大学入試共通テストの情報がついに公開!!どうなる新テスト?!

堺東校・

大学入試共通テストの情報がついに公開!!どうなる新テスト?!

こんにちは!武田塾堺東校です!☺☺

高校2年生のみなさん!!ついに!!やっとこさ!!待ちに待った!!遅すぎやろ!!

大学入試共通テストの情報が公開されました!!!

早速まとめていきたいと思います(^^♪

image0 (7)

大学入試共通テストの出題方法

まず、かつて言われていた国語と数学ⅠAの記述問題はでません!!

すべてマーク式で、試験時間は

国語 ⇒ 80分

数学ⅠA ⇒ 70分

数学ⅡB ⇒ 60分

となっています!

センター試験と同じマーク式ですが、出題傾向は当初の予定通り新試験です(`・ω・´)

センター試験の出題傾向には戻らないので注意してくださいね!

 

大学入試共通テストの問題作成方針

①大学入試センター試験における問題評価・改善の蓄積を生かしつつ、共通テストで問いたい力を明確にした問題作成

②高等学校教育の成果として身につけた、大学教育の基礎力となる知識・技能や思考力、判断力、表現力を問う問題作成

③「どのように学ぶか」を踏まえた問題の場面設定

つまり、今までの暗記でどうにかなっていた問題ではなく

その場で考えて解決する思考力が問われる問題が増えるということです(`・ω・´)!!!

 

英語の出題傾向

〇文法 発音・アクセントの単独出題がなくなる

⇒その代わりに長文が主体の問題になる!!

〇長文主体になるが、長文の難易度自体は低くなる

英検3級~2級レベルの問題

〇与えられた文章に関して考える力が重要

⇒どんな情報を得るべきか判断する

〇問題文をしっかり読んで考える練習が必要

⇒インプット教材は今までと同じでいいですが、最終的には共通テスト対応の問題集をやりましょう!

 

リスニングの配点・試験時間は?

〇配点

リスニング 100点

リーディング 100点 計200点

〇試験時間

リスニング 

問題を聴く時間 30分

問題を解く時間 30分 計60分

今年のセンター試験では問題が25問で、各2点の計50点でしたが、

新テストでは、配点は一問、3~4点になると思われます!

リスニングについては、配点時間は倍になありましたが、問題数が倍になったわけではありません!

しかし、問題数は多少増える可能性はあります(30問前後…?)

なので、聴く量は大きく変わらないとは思われますが、色々な文章に対応できるようにしておく必要はあります( ˘ω˘ )

 

まとめ

〇記述はなくなったが、問題形式は変わるので、同じ感覚ではできない!!

⇒慣れない問題なので、現時点では難しいと感じると思われます

〇基礎を積み上げて対策すれば点数は取れる!!!

⇒今は基礎知識を定着させることが重要です!!

恐らく新傾向に対応した問題集・参考書は続々でてくると思うので、それまでは今まで通り基礎を固めていけば大丈夫です(*^^*)

必要以上に不安にならず、一緒に頑張りましょう!!

 

共通テストの最新情報は分かり次第更新させていただくのでお見逃しなく(^O^)/

 

大学入試共通テストに関する武田塾チャンネルはこちら↓↓

 

 

 

また、武田塾堺東校では随時受験相談を承っています!

お気軽に電話にてお申込みください!

お問い合わせ・無料相談はこちら!!
TEL:072-245-9553(電話受付時間13:00~22:00 日曜日を除く)

校舎独自サイトはこちら