関西大学の国語で合格点をとる方法とは?【武田塾住道校】【過去問】

住道校・

6m09eMvoH9Hk8et2PnynMABwjPG3pAWVnyB8XkxN-min

こんにちは、逆転合格の武田塾住道校、松本です。

センター試験も終わり、私立一般入試も続々と始まります。

合格最低点と、自分の現在の得点を比べて焦っている受験生も多いと思います。

 

そこで、今回は、

「直前でも点数が上がる関大国語の勉強法」

について紹介します。

 

直前でもまだやれる!?関西大学の国語で合格点をとる方法とは?

 まず関西大学の国語は全体として、

現代文1題、古文1題の構成。 試験時間は75分で、150点満点の試験となります。

ほとんどがマーク式の問題ですが、

学部個別日程では一部、現代文・古文ともに最後の一問が記述式の問題になっています。

 

現代文編

 まず、現代文について、詳しく問題傾向と対策を見ていきます。

 

 

関西大学現代文の問題傾向

現代文の本文は平均的かやや長めで、評論が中心です。

問題は内容説明が主な出題となっています。

 

まず、大きな特徴として、

本文全体を通して、傍線部が示されていないこと、が

関大現代文特有のものとなっています。

 

大問最後の記述問題は、設問で求められていることについての記述を

本文の複数箇所から探し、字数制限に合わせてまとめる必要のある問題が多くなっています。

 

また、選択式の問題も、近年難化傾向にあり、

以前は、本文に書かれていること、書かれていないことで

正否が分かれているものが多かったが、

 

現在の問題は、因果関係のすり替え、や

記述内容の主体のすり替え

また本文中にある記述だが、その設問の答えになっていないもの

など、本文との照らし合わせだけでは解けない問題がほとんどです。

 

 

関西大学現代文に必要な能力

 上にも書いたように、傍線部がないことで、

傍線部前後を読んで答える、というテクニックでは太刀打ちできません

 

また、不正解の選択肢のパターンが複雑なため、

選択肢を一通り見て、本文の該当箇所と見比べる、

という設問ベースでの解き方も効果的ではありません

 

それ以上に、そのような解き方では、

関西大学の記述式の問題には全く歯が立ちません

 

そこで、関大の現代文に対しては、

自分で本文内容から解答をまとめる思考力を身につけるこ

が求められている、といっていいでしょう。

 

また、これから勉強を始める高1、2生に関しては、

現代文キーワードなどの知識や漢字の勉強などで

語彙力を身につけておき、

「相対化」「逆説」「範疇」「普遍」といった評論文で頻出する用語の意味

を知っておくと本文読解がかなり楽になります。

 

勉強に余裕のある場合は、文化論や社会論をはじめ様々な分野の文章に取り組み、

知的な背景を豊かにしておくことも非常に重要です。

 

関西大学現代文に有効な対策

 では、ここからは

「じゃあどうしたらいいの?」

という対策の方法について見ていきましょう。

 

①漢字、語彙、テーマ論の背景知識を知っておく!

 これは、上で書いた通り、これから受験勉強を始める高1、2生には

ぜひ対策しておいてほしい内容です。

『現代文キーワード読解』や漢字の問題集などを用いて、しっかり対策しておきましょう。

 

 

②選択肢に頼らない、読解力・解答力を身につける!

 この部分が、直前の受験生でも一気に点数が上がり得るところです。

 

先ほども紹介した通り、関大現代文は傍線部もなく選択肢も紛らわしく

また記述問題の出題もあるため、

選択肢を見る前に、自分で本文根拠から解答を作成する能力

が必要となります。

 

そこで、現代文の読解演習や過去問演習などでは

まず設問文を読み、求められている内容を正しく把握する

 

そして、その問いの答えの根拠となる部分を探して読み、

それを選択肢を見る前に自分でまとめる

という練習が非常に効果的になります。

 

一度自分で「思考」して解答を作成する練習は、

記述問題に必要な読解力・要約力も同時に身につきます。

 

以上のように、まず自分の頭の中で作成した解答と

一つ一つの選択肢を見比べ、近いものを絞り込み、

残った選択肢を消去法でじっくり吟味する

という過程で必ず解くようにしましょう!

