武田塾札幌校の校舎長ってどんな人?インタビューしてみました!

札幌校・

みなさん、こんにちは!

札幌駅北口目の前にある、勉強のやり方から徹底的に指導して成績を上げる、大学受験専門個別指導予備校の武田塾札幌校です!

予備校や塾を選ぶときに気にするポイントのひとつ、

「校舎の責任者ってどんなヤツなの?」

という疑問。

自分が通う予備校や塾の責任者がよくわからない人だったら、かなり不安ですよね(;^^)

 

ということで今回は、

武田塾札幌校の校舎長を紹介させていただきます♪

札幌校のトップページに真面目なあいさつ文が載っていますが、その実態やいかに!?

 

武田塾札幌校 校舎長プロフィール

large_b541410e-c7e6-4442-a544-6679471a9d46

氏名:渡辺 優太

年齢:33歳

好きなこと・もの:ダーツ、ラグビー、万年筆、THE BACK HORN、ひとの趣味の話を聞くこと

嫌いなこと・もの:にんじん、しそ、過大評価、過小評価

 

埼玉県生まれ、東京育ち。

中学まではよくいる「真面目な生徒」で、東京都立小石川高等学校(現・小石川中等教育学校)に進学。高校時代も真面目に過ごすかと思いきや、中学時代のパソコン部から一転、ラグビー部に入部し、高3の秋まで部活に明け暮れる。

勉強習慣など全くなく、部活引退後も勉強がうまく手につかず、現役時は受験したすべての大学で不合格に

高校卒業後、予備校には通わず自宅浪人し、自己管理の難しさに直面しながら、明治大学法学部法律学科に入学。少年法専攻と並行して教職課程を履修し、中学校および高等学校の教員免許を取得。

学校教育の在り方を考える中、「自学自習のやり方」から指導する武田塾に出会い、武田塾あざみ野校(神奈川県)の校舎長に就任。

その後、武田塾門前仲町校(東京都)、武田塾池袋校(東京都)の校舎長を歴任し、現在、武田塾札幌校校舎長として勤務している。

2019年5月に第一子が誕生し、絶賛子育て奮闘中。

 

そんな渡辺校舎長へインタビュー!!

渡辺先生の高校時代について教えてください♪

高校生男子

~前置きの中学時代から高校入学~

まず、前置きとして、中学生時代は本当に真面目な生徒でした。

もしニュースとかに出たとしたら「あんなに真面目だったのに…。信じられない。」って言われる例のやつです。

運動は苦手だったので、体育の評定が4で、それ以外は基本的に5を取っているような模範生!生徒会とかにも入っちゃってました。

そんな渡辺少年は、その成績と真面目に培った学力を活かして、東京都立の進学校である小石川高等学校に進学。

自主自律を重んじた、本当に良い高校でした。

 

そんな高校で、中学時代と同じように、真面目に勉学に励むかというと、

そうではありませんでした。

何を思ったのか、ラグビー部に入部したのです!!

運動が苦手だったのに、「高校から始める人が多いから、みんな同じスタート!」「ちょっと小デブでも活躍できるスポーツ!」という先輩方の熱烈アピールにより、僕の高校生活は部活を中心として回り始めることになりました。

(2019年はワールドカップもあり、心躍ってます♪)

ラグビー部

(↑服装・髪型自由の高校だったので、変な頭のやつがいますが気にしないでください)

 

~部活中心の高校時代~

運動嫌いだった僕にとって、最初はみんなに追いつくのですら必死でしたが、根が真面目な僕は一生懸命練習に励みました。

朝練も昼練も夕練もしっかり出て、家に帰ったら翌日に備えてグッスリ寝る生活。

「勉強より、今しかできない部活を頑張ろう!」と、楽しい仲間たちと一緒にグラウンドを駆け回っていました。

鎖骨骨折や頚髄損傷などを経験しつつも、高3の秋まで部活に明け暮れる日々。

 

気付けば20キロくらいダイエット完了してました(笑)

なんか体重とともに学力も下がってました(笑)

学年300人くらいいる中で、いつも290位台でした(笑)

