【東大生を育てたパパ講師が教える】難関大学ボーダーライン比較

瀬戸校・

武田塾瀬戸校 最高顧問 内垣内先生の難関大学ボーダーライン比較

皆さん お元気ですか? 

「東大生を育てたパパ講師が教える 東大生の育て方」シリーズで

おなじみの

武田塾瀬戸校最高顧問の内垣内です。

現役で息子を東大に合格させたノウハウや生活習慣管理術などを中心に、

大学入試の問題解説などもおこなっております!!

 

今回は私から見た難関大学ボーダーライン比較を解説していきたいと思います。

 難関大学

国公立難関大学にはどんな大学があるかをまずは要チェック!!!

ではでは国公立難関大学にはどんな大学があるかを早速調査してみました。

 

2019年11月時点での大手予備校におけるボーダーライン偏差値で、

その大学の偏差値の中央値が57.5以上の大学を難関大学としました。

 

この大手予備校では、偏差値57.5以上を難関レベルとしているからです。

 

東大、京大より下位の旧帝大のボーダーラインは、

学科によりかなり変動しますが、

大部分は、57.5以上です。

 

勿論、52.5~54.9のボーダーも散見されます。

 

尚、理系は文系と比較して偏差値はかなり低目に出ます。

何故なら、理系には医学部と薬学部があり、

理系の他学部は、同じ土俵での偏差値になるからです。

 

北海道地区から東海地区までを一挙公開!!

 

[北海道]        北海道大、旭川医科大、札幌医科大

 

[東北]          東北大、国際教養大、福島県立医科大

 

[関東・甲信越]  東京大、東京医科歯科大、東京工業大、一橋大、

東京外語大、お茶の水女子大、筑波大、千葉大、

横浜国立大、東京都立大、横浜市立大

                

[東海・北陸]      名古屋大、名古屋工業大、名古屋市立大、岐阜薬科大、

浜松医科大

 

いかがでしょうか。

受験生の皆さんは一度は聞いたことのある大学ではないでしょか。

 

続いては…

近畿地区から九州地区まで難関大を挙げていきます!!

[近畿]            京都大、大阪大、神戸大、大阪市立大、大阪府立大、

京都府立医科大、滋賀医科大、奈良県立医科大、

和歌山県立医科大

 

[中国・四国]      無し

 

[九州]            九州大

 

(7帝大・東工大・一橋大、医科大・薬科大の10大学と、他難関の13大学が

 

相当します。)

1132519

中国地区、四国地区、九州地区はさみしい感じがしますね…

難関大学は都市部に集中しており、

地方と都市部の格差が大きいことが分かります。

それでは武田塾瀬戸校がある東海地区や近隣の北陸の難関大学について詳しく見てみましょう。

 

東海・北陸地区の難関大学のボーダー難易度

東海・北陸地区の難関大学のボーダー難易度をもう少し詳しく調べてみると、

 

名古屋大学:   [最低難易度] 医学部保健‐作業療法学 

                センター 74%、2次 52.5~54.9

 

名古屋工業大学: [最低難易度] 工学部 前期 創造‐情報社会

         センター  73%、2次 55.0~57.4

 

名古屋市立大学: [最低難易度] 芸術工 前期 情報環境デザイン

         センター  69%、2次  50.0~52.4

 

となり、名古屋市立大学の芸術工学部は比較的入り易いといえます。

 

愛知県の高校生はどこから受ければいいの??

