小論文の受験対策!医学部志望の現役生・浪人生必見!

千里中央校・

こんにちは!

千里中央校の井上です!

 

本日のブログは医学部受験対策ということで

小論文の対策について書いていきます!

 

これで苦しんだ浪人生も中にはいるのでは

ないでしょうか?

 

 

国立や私立の2次試験などでは課されることもある小論文

医学部受験には必須となってきます!

 

受験科目に小論文があるよーという人は必見です!!

 

あまり日常生活で触れることのない小論文ですが

書き方や約束さえ覚えれば誰でも書くことができます!

きちんとした対策を積んでいきましょう♪

 

images

「小論文」ってそもそも何?

小論文を書いたことがない人は、

「作文」との違いから分かっておく必要があります。

 

「作文」

自分の経験や体験をもとに、自分の考えを述べる文章

 口語的な表現や文学的な表現でもいい

 

「小論文」

与えられた課題文や資料を基に、根拠を示しながら、自分の意見を論理的に積み上げていく文章

 口語的な表現や文学的な表現はふさわしくない

 

 

このような違いが「作文」「小論文」のにはあります!

 

簡単に例文を書いてみましょう。

題材は風邪の予防についてです。

作文

「私は、昔Aに行きました。とても楽しかったのですが、数日後、体がだるくて病院に行くと風邪と言われました。

それ以降Aに行かないようにしています。Aだけじゃなくて、ほかの人が多いところにも行かないようにしています。」

 

小論文

「私は、風邪の予防としてAに行かないようにしている。それはAに行った数日後に風邪を患ったからである。厚生労働省の調査によると、私がAを訪れた時期に、Aでは風邪がとても流行していたことが明らかになった。また、インフルエンザだけでなく、〇〇などの病気も流行していたデータも存在する。インフルエンザや〇〇は、Aのように人が密集する地帯で流行しやすいことが××の調べで明らかになっている。したがって、風邪の流行る時期にはAに行かないようにしている。また、Aだけではなく人の集まる場所に行かない方が無難といえるのではないだろうか。」

 

のような文章の違いになります!

添削されるのは怖いですが。笑

 

また小論文の構造についてもお話していきます!

 

 

小論文の構造って?

先ほどの文章でも気をつけて書きましたが

小論文にはある程度決まった型(文章の流れ)

存在します。

 

6つの流れがあります。

 

①中心となる主張を読み取る

②意見

③根拠

④例示

➄結論

➅提案

 

一つ一つ詳しくお話していきます。

 

①中心となる主張を読み取る

こちらは、小論文の出題形式にもよりますが

一番オーソドックスな「課題文読解型」の小論文についてです。

(出題形式は後ほど書かせてもらいます(._.))

 

要するに

課題文が何をいいたいのか?

読み取る作業が必要になってきます。

 

「課題文が○○について書かれている!」

ということが分かって次のステップに進むことができます。

 

②意見

では読み取れた〇〇について

「自分が賛成なのか?反対なのか?」や

「自分はこう考えている!」という

自分の意見を簡潔に述べてください!

 

 

①が分かっていないと②が定まらず

小論文全体がふわふわとした内容になるため、

評価されなくなってしまうので気を付けましょう。

 

 

③根拠

②のような意見を持った根拠を次の段落で述べてください。

 

ここが多ければ多いほど

②の意見に説得力がでます!

 

ここは自分の持っている知識

出題されている資料から読み取る力も必要になってきます。

 

④例示

これは文字の通り

例えを出す箇所です。

 

ややくだけた表現を使うと

「例えば、こんなことからも〇〇って言えるんじゃない?」

という風な書き方です。

 

根拠が裏付けられているよーということを

例を示しながら論を進めていくと

とてもわかりやすくなります!

 

 

また、文字数制限がある小論文試験では、ここの量を

少なくしてみてもいいんじゃないでしょうか?

 

他の箇所はとても小論文として大事な所になるので

削ってしまうと、「結局何が言いたかったの?」となってしまいます。

 

➄結論

この流れで、「だから〇〇と私はいいました!」

結んでください。

 

ここの説得力を持たせるために

③根拠や④例示を書いてもらってます!

 

結論は意見と同じ内容であることはマストです!

 

➅提案

②~➄までの方向性から

「こんなことも言えるのではないでしょうか?」

と提案すると、よい小論文になります。

 

 

ただ、ここはイエスかノーかを問われている出題では

書かなくてもよいパターンがあります。

 

なので、「具体的な方法を提示してください」と出題にあれば

書く形になります。

 

小論文の出題形式って?

先ほどのお題でも触れましたが、

小論文は出題の方法にも型(パターン)があります。

 

ここから医学部の小論文試験に沿って話をすすめていきます。

実は出題形式によって試験で医学部受験生として

問われている能力が違ってきます!