居眠り

~大学受験へ~

そんな生活は高3の秋まで続きました。

でも最後の大会はあっけなく終わってしまい、そこから、周囲よりかなり出遅れた受験生活のスタート。

勉強習慣なんて全く無い状況での受験勉強。今さら予備校にも通えない。

一回目の受験は、今思えば、戦うスタートラインにもついていない状況だったと思います。

同級生の中には進学校特有の「MARCHなんて滑り止めっしょ!」感もあり、MARCH未満は受験しませんでした。

当然、全落ちしました。

 

~浪人生活~

当然のように全落ちした僕は、浪人生活へと身を置くことになります。

どこの予備校に通うかというと…

結局どこにも通いませんでした(苦笑)

 

高校で授業を聞いてもついていけなかったのに、いまさら予備校で授業を聞いても同じことだと感じたんです。

たぶん偏差値30とかしかなかったので。

当時、武田塾は無かったですが、そんなところですでに武田塾とシンパシーがあったんですね。

 

そんなこんなで自宅浪人。「宅浪」ってやつですね。

僕の宅浪生活は、本当に今の生徒たちには真似させられない内容でした。

生活リズムや勉強量など、毎日バラバラ。

本当に頑張ったと思えるタイミングもありましたが、堕落したタイミングも数知れず…。

(詳しく知りたい方は受験相談でお話しますね( ;∀;)でも、本当に経験しておいて良かったと心から思える1年でした。)

だらだら勉強

そんな紆余曲折があり、2度目の受験。

僕が受験したのは、早稲田大学法学部、教育学部、社会科学部、明治大学法学部、法政大学法学部です。

「マーチ未満には行かない」と心に決めていたので、滑り止めなどは一切考えず。(いまの受験生にはオススメしません。)

合格したのは明治大学と法政大学でした。

もちろん早稲田大学が第一志望でしたが、あと一歩及ばず…。

これについては後でまた言います。

 

結果、明治大学法学部に進学することになりました!

ここまでだけ見ると学歴コンプとか思われそうですが、偏差値30台から明治大学合格なら十分逆転合格だと胸を張って言えます!!偏差値30アップ!

 

どんな大学生活でしたか?

僕は現役時代は「法律家になりたい!」と思い法学部を志望していましたが、浪人生活に入り、今後の人生を考える中で「高校の公民科の教員になりたい!」と方向を定め直しました。

とはいえ、法律にはまだ興味があったので法学部も受験し、法学部に進学したので、「法律を学びながら教職課程をとる」という大学生活を選びました!

実際に学んでみると「憲法、刑法、民法…面白く無いなー。」なんて感じつつ、子どもの可塑性・更生を基本理念とした少年法に興味を持ちながら、卒業単位には含まれない教職課程の授業を必死に受ける日々!

部活をやるとバイトする時間が取れなくなるため、ラグビーとはさよならをして、接客系のアルバイトを続けていました!!

勉強・バイト・遊びをほどよくこなし、就活は教員採用試験の練習がてらちょろちょろっと面接を受けに行き、母校での教育実習を終え、夏には東京都教員採用試験を受け、無事に大学卒業!!計200単位を取得して卒業したというのが、意味のない自慢です。(普通は124単位とか。)

さて、ちゃんと卒業したのですが、ここ↓がポイント!

「面接受けた」「教採受けた」⇒合格したとは言ってない。

 

そう、就職が決まらないままの大学卒業になっちゃいました(笑)

 

なぜ武田塾の校舎長に!?

あざみ野懇親会

東京都の公立の教員採用試験は年に1度。

フリーターをしながら幾度か受けました。面接で落とされてました。

そんな中「そろそろ夢を追いかけるだけじゃまずいなー」「でも今の高校生の力になりたいなー」という想いで、とりあえず求人を探していて出会ったのが他でもない、武田塾でした。

”授業をしない、逆転合格、自学自習のサポート”

見つけたときに頭によぎったのが、自分自身の浪人生活でした。

 

『自己管理がなかなかうまくいかず、第一志望に届かず。

実はあと1,2問取れていたら受かっていたであろう自己採点結果。

それなら、あのサボっていた時間を少しでも減らせたら…。

今の受験生にそんな後悔をさせないためには、このやり方しかない!!』

ということで、武田塾にて勤め始めることになったんです。

yaruki_moeru_man

「授業を聞いているだけでは成績は伸びない。」と、真面目な中学時代に察していて、

実際にレベルの高い授業を高校で聞いても、やはりちんぷんかんぷん。

じゃあ周りに追いつくために自分で勉強しようと思っても、悩みやサボりが出てうまくいかない。

そんな実感を持っていたからこそ、武田塾の考え方に共感しちゃったんですねー(^^)

 

そんなこんなで、武田塾の校舎管理者として勤め続けて、札幌校で4校舎目になりました!