愛知県のトップクラス高校生は、先ず、名大、名工大、名市大を狙い、

それより上が狙える成績であれば、

東大、京大や医学部を狙う生徒も結構います。

 

逆に名大、名工大、名市大が無理ならば、

愛教大、愛県大か、近隣県の岐大、三重大、静大、信大を狙い、

 

すべり止めに、私立大を数校受験するのが一般的です。

 

尚、2次のボーダーラインは、2.5ポイント間隔の偏差値域の

50%合格域で表されています。

 

例えば、2次偏差値50.0以上52.5未満域の受験生の合格率が

ほぼ50%ならば、2次ボーダーラインは、50.0以上52.5未満となり、

しばしばその下限値50.0で表されています。

 

つまり、ポイントで表せば、ボーダーラインポイントは51.25と表せます。

 

また、この予備校の偏差値50は、

全高校生の中ではかなりの学力上位者となるレベルです。

 

つまり模試の偏差値は、

その集団の学力分布の中での相対値を表します。

 

勿論、絶対値ではなく、相対値です。

別の模試の偏差値と比較することはできません。

 

受験生の皆さん!いかがでしたでしょうか?

初心者向けの簡単な解説でしたので、詳しく知りたい方は武田塾瀬戸校へ

お越しください。

無料受験相談

東大生を育てたパパ講師が教える 難関大学解説はいかがでしたか?

この記事を最後までお読みくださいまして誠にありがとうございました。

このご縁を大切にしていただけたら嬉しいです。

 

武田塾瀬戸校には現役で息子を東大に合格させたカリスマ講師が在籍し、

東大合格のノウハウや生活習慣管理術などを中心に、

大学入試の問題解説などもおこなっております!!

 

東大志望者だけではなく、名大、名工大や有名私立大学を目指す君は

是非、武田塾瀬戸校へお越しください!!

もちろん中学、高校の定期テスト対策もバッチリできますよ!!

 

そして正しい勉強法が学べる武田塾をお選びいただくのも一つの方法です。

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

武田塾瀬戸校からのお知らせ <無料受験相談実施中!!>

無料受験相談画像

武田塾瀬戸校は学力を上げる正しい勉強法が学べます。

学力を上げるための仕組みを正しく理解し、

学力を飛躍的に上げるための、正しい勉強方法と効率的な勉強計画を実践すれば、

志望校合格に向けて、必要な学力を最短で身に付ける事ができます!

 

武田塾では、それを実現することができます!!

★今の勉強方法に不安がある。

★どんな参考書を使ったらいいのか?

★今から受験勉強を始めて、間に合うのか不安がある。

★どの科目から手を付ければいいのかわからない。

★志望校の選択に悩んでいる。

★自分は今から勉強を始めるとして何からしたら良いのか?

★英語や数学などの教科別の効率の良い勉強方法を知りたい。

★国語の点数の上げ方を知りたい。

★中学、高校の定期テスト対策もバッチリです。

不安な人のために一人一人の状況に合わせて個別に

具体的なアドバイスをする無料受験相談を行っています。

相談に来たからと言って、無理に塾に入る必要はありません。

 

やる気のない生徒のやるきっかけになったり

やる気がある生徒の勉強のコツをつかむきっかけに

なったらという願いから、こういった機会を設けております。

 

ご来校時に、具体的な質問を用意してもらえるとこちらも解決しやすいです。

完全個別相談なので、ご案内できる人数に限りはありますので

今すぐ下記フォームまたは校舎電話にてお問い合わせください。

 

無料受験相談

電話:0561-85-1355

(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

武田塾瀬戸校(逆転合格の1対1 完全個別指導塾)

一緒に合格へのプランを練りましょう!!

 

関連記事

thumbnail

高校の評判・進学実績・部活などをレビュー【瀬戸市近隣の高校紹介シリーズ】|武田塾 瀬戸校 みなさん、こんにちは‼  E判定からの逆転合格の武田塾瀬戸校講師の浅井です‼ 今回は瀬戸市近隣にある高校につい…

thumbnail

  こんにちは! E判定からの逆転合格でおなじみの武田塾講師 齋藤です。   今回のテーマは ズバリ 皆さんが知りたい参考書の使い方についてです。   皆さんは、一つの教科につき何冊の参考書・問題集を…

thumbnail

  こんにちは、武田塾瀬戸校です!   今回はセンター試験に代わり2021年1月から実施される、 新試験についてお話していきます。   このテストは、今の高校2年生が初受…