【大学紹介シリーズ】北海道大学理学部の魅力や特徴【北大理学部】

札幌円山公園校・

みなさんこんにちは。
武田塾、札幌円山公園校です。

本日は、北海道大学理学部の魅力や特徴についてご紹介します!

北海道大学 理学部 目次

北大理学部

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

1.北海道大学 理学部の男女比

2.北海道大学 理学部の特徴

3.北海道大学 理学部の就職先

4.北海道大学 理学部の魅力

5.逆転合格を実現する「武田塾」とは?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

北海道大学 理学部の男女比

北大理学部は男女比は、2019年時点で男:77.6% 女:22.4%です。
学科や研究室によって男女比はかなり偏りがあります。
たとえば数学科だと女子がほとんどいないようです。

北海道大学理学部の魅力や特徴

【求める学生像】

・自然に関心をもち,自然現象のメカニズムを解明したいと考えている学生
・物事を論理的に説明したいと考えている学生
・時流に流されることのない真理を探究したいと考えている学生
・観察や実験が好きで,納得が行くまで観察や実験を続けたいと考えている学生

【6つの学科】
理学部生の多くが北大に入学した後、理学部の教員の授業を受けたことがきっかけで、進む学科を決めています。
理学部には300名を超える教員がおり、質の高い学びを提供しています。

①数学科
→数学科では整数論などの理論を追究したり、コンピューターによる数値計算を主体とする実験的立場の研究をしたり、様々な分野から数学を研究します。
「代数」「幾何」「解析」「数理科学」を学びます。
4年次の卒業研究では自分の興味の持つ分野の最先端を研究します。

②物理学科
→極めて小さな時間・空間で起こる素粒子・原子核現象。
そして、われわれの生活の中で起こる金属・半導体・誘電体中の現象。
さらに何百億光年という尺度の宇宙現象や絶対零度近くの極低温の世界や超高圧の世界での現象。
これらすべてが研究対象です。

物理学科の学生は、普遍的な自然界の法則・原理の知識を身につけ、研究を通して実践とその応用を行います。

③科学科
→既存の科学技術の習得はもちろん、その本質を理解し解き明かすことによって、新しい科学を開拓できる人物を育成します。
物理から生物、基礎から応用と化学の学びは広範囲です。
それぞれの分野の論理思考法を習得し、機能的に結びつける力を身につけます。

④生物科学科/生物学
→生物学はあらゆる生き物に関する科学です。
理学、生命科学、地球環境科学など多様な分野の教員が在籍しており、様々な生き物を対象に広範な研究を行っています。

⑤生物科学科/高分子機能学
→高度な機能を持つ高分子を人工的に作ることを目的にしています。
「物理学」「化学」「生物学」「数学」を総合的に学び、「生命とは何か」という自然界の大命題にアプローチします。
外国人教員が多数所属しており、講義や研究ディスカッションを通して語学力を学ぶこともできます。

⑥地球惑星学科
→地球には核・マントル・地殻・陸水・海洋・大気・電離層といった多様な構成要素があり、それらが短期的にあるいは長期的に変動しています。
短期的、長期的な変動として、地震・火山噴火・洪水・竜巻・オーロラ・磁気変動・プレート移動・気候変動などがあげられます。
このような複雑多様な諸問題の解明のために、既存の手法だけではなく物理学・化学・生物学の最新の手法も積極的に学んでいきます。

北海道大学 理学部の就職先

工学部では8割以がは大学院へと進学し、引き続き研究を続けていきます。
ここでは、大学院を卒業した後のおもな就職先をご紹介します。

・札幌市役所
・日立製作所
・東芝
・富士通
・NTTデータ
・塩野義製薬
・住友ベークライト
・気象庁
・花王
・大塚製薬
・NTT
・ドコモ
・日立化成
・中外製薬
・味の素
・キヤノン
・北海道大学
・東京大学
・京都大学

など

北海道大学 「理学部」の魅力

理学部での学びは、中学、高校で学んだ数学、化学、生物、物理、地学といった科目の延長上にあります。
しかし、高校までと大きく違うのは、自分自身の知的好奇心を頼りに、ゴールのない未知の世界に没頭することです。
これを学ぶことが理学部の魅力です。

武田塾では無料受験相談を受付中!

「北大理学部に行きたい!」「北大理学部を目指したい!」と思った人はぜひ無料受験相談におこしください!

皆さんひとりひとりに合わせて、入試対策をお手伝いさせていただきます!

-----------------------

▶武田塾札幌円山公園校校舎TOPページ

〒064-0801

北海道札幌市中央区南1条西24丁目1-6 レクシブ裏参道 6階

TEL:011-688-7067

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