ウエイトトレーニングが勉強の効果を高めてくれる??

神戸三宮校・

こんにちは!武田塾神戸三宮校の藤原です。

武田塾は授業をせず、一人ひとりに合ったカリキュラムで自学自習を応援する予備校です。

 

本日は勉強が嫌いな受験生に対してモチベーションアップの記事を書いてみたいと思います。

さて、高校生の皆様、勉強は好きですか?

ほとんどの方は勉強があまり好きではないと思います。

でも学生にとって勉強は避けて通れないもの。いやいやながら机に向かってもすぐ集中力が途切れてしまいテレビを見てしまったりスマホを触ってしまったりしてしまうかもしれません。

でも、そんないい加減な勉強法ではなかなか身についてくれません。

そこで本日は、少し視点を変えてワークアウトを例にして説明してみたいと思います。

勉強は時間ではなくインターバルを挟んで効率的にしましょう!

集中力を高めるメカニズム

ワークアウトも勉強も同じであるが、100%の力を発揮するためには適度なインターバルを挟むことが必要です。

インターバルが全くない状態だと逆にマイナスになる可能性大です。

効率的に全身を筋肥大しようと思えば週に3分割、4分割で鍛えていくのが一番効率がいいです。

残りの3日、4日は休憩しているわけです。実はこの休憩機関は超回復期間と呼ばれておりトレーニングで破壊された筋細胞が回復し大きく強靭な筋肉が出来上がります。

これを毎日同じ部位をトレーニングしてしまうと破壊ばかり起こってしまって回復せず結果が出てこないだけでなく関節のケガなどが誘発されてしまいます。

つまり勉強に関しても同じで、脳を長時間フル稼働させることはさほど効率的ではないです。

適度に休憩をはさみながら勉強していくのがいいと思います。

そこで僕がおすすめするのが5分休憩勉強法

まず自分で勉強時間(5分、10分、15分)何分でもいいので決めて勉強してみましょう。

そして時間が来たら休憩をはさみます。

これの繰り返しで脳が復活し勉強に集中できます。

これでは勉強時間が短すぎて話にならないと思う方もいるとお思います。

でも心配無用です。

人間には作業興奮という機能が存在します。

作業興奮とは物事を5分間継続すると意外にも長時間できるというものです。

だからこそ最初の5分だけでも誘惑を振りきって勉強してみてください。

すべての誘惑に背を向けた人間だけが結果を出せます。

休憩時間に何をすればいいの?

ズバリ、ウエイトトレーニングです。

ウエイトトレー二ングで勉強の質を高めていこう!!!!

ウエイトトレーニングと勉強は関連性がないと思う方もいらっしゃると思いますが、蜜に関連しています。

いつウエイトトレーニングを行えば最も効率が上がるのか説明していきたいと思います。

・勉強前

ウエイトトレーニングは筋肥大や筋持久力を高めるものとされていますが。トレーニングを行うことで、筋肉だけでなく脳を含めた全身に血流がいき渡ります。脳への血流が増えればヤル気、集中力が増していきます。

いざ机に向かってもなかなかヤル気が起きず、単なる作業になっている方は、トレーニングを行ってアドレナリン、ドーパミンをたくさん分泌させて脳にスイッチを入れてから始めるようにするといいかもしれません。

・勉強中

英単語、社会科系、数学の公式など暗記は勉強には必須ですが、なかなか覚えられないといった経験があるかもしれません。

そんな時は、先ほど説明した5分間のインターバルでトレーニングをしてみましょう。

人間は1つのことに集中しすぎると脳への血流が極端に減少してしまいます。

トレーニングによって脳への血流が増え結果、定着しやすくなります。

また、体もリフレッシュされより勉強に集中しやすくなると思います。

・勉強後 

受験期になってくると勉強時間が長時間になってくることがあります。

長時間勉強していると血行不良に陥って肩こりなどの倦怠感や体調不良を起こす可能性があります。

トレーニングで心身共に回復させて翌日の勉強の質を高めていきましょう。

トレーニングの強度ですがあまり高強度だと免疫システムが低下し体調不良が起こりえます。腕立て伏せや腹筋などの軽いトレーニングを行うようにしましょう。目安は10回3セットぐらいです。

授業を受けても伸びている実感がない人へ

授業をしないと聞いてどんなイメージを持たれるでしょうか?

授業のしないんだったら何するの?
本当に成績が上がるの?
色々なイメージがあると思います。

hr2L85d4tYOB7a6iSww9KhZv3H6Un4Pm4LRwuyyr

武田塾ってどんな塾?

では、さっそくどんな塾か見ていきましょう。

武田塾では、授業をしない代わりに自分で参考書・問題集を使用して勉強するスタイルを取っています。

ただ参考書を用いて独学を行うのではなくスケジュール管理を徹底的にします。
入試までの残り日数を逆算し一日一日やるべき課題をどのように進めていけばよいかを細部まで分かりやすくレクチャーします。

基本的に河合塾・代々木ゼミナールさんのような大手

予備校では集団形式で授業していますが、クラス分けがされていても一定のレベル差は必ず存在し、先生ごとの指導法がかなり異なるためその結果自分の型にハマっていない生徒は中々成績が上がりません。

私が某大手予備校で講師をしていた時のエピソードを一つ共有したいと思います。
英単語の暗記方法の講義をしていて一週間に100語テストしていました。
ある生徒は小テストまで何回も繰り返し書き隙間時間に単語帳を見たりして真面目に取り組んでいたにも関わらずなぜか100点中20点ほどしか取れませんでした。

原因は何だろうと凄く悩みました。

ある日自習室でその生徒が休憩中に下敷きに何も見ずに歌詞を書いているのを見てどうやって覚えたのと聞くと聞いて覚えたと言ってくれました。

これをヒントにこの子は耳から入ってくるタイプだと考え英単語を聞く方法に変えたところなんと80点取れたんです。

なのでこのことから分かるように個々のタイプを的確に理解し指導しなければ成績向上は見込めません。

 

また、成績を向上させるためには「わかる・できる・やってみる」の3ステップが必要になっています。しかしながら、大手予備校では理解の部分しか管理してくれません

理解の部分だけで成績が決まるのだったら同じ授業を受けている生徒みんな同じような成績になるはずですよね?

