詞の選択肢が並び、

どれも受験生にとっては簡単に意味が分かる単語が並びます。

この種の問題の場合、選択肢だけでなく、特に(  )の後ろの形に着目して解きます

 

②知っている単語を文脈判断で埋める問題

   A. larger   B. cheaper   C. more   D. worse

 ①と似ていますが、同じ品詞が並び、かつ特に難解でない単語が並ぶ場合は、

問題の根拠が前後の文脈に大きく関係します。

このような場合は、(   )の付近を精読し、読解力で解答しましょう

 

③文法が問われている問題

 A. how   B. if   C. but   D. as

   A. then   B. was   C. since   D. became

 ここで挙げた選択肢の特徴は見てのとおりです。

一つ一つの文法的役割が異なるため、

(  )前後の形を見て、文法的な判断で解ける問題です。

 

年度、日程によっては1~2問このタイプの問題が混ざっていることがあります。

他の問題に流されて文脈で解こうとすると、足元をすくわれてしまうので注意です。

 

 

 

第2問B 内容説明問題の解き方(配点28点)

 この問題に対しては、全体の解き方でも示したとおり、

先に設問を読み、段落ごとに解くようにしましょう。

 

まず解く際の目の動かし方の順序ですが、

①Bの設問文を全て見通して、文章の概要をつかむ

②(1)から順番により詳しく設問を読み、解答根拠を探すヒントを見つける

③本文を段落ごとに読み、内容を整理していく

④自分で答えを何となくイメージしてから選択肢を見る

 

という手順で目線を動かしましょう。

 

では、②について、どのような視点で設問の見ればよいかコツを紹介します。

 

It is difficult for us to properly understand the achievements of the Corps of Discovery because ____

 

このような設問文があった場合、

まず、問われているポイントを押さえます。

beceuseの後ろが聞かれてるから、とにかく「理由」を探す

「何の理由?」⇒「私たちが理解するのが難しい理由」

「何を理解するのが難しい?」⇒「Corps of Discoveryの成果を」

 

のように段階を追って考えます。

 

ポイントは、まず大まかに聞かれているのは

「理由」なのか「場所」なのか「ある内容の要約」なのか「適切なタイトル」なのか

を判断します。

これを確認しておかないと

「本文には書いてあるけど、その設問の答えになっていない」という

的外れな選択肢にひっかかってしまいます。

 

それができたら、あとは、

本文から解答根拠を見つけるヒントのなるキーワードを拾います。

Corps of Discoveryachievementを理解するのがdifficultな理由」を聞かれているため、

上の   で示した単語は本文中に出てくる可能性が高いです。

 

ここまで準備が整ったら、本文を段落ごとに読み、解答するだけです!

くれぐれも「見つけた!」と思って段落途中で答えないようにしましょう。

 

 

 

 

第3問 長文読解問題(配点68点)

 第3問の長文問題は第2問の大問2の空所補充が下線部問題に変わっています。

Aが下線部の意味を問う問題Bが第2問と同じ内容説明の問題です。

この大問では、第2問に比べて、より読解力が試される問題が多くなっています。

 

目安の解答時間は30〜35分程度。

第3問全体を通した解き方

 大まかな解き方は第2問と全く同じ、

①長文やAの問題よりも先にBの設問を見る!

②段落ごとに読み、解ける問題を解いていく!

です。

しっかり意識して解いてください。

 

 

第3問A 下線部内容一致問題の解き方(配点40点)

 下線部問題は語彙力で解ける問題も多少はありますが、

ほとんどが前後の文脈で判断する問題です。

ここでの注意点は、それっぽい選択肢に騙されないこと、です。

 

下線部だけを見て、照らし合わせると、なんとなくそれっぽいけど、

文脈的には絶対に合わないひっかけ選択肢が紛れている場合が多いです、

 

そこで、

選択肢を見ずに、先ず文脈から答えを考える

ことが攻略法です!

 

逆に言うと、大体の予想がついてないまま

選択肢に頼った解き方はかなり危険です!

 

これさえ意識すれば選択肢に騙されることが一気に減ります!