 

今まで読解の基礎を固めていれば、

その思考で演習を重ねることが、

一気に得点を覚醒させる可能性は充分にあります

 

「自分の力で要約する」

という練習を今すぐに始めましょう!

 

③不正解の選択肢のパターンを知っておく!

 最後は、直前の受験生に特にいえることなのですが、

過去問をやる中で、不正解の選択肢がなぜ間違っているのか

を突き詰めることが関西大学の現代文には有効です。

 

先ほど挙げた、因果関係のすり替え

本文では「AなのでB」という因果だが、選択肢では「BなのでA」となっていて×。

このとき「A」「B」どちらの内容も本文中に書いてある、というパターン

など、いくつかの決まったパターンで作られるものが多いです。

 

なので直前期の過去問演習で、

「どのようなパターンの間違いなのか」について確認することで

ひっかけパターンにハマってしまうのを確実に減らすことができます!

 

 

関西大学の現代文まとめ

 関西大学の現代文は、

記述問題も含め、近年は「思考力」を問われる問題がほとんどです。

 

今すぐ、選択肢に頼る解き方をやめ

自分で本文から解答をまとめる「要約力」

を身につける解き方に変えてください!

 

その考え方・解き方で一問でも多くの過去問を解き、

合格点を手にしてください!

 

 

 

古文編

 次に残った古文について、見ていきます。

 

関西大学古文の問題傾向

 現代文と同様、

本文中に傍線部が無いのが特徴です。

また、本文も受験生にとっては比較的長いものが出題されます。

 

設問の内容は、特に難解なものはなく、

本文の該当箇所を見つければ、比較的簡単

選択肢の取捨選択は可能なものが多いです。

 

しかし、先ほど書いた通り、

傍線部がないので、該当箇所が見つけられないと

選択肢が長く、細かな違いを聞かれるため、

なかなか選びにくいものになっています。

 

関西大学古文に必要な能力

 関大古文には、

まず、本文内容を正しく理解する、能力が必要です。

「誰が」「何をして」「どうなった」のか、を

登場人物の行動や感情に即して読んでいくことが大切です。

 

そのためには、主語の省略などを補いながら状況を把握する力が必要です。

 

しかし、ある程度それが出来れば、

あとは、解答の手順を身につける、ことで解答が可能になります。

選択肢の違いを見抜く力、その違いが本文のどこで見分けられるかを探す

さえあれば、満点も狙える問題になっています。

 

関西大学古文に有効な対策

 関大古文に対しては、明確に解くテクニックが存在します

ここではその手順を紹介しますので、

まだ意識したことのない人は今すぐ意識してください

 

①まず設問文を読み、該当箇所を探す!

 傍線部がないため、設問文で問われている状況が

本文のどこにあるかまず探さなければなりません。

 

例)「作者が宮仕えを始めるにあたって、どのような事情があったのか。」

宮仕えを始めた場面を探す

 

②長い選択肢を句読点などで句切り、部分ごとに違いをチェックする!

 一つ一つの選択肢が長い、かつ、共通の部分が多いので、

部分に分け、違うところを明らかにします。

 

それにより、共通している部分を読むと、

その部分の状況がおおまかにつかめる、という利点があります。

 

例)a 母親が出家して尼となり、屋敷の別邸に住むようになった後、父親はむすめである作者を

   なんとか成人に育て上げたものの、宮仕えはつらいものだとして、世間に出ず~

 

  b 母親が出家して尼となり、屋敷の別邸に住みようになった後、父親はむすめである作者に

   家の万事を任せて、世間から隠れるようにひっそり暮らしていたが、~

 

  ⇒       の部分が違う!

 

③選択肢の違う部分は本文のどこを解釈すれば判別できるか探す!

 語句によるものなのか、主語の違いによるものなのか、

または、文法的な解釈の違いによるものなのか、

文脈的な判断が必要なのか、を判別してください。

 

例)本文該当箇所が、

「母、尼になりて、方ことに住みはなれてあり。父は、ただわれを

 おとなにしすゑて、われは世にも出で交わらず、~」

「おとなにしすゑ」の解釈が問われている!

 

④本文の箇所と細かく見比べて、選択肢を絞る!

 何が聞かれているか、さえ分かれば、

あとは知識・解釈の見せ所です!

