『浪人なら最低でもMARCHに行きたい』現実的数字と注意すべき事

新鎌ヶ谷校・

こんにちは!大学受験の予備校・塾・個別指導塾の武田塾 新鎌ヶ谷校です。

新型コロナウイルスにより、学生・受験生の皆さんは大変な時期を過ごされているのではないでしょうか。
その一方で学習すべき時間は刻一刻と過ぎていき、あと数日で4月を迎えてしまうタイミングまで来てしまいました。
3/27現在では令和3年の大学受験そのものの日程が遅れる・延期されるという発表はありませんので、勉強期間自体は徐々に減っていく一方です。
そうなってくると浪人・既卒生の皆さんは受験計画を立てていくにあたって、より明確に、目標に向けての準備をしなくてはいけなくなりますね。

今回の内容はそうした方々への指針・参考情報となるような中身も含まれています。
もう一年勉強する事でどこまでが狙えるのか。気になる点だと思います。
ぜひご覧くださいね。

MARCH以上とは・・・?

この時期、武田塾に受験相談にくる方の中には「浪人が決まったので〇〇大学に入りたい」といったお話をされる人もいます。
そんな方からの質問です。

浪人するからには最低でもMARCH以上には行きたいという受験生は多いと思いますが、実際どのくらい難しいのでしょうか?

2020年入学の生徒を募集した国公立と私立の大学数はなんと・・・

774大学!!

その中で私立は・・・約600校

更にその中でMARCHとそれ以上の大学は・・・15校

早稲田大学
慶應義塾大学
上智大学
東京理科大学
国際基督教大学(ICU)
GMARCH
関関同立

以上です。
つまりMARCH以上は15/600しかないのです。狭き道ですね…!

数%しかない枠を目指して受験勉強をすることになるのだと自覚した上で、今年の目標は大丈夫なのかを再認識する必要があります。
日東駒専・産近甲龍の大学でもやはり600校の上位層にあたるわけで、大学数はそんなにあるわけではないのです。
大学全体の難易度を考えたときには、かなりの難関であることを把握しておきましょう。

実際にどう考えたらいいのか

受験相談の際は浪人で志望校を上げる場合、現実的なラインなのかどうかを考えます。
「1年あるから早慶に行ける」という世界ではなく、実際にたどり着けるような学習量・学習内容かどうかをしっかり考える必要があります。

まず志望校の把握すべき点としては、
定員や倍率
科目と配点
過去問で難易度と合格最低点をチェック

これらがまず挙げられます。そうした点を把握した上で目標を設定して、そこに向けて勉強をしていく
そのような流れをまずは作らなくてはいけません。
あとは浪人が決定した際には、周りでMARCH以上に合格した人に実際に聞いてみるのも一つでしょう。

武田塾の無料受験相談ではそうした点も踏まえ、
実際に学習の仕方や日々の学習量、ペース作りといった状態が適切なのか、といった観点からもお話をさせていただきます。
迷ったらまずは教室までお越しください!

 

 

★無料受験相談実施中★
武田塾新鎌ヶ谷校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来の進路について個別で対応させて頂きます。
⇒武田塾秘伝の勉強方法を知りたい方はこちらをクリック!
⇒受験相談を希望の方はこちらをクリック!

★武田塾 新鎌ヶ谷校 新鎌ヶ谷の予備校、塾、個別指導塾★
〒273-0107
千葉県鎌ケ谷市新鎌ヶ谷2-7-2 Ciaoビル2階
東武・北総・新京成線 新鎌ヶ谷駅 徒歩3分
TEL:047-404-5541(日曜を除く13:30~21:00)
Mail:shinkamagaya@takeda