ここから札幌に永住するので、札幌校に骨をうずめることになりそうです(^^)

 

渡辺校舎長、みなさんへメッセージをお願いします!!

みなさん、こんな記事をここまでお読みいただき、ありがとうございます!!

ここまでご覧になって、「大したことないヤツだなぁ。」と感じていただいたかと思います!

その通り、僕は大したことない人間です!(笑)

でも、だからこそ、みなさんが持つ不安や悩みに強く共感できるのだと、自信を持っています。

 

「自分の勉強方法は正しいのかなぁ…成績伸びない。」

「勉強やらなきゃいけないのはわかるけど、何すれば良いの?」

好きでもない勉強をしないといけないのに、やり方がわからないって、本当につらいです。

僕は当時、塾にも予備校にも通わなかったので、誰に頼ることもなく、効率の悪い勉強をしていました。

結果、第一志望に合格できませんでした。

 

みなさんには、そんな遠回りをせず、目標の大学に合格し、その後の人生に繋がる経験を積んでいってほしいと心から思っています!

何をすれば良いのか困っていたり、愚痴がたまっていたら、武田塾札幌校にお話をしに来てください(^^)

何でも聞きますし、何でも答えます♪

DSC_0590

あ、マーチ卒のヤツが国公立や早慶志望を合格に導けるの?って思う人がいるかも知れません。

でも、

いけちゃってます(笑)

理由がちゃんとあるんですけど、武田塾歴は長いので、多くの生徒さんの成功や失敗を見てきましたし、各科目の勉強の進め方は熟知しています。そして科目ごとの個別指導は、自身で大学受験を成功させた現役の大学生たち(札幌校だと現状30人強の北大生)が対応してくれるからですね。

優秀な講師陣がいるからこそ、僕が明治大学卒でも、チームとしてみなさんを志望校合格に導くことができているんです!と、ここで宣言しておきますね!

参考:【武田塾札幌校の合格実績はこちら】

 

今どんな成績でも、偏差値の高い大学志望でも、そうでない大学志望でも、みんなウェルカムです!

こんな宣言をして、みなさんへのメッセージを終わりにしたいと思います。

 

こんなに長い文章を読んでいただき、ありがとうございました!!!

 

あとがき

桜

以上、武田塾札幌校校舎長の渡辺先生のご紹介でした♪

卒業生や保護者様からは、

「本当に話しやすい人です!」

「普段本当に優しいのに、言う時はズバッと言う。」

「生徒の性格に合わせて対応してくれる。」

という評価をよくいただいているようです(笑)

そんな渡辺校舎長とお話したい方はぜひ、受験相談にお越しくださいね♪

無料受験相談

 

ちなみに、札幌校の校舎紹介動画に渡辺校舎長が出ていますので、よろしければ合わせてご覧ください!↓↓

(余談ですが、渡辺校舎長は写真やビデオをとられるのが苦手らしく、テンションの低さと声の出てなさに表れています(笑))

 

 

========================

武田塾札幌校では、毎日、

無料の受験相談をおこなっております!

・北大に受かるためには何をすれば良い?
・部活終わってからの勉強でも間に合う?
・武田塾に入りたいんですけど…

などなど、受験にまつわる悩みに、個別でアドバイスをさせていただきます!

予約制となっておりますので、お気軽にお問合せください♪
↓こちらをクリック
無料受験相談

お電話でのお問合せもお待ちしております♪

集合写真

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
札幌!授業をしない大学受験専門予備校
【武田塾 札幌校】
〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4階(札駅目の前ファミマのビルです)
TEL:011-299-1576
札幌校HPトップはこちらhttps://www.takeda.tv/sapporo/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

thumbnail

みなさん、こんにちは! 日本初!授業をしない、大学受験専門個別指導予備校、武田塾札幌校です! …なんていう挨拶をちょくちょく入れてますが、 こう思いませんか!?   「塾・予備…