 

大きく分けて以下の3つに分けられています。

 

・課題文読解型

・テーマ提示型

・資料分析型

 

これらの出題の型の裏に

どのような意図があるのか?を知ることが大切です。

 

求められる力についても解説していきます。

 

課題文読解型

こちらは、国公立医学部・私立医学部問わずに出題される傾向にあります。

 

お題となる文章があり、

それについて自分の意見を述べていく出題形式となります。

 

必要な力としては、以下のようになります。

・要約力

→この文章は何が言いたいの?を読み取る力

 

・まとめる力

→自分の意見をまとめ上げて伝える力

 

これらは、医者になる上で欠かせない力となってきます。

患者さんの話をまとめてどんな処方が必要なのか

チーム医療としてチームを引っ張っていく

などのシーンで求められる力となります。

 

テーマ提示型

こちらは私立医学部で出題される傾向にあります。

 

基本的な医学知識を問われることが多いです。

その知識をきちんと理解して、その上で

自分の意見や主張を伝えましょう。

 

必要になる力は以下の通りです。

・情報収集力

最先端の医学の知識をいち早く学ぶ力

 

医者には「研鑽義務」があるため、最先端の情報を

患者さんのために取り入れることができるのか?を見られています。

 

資料分析型

これは様々な資料の中から、必要な情報を

読み取っていくことが必要になってきます。

 

・データ解析能力

→与えられた情報から的確な情報を読み取る力

 

・まとめる力

→読み取った情報をわかりやすく必要なものだけをまとめる力

 

・推理能力

→その情報から次どのようなことが言えるのかを考える力

 

 

医者になると、心電図など様々な患者さんの情報を分析して

どんな対応をすればいいのか?を考えなければなりません。

 

その総合力を見られています!

 

小論文で頻出のテーマは?

形式は先ほど述べた通りですが、

テーマはいろんな種類の中から出てきます!

 

その中で、あるあるのテーマや国公立医学部と私立医学部に多く出されている

テーマをお伝えします。

 

どちらの医学部でもあるある

「医者ー患者の関係」(コミュニケーションの内容など)

「超高齢社会と医療」

「現代社会」(日本の現在の課題を取り上げている)

 

 

国公立医学部に多い

→医学や先端医療

基本的な知識や、医学の情報収集をきちんと行っているのかをみられています!

 

 

私立医学部に多い

→医者・人生・人間

受験生がどのような生徒なのか、またどのような人生観やビジョンを持っているのか

を聞かれています!

 

 

また、特殊な出題テーマとして

「利益衡量」という医者ならではの考え方を問われる出題もあります!

 

なぜ小論文なのか?

そもそも、なぜ医学部の試験で小論文があるのか?

それについてお答えします!

 

当たり前ですが、きちんと意図があって、出題されています!

 

これまで述べてきたものの中にもありますが

 

「医者としての適性」「受験生の人間性」を知るのに

小論文は最適なのです!

 

なので医学部受験を考えている人には

小論文の試験は必須で、今後なくなることは考えにくいので

きちんと対策していきましょう(^^)/

 

 

 

千里中央校は、豊中市、吹田市、茨木市、高槻市、摂津市、箕面市、豊中市、大阪市、島本町、守口市、寝屋川市、門真市、枚方市、豊能町、能勢町はじめ、長岡京市、向日市、大山崎町、京都市など近隣の県からも通塾いただけます。

武田塾には、関西圏では京都大学・大阪大学・神戸大学・滋賀大学・大阪府立大学・大阪市立大学・京都府立大学・京都工芸繊維大学・京都教育大学などの国公立大学をはじめ、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)、産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)といった難関私立大学、関東圏では東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学・東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

 

 

 

勉強方法、参考書の使い方、モチベーション管理、なんでも教えます ★無料受験相談★受付中★

・模試で思うような結果が出なかった
・勉強しているのに成績が上がらない

・受験勉強って何をすればいいかわからない

などなど、受験や勉強に対する悩みは
大なり小なり誰でも持っているもの。

どんな悩みでもOKです!
持ってきてぶつけてください!

受検相談では、、、

  • 奇跡の逆転合格プログラム
  • 1日で英単語を100個覚える方法
  • 志望校合格までのすべて

などの受験に役立つ情報をお話しします!

このほかひとりひとりのお悩みや現状に
応じたアドバイスもさせて頂きます!

ここまで聞いて、「ひとりでできそう!」
と思ったら入塾しなくて構いません!

ぜひ一度ご来校ください!

無料受験相談のお申し込みは、
下記のフォームにご入力ください!

無料受験相談