【北海道大学】 農学部の魅力とは?~畜産科学科・生物環境工学科・農業経済学科編~

札幌円山公園校・

みなさんこんにちは。
武田塾、札幌円山公園校です。

本日は、北海道大学農学部の魅力や特徴についてご紹介します!
今回は「畜産学科」と「農業工業学科」と「農業経済学科」です。

北海道大学農学部の目次

images

↑北大農学部の学部棟 歴史ある建物ですが、最近改修されたため中は比較的綺麗です

農学部は、人類の生存基盤である食料・資源・エネルギー・環境に関する地球規模の問題を解決し、また地域の農林業及びその関連産業の持続的発展に寄与するための最先端の教育・研究を行っています。 生物資源と環境資源との調和をはかる広い視野と生存基盤に関わる高度な専門性の両方を有する人材の育成を目的としています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・北海道大学農学部の魅力や特徴

1.北海道大学 農学部の男女比

2.北海道大学 農学部の特徴

3.北海道大学 農学部の就職先

4.北海道大学 農学部の魅力

北海道大学農学部の設置コース

1.畜産科学科とは

2.生物環境工学科とは

3.農業経済学科とは

・逆転合格を実現する「武田塾」とは?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

北海道大学農学部の魅力や特徴

北海道大学 農学部の男女比

北大農学部の男女比は2019年時点で、男:62.0% 女:38.0%です。
理系学部の中では女子の比率が高い方ですが、進んでいく学科によっては男女比の偏りが大きくなります。

 

北海道大学 農学部の特徴

北大農学部は7つの学科が存在します

・生物資源科学科
畑や植物園での実習が多く、多くの人が想像する「農学部」に代表される研究(品種改良や植物の病気について)が行われています。

・応用生命科学科
生命現象を分子レベルで研究する学科です。キーワードは分子(遺伝子、有機化合物、たんぱく質)。ラボ(実験室)での実験が生物機能科学科と並んで非常に多いのが特徴です。

・生物機能科学科
「食」「健康」「エネルギー」「環境」が4大テーマ。食品に関係した研究が多く行われています。

・森林科学科
森林や木材、環境について様々な分野から研究しています。研究林での実習が多いことが特徴です。

・畜産科学科
牛や鶏、豚、羊など、家畜や家畜が生産する畜産物の利用について研究しています。牧場などでの実習も多く行われています。

・生物環境工学科
土壌や気象、機械など、農業を理工学的な見地から研究しています。近年注目されている「スマート農業」に関する研究も盛んです。昨年放送されたテレビドラマ「下町ロケット ヤタガラス」に登場する野木教授のモデルとなった教授が在籍しています。

・農業経済学科
農業を経済学など社会学的な分野から研究している学科です。協同組合学研究室は日本で唯一協同組合に特化して研究している研究室です。

いかがでしょう?学科によって研究分野が全く異なっていることがわかります。
また学科の中でも研究室や教授ごとに分野が大きく異なるのも特徴です。

例えば、生物資源科学科の動物生態学研究室では環境DNAなどを用いて生態学の研究を行っていますが、作物学研究室ではイネやコムギについて研究しています。

 

北海道大学 農学部の就職先

農学部卒業生の70%は大学院へと進学します。
また、就職希望者のほぼ100%が就職先を決定できているところも大きな特徴です。

ここでは大学院卒業後の就職先も含め、主な就職先を紹介します。

例)
日立製作所
雪印メグミルク
よつ葉
ホクレン
ミツカン
小林製薬
北海道銀行
アフラック
コマツ
日産
ヤンマー

など

北海道大学 農学部の先輩が語る「農学部」の魅力

広大な研究林と農場

農学部では学科によって大学付属の森林(研究林)や農場、牧場が札幌のキャンパスだけでなく道内各地や和歌山県に存在しており、学生の実習や研究に使用されています。

北海道大学の総面積は約7万ha(700平方キロメートル)と非常に広いです!
これは東京23区の面積(625平方キロメートル)よりも大きく、大学別の所有面積の中では断トツで一位です。

農場は札幌の中心部にあり、牛とビル群という不思議な景観が特徴的です。
また研究林や農場は1年生向けの講義の一環として実習が行われることもあるので、北大に入ったらぜひ参加してください!
ちなみに私は1年生の冬に研究林の実習に参加し、ワカサギ釣りをしました!

北海道大学農学部に設置されている学科(畜産科学科/農業工学科/農業経済学科編)

畜産科学科とは

畜産科学科は、家畜とそれを取り巻く生態系の生命現象を明らかにし畜産物の有効利用を図ることを目指します。
家畜の発生・成長から生産物の利用までを総合的に教育・研究します。
家畜という動物とそれを取り巻く環境を丸ごと研究するのが畜産科学科です。

研究室について

5の研究室に大きく分かれています
家畜生産や畜産科学の基礎、畜産物利用の幅広いカリキュラムで学びます。
北方生物圏フィールド科学研究センターの農場・牧場と密接な連携をとって教育を進めています。
基礎的教科内容に共通点の多い獣医学研究科の協力を得てカリキュラムを編成し、教育内容の充実を計っています。

生物環境工学科とは

地球環境の悪化が叫ばれている今、将来を見据えた農業を行う必要性が出てきました。
自然生態系と調和しながら持続的な生産を行うために、環境負荷のない農業を理工学的な見地から研究するのが生物環境工学です。

研究室について

9つの研究室に大きく分かれています。
自然生態系と調和しながら持続的な生産を行うために、環境負荷の少ない農業を理工学的見地から研究します。
農業の生産現場で必要とされる農業機械など、一連の農作業プラス食品加工の現場に密着した研究が行われています。

 

武田塾では無料受験相談を受付中!

農学部では農業にかかわる分野だけでなく、環境や生態学など幅広い分野の研究が行われています。

「北海道大学に興味を持った!」「北大農学部に進学したい」と思った方は、ぜひ無料受験相談におこしください!

皆さんひとりひとりに合わせて、入試対策をお手伝いさせていただきます!

-----------------------

▶武田塾札幌円山公園校校舎TOPページ

〒064-0801

北海道札幌市中央区南1条西24丁目1-6 レクシブ裏参道 6階

TEL:011-688-7067

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