 

このとき、選択肢を絞るポイントに優先順位をつけましょう!

主語や敬語、助動詞などの文法→単語などの語彙→文脈判断 の順で絞りましょう。

 

理由としては、単語の判別は、知らない意味が出る可能性があること

文脈判断は、読み間違っていた場合に不確定になってしまうこと、です。

必ず、まず最初は

速答できる文法的判断で選択肢を切っていくようにしましょう!

 

 

 

あとは、区切った選択肢の次の部分を同じように②~④の過程で見ていき

選択肢のすべての部分を吟味するだけです!

 

このように、機械的な解答テクニックを身につければ、

思っているより解きやすい問題がほとんどです。

抜けが見つかれば、すぐにインプットも補填するようにしましょうね!

 

 

関西大学国語まとめ

 まとめると、関西大学の国語に関しては、

現代文は、要約力

古文は、解答テクニック

 

を身につけ、

足りてない知識や技術をその都度復習していくことで

一気に合格点に繋がる可能性を秘めています。

 

この記事を読んで、今すぐ

解き方を変えて、合格点を手にしてください!

武田塾住道校は、皆さんを応援しています

 

このように武田塾住道校では、

全ての大学に通ずる基礎を大事にし、

入試に近づくと各大学の傾向に応じて

ピンポイントに対策していきます!

 

ピンポイントの対策が

とてつもない効力を発揮するのは、

武田塾の"完璧な基礎"の定着があってこそ!

 

勉強に困ったら、

いつでも相談も受け付けています。

詳しくは記事の一番最後を見てください!

 

模試や過去問でなかなか結果が出ない人へ

武田塾の概要を簡単に知りたい方は、こちらの動画をどうぞ。

 

①授業をしない!

 武田塾の一番の特徴です!

一般的な個別指導塾や予備校では、

新たに勉強する部分の説明を受けたり

分からなかった問題や単元の解説を受けたり、

わかりやすい授業を受ける」のがメインになります。

 

しかし、学校や塾・予備校などで経験のある方もいるかもしれませんが

「分かりやすい!」と感動して、テストの結果を期待したのに

思うように点数に繋がらなかったことはありませんか?

 

実はこれは、当然なのです。

塾の授業が悪いわけでも、あなたの授業態度が悪いわけでもありません。

授業では「わかる」ようになることしか助けてくれないのです。

 

授業を受けるだけでなく、

自分で考えてやってみないと点数がとれるようにはなりません。

 

そこで、武田塾では授業を行わず

自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで

「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます

 

武田塾では「わかる」「やってみる」「できる」

学習の三段階の「できる」ところまで徹底的に指導します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

②本当に「できる」のか徹底的に確認!

1日ごとの宿題 

武田塾の宿題は、一日単位で出ます!

毎日やることが明確に分かった状態で勉強を進められます。

しかも、やりっぱなしにならないように

4日進んで2日戻る」の黄金サイクルで宿題を出します。

 

こうすることによって、しっかり宿題をこなせば、

一週間で同じ範囲を3周完璧にしたことになり、

確実に身についた知識となります。

 

確認テストと個別指導

さらに一週間の勉強が本当に身についたか確認するために

確認テスト個別指導を週一回行います。

 

宿題と同じ内容から確認テストを、80%を合格ラインとして

不合格の場合、次の内容に進めないようになっています。

 

つまり、サボりたくてもサボれないようになっています。

 

さらに確認テストで合格しても、

その後の個別指導で講師の先生が

「本当に理解」できているか、を確認します。

 

「なぜその答えになるのか」

「なぜその解法で解けるのか」

「どこを見たらそれが分かるのか」

など入試の初見問題で「できる」ように

なっているかどうかを徹底的に確認します。

 

それが出来ていなければ、点数がとれていても不合格になるのです!

武田塾では、「本当に入試で点数がとれる合格」

確認テストの合格としています。

 

厳しいですよね?でも当然です。

入試で点数をとることを目指すなら、そこまでしなければダメなんです!

 

武田塾では、それが出来るように

個別指導での手厚いフォローがあります。

 

もし分かっていなければ、

「本質を理解する」勉強を指導し、

また、単語なども暗記が不十分な場合は、

「覚えられる」勉強法を指導します。

 

しかも武田塾ではすべて1対1で行います!

