高校2年生・1年生でも、塾や予備校に行くべき?必要ない?

札幌校・

みなさん、こんにちは!

札幌駅北口から徒歩1分、勉強のやり方から指導をする大学受験専門個別指導予備校の武田塾札幌校です!

ここまで、受験勉強をしっかり進めてこれた生徒さん、そうでない生徒さん、様々かと思いますが、札幌校に通う生徒さんの多くは「しっかり勉強を進められた!センターまでの残り時間を必死にやり切ります!」とやる気に満ち溢れています!

そんな生徒さんたちの大部分が、「もっと早めに始めておけば良かった…。」と言っていますし、受験相談に来てくれる多くの高2生も「予備校って今から通ったほうが良いんですかね?」と悩みをお話してくれます。

ということで今回は、

「高校2年生や1年生など、受験学年じゃなくても予備校や塾に行くべきなのか」ということについて、どんな生徒さんが今から塾や予備校に通ったほうが良いのか、まとめていきますので、参考にしてみてください!

 

非受験学年でも塾・予備校に通うべきか否か

塾予備校行くべきタイトル

まず前提として、今、偏差値が高めの高校に通っていて、自分なりの勉強方法があり、校内での成績や偏差値がずっと上位をキープできている生徒さんであれば、通う必要はないです。

今の自分を客観的に見て、

▢学校の授業を聞いていない

▢学校の授業のレベルが自分に合っていない

▢学校の授業は受けっぱなし自分で勉強する習慣がない

高3の途中まで部活がある

▢偏差値60以上の難関大学や国公立大学を目指している

▢難関大学志望ではないが、今の偏差値が40台以下

 

上記のうち、

一つでも当てはまる場合は、塾や予備校に高2までに通い始めることをオススメします!

 

なんで早めに塾や予備校に通うべき!?

上の各項目に当てはまる人が、なぜ高1や高2から予備校に通うべきなのか、理由とともにご説明します!

少しでも当てはまりそうであれば、読んでみてください。

学校の授業を聞いていない

学校の授業を聞いてきた人は、少なからず断片的な知識が入っているもの。

受験勉強に本腰を入れたときに、少しでも知っている知識があるだけで勉強の進みは良くなります。

今まで授業をほとんど聞いてこなかった人は、全くのゼロの状態から勉強を始めていく必要があるため、いざ勉強を始めた時に時間がかかってしまいます

時間がかかる分、少しでも早く勉強を始めて、周りからの遅れを取り戻さなければなりません。

 

学校の授業のレベルが自分に合っていない

塾や予備校に通っていない場合の大半は、学校の先生の授業を聞いて科目ごとの理解を進めているはず。

そんな理解のきっかけになるはずの授業が、「簡単すぎる」とか「レベル高くて置いていかれている」という状況では、志望校に合格するための効率の良い勉強ができません。

学校で受ける授業のレベルを自分で選択できることは稀なので、自分のレベルに合った指導を受けられる塾や予備校に通う必要が出てきます。

居眠り

授業は受けっぱなし、自分で勉強する習慣がない

自分で勉強する習慣がないと、せっかく先生がわかりやすく解説してくれて理解した知識も、忘れ去ってしまいます。

これは塾や予備校に通い始めてからも同じことが言えますが、わかった知識を頭に定着させ、本番で活用するための勉強が絶対に必要です。

受験に向け、しっかり本番で活用できる知識にするための正しい勉強方法を少しでも早く確立する必要があります。

正しい勉強ができているかどうか確認するためにも、塾や予備校の「外からの目」があると良いのです。

 

高3の途中まで部活がある

もちろん可能な限り、部活は最後まで頑張って欲しいと個人的には思います。

ただ、部活を引退してから勉強を始めるというのは、一見区切りが良く見えますが、リスクしかありません。

たとえば今、高2で帰宅部の人が毎日5時間の受験勉強をしているとしたら、来年の今日までの1年間を単純計算すると「1825時間」の差が生まれます。

この「1825時間」を、引退後から巻き返していくのは至難の業です。

「絶対に受かりたい」という気持ちがあるのならば、部活をしながら、少しずつでも勉強を始めておくことが絶対条件です!

部活

偏差値60以上の難関大学や、国公立大学を目指している

一刻も早く受験を見据えた勉強をしなければなりません。

難関大学を目指す人は高2の終わりまでに基礎を固めている場合が多いです。

もし今までの勉強があまり進んでいないのであれば、あと半年足らずで基礎固めを終えなければなりません。

また、国公立大学を目指している皆さんは、受験科目が多いため、高3の夏ごろにはセンター(共通テスト)科目の勉強も含め、時間的にかなりカツカツです。今のうちに二次試験に必要な科目の基礎は終わらせておかないと、間に合わない可能性が出てきてしまします。

学校のペースに任せきりではカリキュラムが終わりきらないことも多いため、塾や予備校で先どって勉強を進めていくことが望ましいのです。

 

難関大学志望ではないが、現状の偏差値が40台以下

受験対策というよりも、勉強そのものをしっかり立て直すところから始まります。

中学までの知識は入っているのか確認したり、そもそも勉強に集中できる時間を増やしていくことが優先されたり、周りより一歩遅れたスタート地点にいる場合が多いです。

受験学年からそれを始めるのは時間的にかなり厳しいのが現実です。

少しでも早く環境を変え、「勉強する姿勢」を作っていくことが重要です。

yaruki_moeru_man

大学受験は時間との勝負!

