【科目別対策情報】同志社大学 ~物理・生物~

大阪校・

こんにちは!

授業をしないで逆転合格、でお馴染みの武田塾大阪校です!!

もうすっかり秋めいてきたと思ったら、暑い日もあり・・・とよくわからない日々が続いていますね。

武田塾大阪校の塾生のみなさんは、そんな微妙な天気に負けず、ラストスパートに努めてくれています。

 

さて、今回は科目別対策情報として、同志社大学の生物・物理の情報をお伝えします!

 

【物理】

◆試験時間 75分

◆配点   150点(※一部200点に換算される学科あり)

◆難易度  標準~やや難

◆構成   大問3題

◆特徴

 ①力学・電磁気は必ず出る!波動・熱力学が交互に出るようなイメージ

 

 ②空欄問題において、大問一つから様々な分野にまたがって出題される傾向がる

(対策)→問題集での演習において、単元ごとだけの練習では対応できない。演習系参考書が終了したら、講義系参考書(説明メインの参考書)等を使って、各分野の全体像をしっかりつかんでおく。簡単な問題集において、全出題パターンを把握しておく。

 

 

【生物】

◆試験時間 75分

◆配点   150点(※一部200点に換算される学科あり)

◆難易度  標準

◆構成   大問3題

◆特徴

①知識を問われるもの・計算・論述問題は出題。資料集等にも目を通しておく必要あり!

 

②いろんな形式の出題に慣れておく練習が必要!基礎知識を出題形式に応じて使いまわせる力をつける!なぜそうなるのか?という観点でしっかりと理解を深める!

 

 ◆おすすめ参考書

 『生物必修整理ノート』

 『理系標準問題集』

 『リードLightノート』

seibutu-no-hissyuseirino-to_3001

61u9hgl1g5l-_ac_ul320_sr228320_

61b1wx-ol8l

 

 

いかがでしたか?

参考書は何を使うか、も大切ですが、その使用法が力の付き具合を左右します。

どんなことに注意すればいいのか、どれくらいやればいいのか、など

不安なことが出てきて当然です。

そんな不安がある人は、お気軽に、武田塾大阪校にご連絡ください!!

武田塾には、参考書の自学自習でたくさんの先輩たちが合格してくれました。

そのノウハウを皆さんにも知ってもらいたいので、

たくさんの方からのお問い合わせをお待ちしています!!

dsc_0018-e1455772801684

武田塾大阪校受験相談を希望される方はこちらから → 受験相談申し込みフォーム

武田塾大阪校HP → 武田塾大阪校HP