2018春受験相談イベントのご案内|武田塾新札幌校

新札幌校・

 

この春からどこかの塾に通うことを考えていますか?

もし、そうであれば武田塾新札幌校に受験相談へいらっしゃいませんか?

受験には受験日という締切日があります。

要はその締切日までに現段階で不足している物から求められることまでを 棚卸しをして、どの程度のスピードで受験生自身が勉強することで 埋めていくことができるか?ということが重要です。

塾へ行くということは、その環境に投資をすることに他なりません。

武田塾新札幌校の強み

武田塾は北海道では知名度がまだありません。ですが、 参考書による自学自習の徹底管理の環境を提供することで、 受講生の10人に約9人の生徒が偏差値を10以上あげ、 本州では数々の希望大学への合格者を輩出してきています。

新札幌校は2017年8月に開校し、まだ日が浅いですが 東北大学工学部や中央大学文学部への合格のサポートを 実現して来ました。

さらに、新札幌校は東京の田町、大井町というところにある キャンパスと連携していることから、東京への進学については おそらく道内随一のノウハウと人的ネットワークがあります。

希望者には東大、東工大、一橋大、早稲田大、慶応大、上智大、 青学、明治、昭和大医学部などの講師から通常の費用で直接個別指導を受け られる環境があります。

また、東京練馬区にある「北海寮」という北海道出身者の大学生が 下宿している寮との人的ネットワークがあり、紹介することが可能です。

一方、北大や札医大をはじめとした道内国公立への進学を希望する場合も 北大と札医大の講師が99%占めていますので、ご安心いただけると思います。

受験生の方はセンター試験まで残すところ12ヶ月を切りましたので、塾へ 通うなら後悔しないためにも1日、1時間、いや1秒でも早く決断をして、 勉強をする環境を整えていただきたいと思います。

また北大や本州の最難関レベルの大学を希望する場合は、1、2年生の方にこそ 早めに塾へ行くかどうかの決断をし、時間を味方につけコツコツと着実に 勉強を始めていただきたいと思います。

次のような方はお断ります

受験は一生を左右するイベントの一つです。

そして、勉強は他人がするものではなく受験生自身がするものです。

ですから、塾におんぶに抱っこで自ら勉強する気がない人には お金と時間の他に有効利用する方法を考えていただきたいので お断りさせていただきます。

そうではなく、あなたがもし「本当に行きたい学校がある」、 「自分で勉強してみたい」と思うならばぜひ受験相談に来て、 勉強するかどうかの決断をしていただきたいです。

受験相談の日程について

受験相談は次の日程で実施します。
1枠に対して1組のみの対応しかできませんので、
少しでも気が向いたらいますぐ申し込みをしてくださいね。

*日程*
・3月3日(土)
・3月4日(日)
・3月10日(土)
・3月11日(日)

*時間*
1)13:00〜14:30
2)14:30〜16:00
3)16:00〜17:30
4)17:30〜19:00
5)19:00〜20:30


お申し込みはいますぐボタンを1クリック