 

 

第3問B 内容説明問題の解き方(配点28点)

 これは第2問Bと同様です。上記を参考にしてください。

 

 

 

関大英語の解き方 まとめ

 

以上のようなことを意識して、過去問演習してください。

満点をとるためには、意識だけでは不十分です!

過去問を解く中で、しっかり解き方を落とし込まないと、

常に安定して満点にはたどり着けません!

 

この記事を読んだ皆さんは、すぐに過去問の意識を変えてください

第1問の対策について、まだ読んでいない人は一つ前の記事を見てください。

過去問演習の時間で損をしないように明確な対策をしましょう!

 

 

 

 

武田塾住道校の志望校対策

 武田塾住道校では、以上のように、明確に傾向を分析した過去問対策を行います。

この様な意識付けで点数が上がるのは、基礎が固まっていることが前提です!

 

これから勉強を始める高1、2生

また、浪人を決めてより上を目指す高3生は

基礎の徹底に裏付けられた得点力を手にしてください!

 

武田塾住道校は目標を持った皆さんを待っています

問い合わせなど詳しくは、記事の一番最後を見てください。

無料受験相談も受付中です!

 

 

 

 

過去問や模試の点数が思うように伸びない人へ

武田塾の概要を簡単に知りたい方は、こちらの動画をどうぞ。

 

①授業をしない!

 武田塾の一番の特徴です!

一般的な個別指導塾や予備校では、

新たに勉強する部分の説明を受けたり

分からなかった問題や単元の解説を受けたり、

わかりやすい授業を受ける」のがメインになります。

 

しかし、学校や塾・予備校などで経験のある方もいるかもしれませんが

「分かりやすい!」と感動して、テストの結果を期待したのに

思うように点数に繋がらなかったことはありませんか?

 

実はこれは、当然なのです。

塾の授業が悪いわけでも、あなたの授業態度が悪いわけでもありません。

授業では「わかる」ようになることしか助けてくれないのです。

 

授業を受けるだけでなく、

自分で考えてやってみないと点数がとれるようにはなりません。

 

そこで、武田塾では授業を行わず

自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで

「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます

 

武田塾では「わかる」「やってみる」「できる」

学習の三段階の「できる」ところまで徹底的に指導します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

②本当に「できる」のか徹底的に確認!

1日ごとの宿題 

武田塾の宿題は、一日単位で出ます!

毎日やることが明確に分かった状態で勉強を進められます。

しかも、やりっぱなしにならないように

4日進んで2日戻る」の黄金サイクルで宿題を出します。

 

こうすることによって、しっかり宿題をこなせば、

一週間で同じ範囲を3周完璧にしたことになり、

確実に身についた知識となります。

 

確認テストと個別指導

さらに一週間の勉強が本当に身についたか確認するために

確認テスト個別指導を週一回行います。

 

宿題と同じ内容から確認テストを、80%を合格ラインとして

不合格の場合、次の内容に進めないようになっています。

 

つまり、サボりたくてもサボれないようになっています。

 

さらに確認テストで合格しても、

その後の個別指導で講師の先生が

「本当に理解」できているか、を確認します。

 

「なぜその答えになるのか」

「なぜその解法で解けるのか」

「どこを見たらそれが分かるのか」

など入試の初見問題で「できる」ように

なっているかどうかを徹底的に確認します。

 

それが出来ていなければ、点数がとれていても不合格になるのです!

武田塾では、「本当に入試で点数がとれる合格」

確認テストの合格としています。

 

厳しいですよね?でも当然です。

入試で点数をとることを目指すなら、そこまでしなければダメなんです!

 

武田塾では、それが出来るように

個別指導での手厚いフォローがあります。

 

もし分かっていなければ、

「本質を理解する」勉強を指導し、

また、単語なども暗記が不十分な場合は、

「覚えられる」勉強法を指導します。

 

しかも武田塾ではすべて1対1で行います!

個別指導の60分間、キミだけの先生が常に横について

指導を行います。

 

また、基本的に個別指導の中で演習の時間はないので、

60分全てが生徒1人1人の「できる」ために費やされます

 

「わかる」ための授業はしませんが、

「できる」ための指導ならどこまででもやります!

