センター試験後の勉強方法!

堺東校・

センター試験後の勉強方法!

こんにちは!武田塾堺東校です!

みなさん、センター試験後の勉強方法をご存じですか??

今回はそれをご紹介します!以下の4つが大きな流れです。

 

①過去問を解く

②合格者平均点や合格者最低点と比較する

③差を埋めるために必要なことが何かを知る

④そこにアプローチする!

どういう事なのか、詳しくみていきましょう。

pose_gutspose_couple

 

①過去問を解く

当たり前ですが、まずは過去問を解きます。

志望校の過去問はその大学がどのような能力を持つ学生を求めているかが反映される、いわば情報の鏡です。

一教科が大問いくつで構成されていて、それぞれ大まかにどんな内容かを説明できますか?

実はこれができる人とできない人には大きな差があります。

受験する以前に、その大学の過去問について知識が無さすぎるのは考えものです。

 

まずは解きましょう。ですが!解くときの注意点があります。

それは、解くのにかかった時間を必ずメモしておくということです。

なぜなら、解き切るまでにかかった時間を毎回記録することで今後のペース配分や問題への取り組み方が改善できるからです。制限時間を気にするより、まずは時間をそれほど気にせずに解いてみましょう。

 

②合格者平均点や合格者最低点と比較する

次にするのは、合格者平均点や合格者最低点との比較です。

過去問を解いてこれはいける!と思っても、平均点によって合格できるかは分かりませんよね。

なので、過去問を解いたら「合格者はこれくらいの点数を取っているのか」という視点を持って自分を眺めてみましょう!

 

ただし、重要なのは点数ではなく、「本来は取れるはずなのに落としてしまった問題はないか」本来は取れない問題なのに勘でたまたま取れてしまった問題はないか」「解けない問題なのに解こうとしてしまい時間のミスをしてしまっていないか」などです。

 

ついつい点数をupさせることに意識が向きがちですが、これらについても合格者平均点との比較の上、しっかり分析してみましょう。

 

③差を埋めるために何が必要かを知る

そこで、「今の実力で本来取れるはずだった点数との開き」と「本番自分が取りたい点数との開き」をどうやって埋めるかという点が重要になってきます!

 

例えば、自由英作文がどうにも書けない…という時、単語数の制限に引っかかって書けなかった場合やテーマに対する語彙が不足していて書けなかった場合、言い換え表現が分からなかったたため書けなかった場合など、理由が必ずあるはずです。

理由は一つとは限りませんし、それならば必要なことも増えると思います。

 

過去問演習を通じて、自分に何が足りていないのかを考えましょう!

 

④そこにアプローチする!

ここまでの流れで、自分が合格するためにどのくらいの点数の差があり、何が足りていないのかを認識できたはずです。

次にやるのは、足りない部分へのアプローチです!

ここでは、英作文(和文英訳)の勉強方法について例にあげましょう。

英作文が書けない、点が取れないというのには要因がいくつか考えられますので、考えられる原因と対処法を書いていきます。

・必要な単語が分からない⇒必要なレベルの単語力を身につける

・単語は分かるが表現が不自然⇒例文を頭に覚えさせる

・日本語の意味を理解できず英語で何を書けばいいか分からない⇒国語の問題です!

・単純に文法ミスがある⇒文法を確認

・使うべき文法が分かってない⇒問題演習を重ねて慣れる!

 

またどのレベルの単語が必要なのか、については以下の動画を参考にしてください!

">

 

 

これら①~④のプロセスを繰り返し繰り返し実践することで、センター試験後の勉強もはかどることと思います!

私も、今までの積み重ねに加えて、センター後から二次試験までの期間にやった勉強のおかげで、忘れていた記述の解答の作り方や難易度の高い英語長文などに慣れ、合格をつかめたのではないかと思っています。

これからも引き続き、二次試験や私大一般入試に向けて頑張ってくださいね!!

 

 

また、武田塾堺東校では受験生以外の学年の方でも無料受験相談に来ていただくことができます。

お気軽に電話にてお申込みください!

お問い合わせ・無料相談はこちら!!
TEL:072-245-9553(電話受付時間13:00~22:00 日曜日を除く)