でも実際は成績優秀な生徒もいればそうでない生徒もいると思います。

このことから分かるように授業だけでは不十分で授業後にどれだけ復習するかによって成績が決まります。

これを解消するシステムが武田塾にあるのです。

 

それでは武田塾のシステムを詳しく見ていきましょう。

武田塾の強みpart1

授業をしない

一般的な予備校では集団指導形態で授業を行い費用を頂くというシステムになりますが、武田塾では基本的に生徒自身で参考書・問題集を用いて自習していきます。

自習と言っても勉強の仕方、ペース配分、いつから勉強を始めればよいかなど分からないことがたくさんあると思いますので武田塾では管理・サポートしていきます。

前述したとおり生徒の型にはまりこむ授業でなければ成績は上がりません。なのでいっそうのこと授業をする一般的なスタイルを排除することにしました。

これにより生徒一人ひとりの性格を考慮し的確なカリキュラムを組むことができます

 

武田塾の強みpart2

完璧になるまで絶対先に進まない

学力を急激に上げるためには、自分のレベルに合った参考書を一冊完璧にしていくことが催促・最短の勉強法です。書店にもいい参考書はたくさんあるので現在のレベルに合った参考書を一冊徹底的にすることで予備校のテキストを完璧にした同じ状態になります。

予備校なら1週間に1単元しか進まない英文法でも独学で進めていけば数倍の速さで学ぶことができます。

予備校で90分でする授業が参考書で独学すれば20分で学習完了する事も出来ます。

そして独学で解いた問題で間違った問題には/、できた問題には○をつけてその日のうちに全問正解出来るまで繰り返します。

武田塾の強みpart3 

参考書を用いれば復習が楽になる

独学をすると言ってもモチベーション管理スケジュール管理が難しいと思います。

武田塾では2つの管理でさぼれないようになっています。

毎回「何時から何時まで自習に来る」ということを生徒さんと約束しその時間にしっかり来ているかを確認します。

自習時間に何をどのようにどれぐらいのペースで進んでいけばよいかを明確に示しますので生徒は自信を持って学習に取り組むことができます。

武田塾の強みpart4

確認テスト&独自の個別指導

自習した内容を定着させるために一週間分の内容から抜粋テストを行います。合格点は80%に設定されており下回った場合はもう一度同じ範囲を学習し抜けを無くした状態で次に進みます。

80%と聞くと隊紛争に聞こえますが講師に言われた通りにしっかり対策すれば必ず得点できるようになっていますので安心して下さい

 

確認テストの後、特訓を行います。特訓とは個別指導のことですがスペシャルな個別指導です。

大手のフランチャイズが展開する個別指導は生徒の分からない問題に答えたりひたすら問題を解いたりするだけで、勉強法やペース配分、間違った問題の原因追及まではしないと思います。

一方で武田塾の特訓は以下のことを確認します。

その週の課題が正しく行われていたか(ペース配分、勉強法、ノートの取り方等)

確認テストで間違った問題の原因分析

・正解した問題の説明→英文法教材Next Stageを例にすると、4択形式の問題で何となくで解答を選んだ経験は無いでしょうか?何となく感覚で解いているとなかなか点数が安定しません。なぜその選択肢が答えなのか、他の選択肢がなぜ間違えているのかを徹底的に考えることで得点の安定性が得られます。

このように武田塾の特訓は他の個別指導をはるかにしのぐ力があります。

このように武田塾では生徒一人ひとりのオーダーカリキュラムを組むことでベストな勉強法を提供します。

ここまで武田塾の指導方法・特徴を見てきました。もっと詳細が知りたい方は是非武田塾神戸三宮校に受験相談しに来てください。また、「勉強がうまくいかない」「何から始めたらいいかわからない」という人は、ぜひ武田塾の無料受験相談にお申込みください!


武田塾の勉強法でやれば、成績は必ず上がります!
今の勉強法に悩んでいる人や諦めかけている人
あなたも武田塾で逆転合格しませんか?
武田塾神戸三宮校をもっと知りたい人は校舎まで来てください!(^^)!

無料相談

河合塾の中身や評判はこちら

河合塾マナビスの中身や評判はこちら

駿台の中身や評判はこちら

東進の中身や評判はこちら

四谷学院の中身や評判はこちら

増田塾の中身や評判はこちら

秀文館ゼミナールの中身や評判はこちら

藤井セミナーの中身や評判はこちら

アクシブアカデミーの中身や評判はこちら

関西個別指導学院の中身や評判はこちら

個別教室のトライの中身や評判はこちら

_______________________________________
大学受験の逆転合格専門塾【武田塾神戸三宮校】
〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町4丁目3-3
GH三宮駅前ビル5F
(JR 三ノ宮駅 徒歩2分
阪急・阪神 神戸三宮駅 徒歩4分
地下鉄山手線 三宮駅 徒歩4分
ポートライナー 三宮駅 徒歩4分)
TEL:078-271-2115
校舎独自サイトこちら