 

さっきの言葉をもう一度繰り返します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

③カリキュラムは教室全体で管理!

 武田塾の個別指導が普通の個別指導と違うのは、

指導の中身だけではありません。

 

武田塾の強みは

 

カリキュラムを教室全体で管理する!

ということです。

 

普通の個別指導は、基本的に講師の先生に任されています

つまり講師の先生の力に依存しているのです。

 

教室長の科目や受験の知識が非常に優れている場合は、

教室長が全てのカリキュラムを管理していることもありますが、

基本的には、それぞれの講師の先生が作成していることがほとんどです。

 

私自身も約7年ほど個別指導で教えていた経験がありますが

やはり自分で全て作成していました。

今思えば、経験に頼った危険な進め方だったと思います。

 

もちろん先生がすごく頼りになる場合は

素晴らしいカリキュラムで進められることもありますが、

講師の先生も教科ごとで違うので各科目のバランスも難しくなります。

 

武田塾では、現状の実力と志望校ごとに

全科目のカリキュラムがあり、それをもとに

講師の先生が指導するので、一人の先生に依存することはありません

 

また、その進捗は校舎長である私や、教務スタッフが徹底管理しています。

なので科目ごとの出来に合わせてバランスの調整も行います。

 

武田塾と他塾の違い まとめ

振り返ると、武田塾は

①授業をせず

②本当に「できる」かを徹底的確認し

③それを教室全体で管理しています

また、授業をしないため、季節講習が無いのも特徴です。

 

以下は普通の個別指導と武田塾の違いを紹介した参考動画です。

 

武田塾住道校は悩んでいるすべての人対象に「無料受験相談」実施しています!

塾 予備校 評判 口コミ 武田塾 住道 合格 相談 国公立 関関同立

 

 数々の生徒の成績アップや合格を導き、たくさんの笑顔を生み出してきた、校舎長の松本が相談に乗ります!どんな相談でも完全無料でお受けします!ぜひお気軽にお問合せください!

相談のその日から、行動が「合格する受験生」に変わります!

無料受験相談

 

武田塾の受験相談ってどんなの?

 

無料受験相談は予約制となっております。

お問い合わせはこちらの画像をクリックしてください。

電話、メール、Twitter、Instagram

各種お問い合わせ方法をご用意しております!

 

f252c638ff2668b43c982272f5281d27

逆転合格【武田塾住道校】

〒574-0041

大阪府大東市浜町8番20号スミコ―駅前ビル2階

TEL:072-812-7880,

メール:suminodou@takeda.tv

 

勉強に役立つ情報や日々のつぶやはこちら

 ⇒校舎Twitterアカウント(校舎長が運営)

 ※DMでの質問、相談もお待ちしています!

日々の校舎の様子はこちら

 ⇒校舎Instagramアカウント

受験勉強に役立つ情報はこちら!

個別のご質問、ご相談、ご連絡も可能です!

 ⇒校舎直通LINE公式アカウント

友だち追加

   

 

いつでも連絡お待ちしています!お気軽にどうぞ。

もちろん校舎での対応も可能です!

住道校地図

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

こんにちは、逆転合格の武田塾住道校、松本です。 センター試験も終わり、私立一般入試も続々と始まります。 合格最低点と、自分の現在の得点を比べて焦っている受験生も多いと思います。   そこで、…

thumbnail

こんにちは、逆転合格の武田塾住道校、松本です。 センター試験も終わり、私立一般入試も続々と始まります。 合格最低点と、自分の現在の得点を比べて焦っている受験生も多いと思います。   そこで、…

thumbnail

こんにちは!武田塾住道校です。 武田塾住道校では、普段から生徒の受験に対する悩みなどの相談に乗っているのですが、 センター3日前の本日あった質問を取り上げたいと思います。   今日はセンター…

thumbnail

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。   5月も中頃になってまいりましたが、皆さん志望校は決まりましたか?? 多分ですがもうとっくに決…