上記をすべてまとめてお話すると、やはり時間との勝負ということ。

今がどんな学力であろうと、学年が同じなら受ける日程は一緒です。学力をつけておくべき締め切りは決まっているのです。

「今の学力が低い、部活が忙しい、行事に全力を尽くしたい、でも大学に合格したい。」

高校生活を楽しみながら志望校に合格するためにも、少しでも早く受験勉強に向き合う環境に足を踏み入れておくことがとても大事だということを理解してください(>_<)

 

センター試験から共通テストへの変更を踏まえて

共通テスト文字だけ

今、学校の先生方や塾・予備校の職員も必死に情報をかき集めている「大学入学共通テスト」

細かな変更点は後日またまとめてお伝えしようと思いますが、

ただの暗記知識を使う問題ばかりではなく、思考力・表現力・判断力をもとに解答するテスト形式にするというのが、確定しています。

複数資料の読み取りや、会話形式の設問、それらを記述により解答する問題が出題されます。

基礎部分を固めるという勉強のやり方は今までと全く変わりません。しかし、それら基礎知識を活用して解答しなければならないという意味で、基礎固めを早めに終わらせ、演習量を増やしていく必要があるのです。

その演習にあてる時間を増やすという意味でも、塾や予備校に通って、少しでも早く基礎固めを終わらせていくというのが、今後の受験を戦う上でのカギとなってきます。

また、いまだ多くの大学が共通テストや英語4技能の認定試験をいかに利用していくのか、決め切れていないのが現状。

自分に合う入試形式を選ぶための情報戦という色合いも強くなってきます。それらの情報をいち早く得るために、高2のうちから塾や予備校に通うということも必要になってきているのです。

 

塾・予備校に通う際の超注意点

受験相談

塾や予備校選びに迷っている皆さんに必ずお伝えすることがあります。

それは、「塾や予備校に通えば成績が伸びるとは思ってはいけない」ということ!

頭ではわかっていても、行動が伴わない生徒さんが多いので、これは本当に注意してください。

どんなにわかりやすいプロの講師の授業を聞いたところで、翌日に内容を忘れていたら、今まで学校の授業を受けっぱなしにして成績が伸びなかったのと全く同じ状況の繰り返しです。

やるべきことはどこの予備校に通おうが同じ!

学んだことを本番で活かせる知識として頭に定着させること!

塾や予備校に通い始めると、「授業を受けることが目的」になりがちですが、それでは成績は伸びません。

塾や予備校は知識を入れるきっかけとなる、道具に過ぎません。

その道具をうまく使うことによって、成績を上げていってください!!

ちなみに武田塾は一般的な塾や予備校と違い、授業をしません。

勉強のやり方(やるもの、やる量、やるタイミング、定着度、改善策)のアドバイスを行う、授業をしない塾です。

詳細はこちらからどうぞ↓↓

武田塾ってなんで成績伸びるの?授業をしないってどういうこと?
なんで成績伸ばせるの⁉a

武田塾札幌校の合格実績はこちら

札幌校合格実績タイトル用

 

無料受験相談

 

まとめ:高1・高2から塾や予備校に行くべきか

非受験学年から塾や予備校の通うべきかどうかは、今の自分の状況に大きく依存しますが、

塾や予備校のホームページをこうやってチェックしているということは、現状に不安を持っているはずですよね(笑)

これを見ている人は、まずは塾や予備校の説明を聞きに行ってみることが一番のオススメです。

今の自分がどういう状況に置かれているのか客観的に見てもらい、受験のプロに最善策を一緒に考えてもらうことが成績アップへの近道と言えるでしょう(^^)

 

生徒写真

↑札幌校にこの夏入塾した高校2年生。

北大やマーチ関関同立レベル以上の難関大学を目指しています。

「今のままではマズイ!」ということで受験相談ののち、入塾。

毎日のように武田塾の自習室に来て勉強しています!!

皆さんも負けないように、少しずつでも勉強を頑張っていきましょう!!

 

 

========================

武田塾札幌校では、毎日、

無料の受験相談をおこなっております!

・北大に受かるためには何をすれば良い?
・部活終わってからの勉強でも間に合う?
・武田塾に入りたいんですけど…

などなど、受験にまつわる悩みに、個別でアドバイスをさせていただきます!

予約制となっておりますので、お気軽にお問合せください♪
↓こちらをクリック
無料受験相談

お電話でのお問合せもお待ちしております♪

集合写真

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
札幌!授業をしない大学受験専門予備校
【武田塾 札幌校】
〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4階(札駅目の前ファミマのビルです)
TEL:011-299-1576
札幌校HPトップはこちらhttps://www.takeda.tv/sapporo/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