個別指導の60分間、キミだけの先生が常に横について

指導を行います。

 

また、基本的に個別指導の中で演習の時間はないので、

60分全てが生徒1人1人の「できる」ために費やされます

 

「わかる」ための授業はしませんが、

「できる」ための指導ならどこまででもやります!

 

さっきの言葉をもう一度繰り返します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

③カリキュラムは教室全体で管理!

 武田塾の個別指導が普通の個別指導と違うのは、

指導の中身だけではありません。

 

武田塾の強みは

 

カリキュラムを教室全体で管理する!

ということです。

 

普通の個別指導は、基本的に講師の先生に任されています

つまり講師の先生の力に依存しているのです。

 

教室長の科目や受験の知識が非常に優れている場合は、

教室長が全てのカリキュラムを管理していることもありますが、

基本的には、それぞれの講師の先生が作成していることがほとんどです。

 

私自身も約7年ほど個別指導で教えていた経験がありますが

やはり自分で全て作成していました。

今思えば、経験に頼った危険な進め方だったと思います。

 

もちろん先生がすごく頼りになる場合は

素晴らしいカリキュラムで進められることもありますが、

講師の先生も教科ごとで違うので各科目のバランスも難しくなります。

 

武田塾では、現状の実力と志望校ごとに

全科目のカリキュラムがあり、それをもとに

講師の先生が指導するので、一人の先生に依存することはありません

 

また、その進捗は校舎長である私や、教務スタッフが徹底管理しています。

なので科目ごとの出来に合わせてバランスの調整も行います。

 

武田塾と他塾の違い まとめ

振り返ると、武田塾は

①授業をせず

②本当に「できる」かを徹底的確認し

③それを教室全体で管理しています

また、授業をしないため、季節講習が無いのも特徴です。

 

以下は普通の個別指導と武田塾の違いを紹介した参考動画です。

 

武田塾住道校は悩んでいるすべての人対象に「無料受験相談」実施しています!

塾 予備校 評判 口コミ 武田塾 住道 合格 相談 国公立 関関同立

 

 数々の生徒の成績アップや合格を導き、たくさんの笑顔を生み出してきた、校舎長の松本が相談に乗ります!どんな相談でも完全無料でお受けします!ぜひお気軽にお問合せください!

相談のその日から、行動が「合格する受験生」に変わります!

無料受験相談

 

武田塾の受験相談ってどんなの?

 

無料受験相談は予約制となっております。

お問い合わせはこちらの画像をクリックしてください。

電話、メール、Twitter、Instagram

各種お問い合わせ方法をご用意しております!

 

f252c638ff2668b43c982272f5281d27

逆転合格【武田塾住道校】

〒574-0041

大阪府大東市浜町8番20号スミコ―駅前ビル2階

TEL:072-812-7880,

メール:suminodou@takeda.tv

 

勉強に役立つ情報や日々のつぶやはこちら

 ⇒校舎Twitterアカウント(校舎長が運営)

 ※DMでの質問、相談もお待ちしています!

日々の校舎の様子はこちら

 ⇒校舎Instagramアカウント

受験勉強に役立つ情報はこちら!

個別のご質問、ご相談、ご連絡も可能です!

 ⇒校舎直通LINE公式アカウント

友だち追加

   

 

いつでも連絡お待ちしています!お気軽にどうぞ。

もちろん校舎での対応も可能です!

住道校地図

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。 今日は 関関同立の入試難易度を塾講師が勝手に順位付けしてみた【関関同立】 光陰矢の如し、と言わんばかりにこ…

穴場-min

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。 今回は 関西大学の穴場学部をランキング形式で解説!【関関同立】 とりあえずやりたいことないけど大学には入り…

龍谷大学深草学舎wikipedia

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。 今回は 龍谷大学の入試傾向・対策方法について【国語・英語編】 お話します。 今回は、龍谷大学の一般入試の傾…

龍谷大学深草学舎wikipedia

こんにちは、JR学研都市線住道駅から徒歩3分の所にあります 逆転合格の【武田塾住道校】です。 今回は 龍谷大学の入試傾向・対策方法について【日本史・世界史編】 についてお話します。 画像出典:wiki…