講義系参考書の正しい使い方!! 1周目は? 2週目は? 直前期の過去問をやる時は??

神戸三宮校・

こんにちは!武田塾神戸三宮校です。参考書には講義系の参考書と問題集形式の参考書があるのをご存知ですか?講義系の参考書で知識の整理(インプット)を行い、問題集形式の参考書でインプットした知識を引き出せるか(アウトプット)して初めて試験で点数を取る事が出来ます。

最終的には問題集を解きまくりアウトプットをしっかり出来るかどうか?と言うのをしていくのですが、かと言って講義系を疎かにしては行けません。

アウトプットは非常に重要な要素です。ただ、振り返りと言う位置で講義系の参考書で今までの知識の整理をする。というのは非常に重要な要素になってきます。

日本史は特に陥りやすいですが、問題集形式の参考書のみの場合、知識が「点」になってしまいます。「点(出来事・人物)」を「線(通史)」で理解するには教科書、講義系参考書で流れを整理しないと少しひねられた(問題集と隠してる箇所が違う)だけで分からないと言う事があり得ます。

ですのでしっかり整理していきながら理解を深めていくために是非講義系の参考書を活用していきましょう。

 

武田塾では、一人一人が目標に向かって頑張っています。

武田塾の勉強法でやれば、成績は必ず上がります!

今の勉強法に悩んでいる人や諦めかけている人
あなたも武田塾で逆転合格しませんか?

武田塾神戸三宮校をもっと知りたい人は校舎まで来てください!(^^)!


大学受験に関してお悩みがある方

⇒武田塾の無料受験相談をご予約下さい♪

_______________________________________
大学受験の逆転合格専門塾【武田塾神戸三宮校】
〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町4丁目3-3
GH三宮駅前ビル5F
(JR 三ノ宮駅 徒歩2分
阪急・阪神 神戸三宮駅 徒歩4分
地下鉄山手線 三宮駅 徒歩4分
ポートライナー 三宮駅 徒歩4分)
TEL:078-271-2115
武田塾天王寺校のホームページこちら
______________________________________

タグ:,