【大学受験なら武田塾】下宿、私大文系、卒業までの4年間でかかった総額公開します!

大阪校・

私立文系は卒業までにいくらかかるのか?

1003

こんにちは!大阪校のMです!

地方出身の私が、大学入学から卒業まで総額でいくらかかったのか、大公開したいと思います!

 

▶大学入試にかかる総額はこちらから

 

学費などの大学に収める金額

学業に励むためには、まず大学に学費の支払いが必要になります。私が卒業した関西学院の学費を紹介します。

  第一学年 第二学年 第三学年 第四学年
入学金 200,000 - - -
授業料 777,000 804,000 804,000 804,000
教育充実費 182,000 212,000 212,000 212,000
合計 1,159,000 1,016,000 1,016,000 1,106,000

学校に納入する金額だけで合計4,207,000円(4年間)です。

その他に部活やゼミ活動、留学のための費用が必要となります。

教科書代も別途かかってきますが、大学で使用する参考書は高額なものが多く、毎学期大きな出費となります。

マクロ経済学の教科書や教職の教科書、1冊6000円というものを数冊買った時はとてもひもじい思いをしました…。

 

★国公立の年間の学費は4年間で245万円程度です

 

国の奨学金

1003-1

日本学生支援機構の奨学金を借りている学生が多いですが、これには無利子柄と有利子型があります。

世帯の年収に応じて年利が決定されますので、事前申請時に確認してください。

世帯年収ではなく、卒業後の収入に応じて年利を決めて欲しいのですが…。

 

さあ、気を取り直して…奨学金の金額は個人で決めることができます。月額2万円~12万円まで。

借りている金額から保証金のようなものが引かれて、毎月口座に支給されます。

みなさん、全額返済までは大学卒業後15年前後程度かかっているようです。

 

月額6万円借りた場合、合計で288万円。これに利息を付けて返還することになります。

社会人になってから、本当に自力で返還できる金額か、よく考えてから借りるようにしましょう。

 

家賃などの生活費・交際費・公共料金など

一人暮らしをする場合、下宿や一人暮らし先が必要となります。

各大学、学生寮を持っていたり(世帯年収で選考がある場合が多いです)、大学周辺で下宿をできたり、生協が紹介してくれる学生マンションなどがあります。

賃貸に住む場合、敷金・礼金もかかりますので、不動産屋さんに交渉することも考えてみましょう。

私が住んでいた学生マンションは家賃(共益費込み)が月額6.5万円、毎年更新時に2万円がかかりました。

4年間総額(敷金・礼金)で、約338万円くらいでした。

引っ越し費用を入れると、だいたい居住関係で445万円くらいです。

 

一人暮らしをすると食費や交際費、交通費(学割定期など)に月4万円程度、年間で約48万円、4年間で約192万円です。

水道光熱費は日本の平均が月1万、つまり4年間で48万円です(一人暮らしの場合)。

携帯電話代を月12,000円で考えると、4年間で約58万円

 

これらの合計で約743万円です。恐ろしいですね。

 

入学時、実はこれくらい必要

・実家から下宿先までの交通費(地方の場合) 約4万円

・入学式のスーツ代 約3~5万円

・パソコン代 約10万(スペックによる)

*エクセルのソフトも別途用意。大学が無料でインストールしてくれる学校もあります

・家具家電 約20万円

・雑費 約5万

合計 約42万円

 

帰省やイベントにかかるお金

年2回の帰省+成人式時の帰省交通費 4年間で約36万円

成人式の前撮りや衣装レンタル 約40~60万円(女の子の場合)

卒業式の袴のレンタル代・ヘアー代、ドレス代、謝恩会費等 約8~10万円

帰省やイベントにかかる総額は約84万円ほど

 

短期留学した場合

各大学の夏休みの1ヶ月の短期留学に参加した場合は、平均してだいたい40~60万円程度かかります。

これに追加して現地での生活費がかかります。

 

奨学金とバイト代でどれくらい収入があるのか?

0921-1

奨学金を入学時特別増額で50万円、月額115,000円(年間で138万円)を借り、週3日アルバイトをした場合の収入年間約85万円。

4年間で、入学時特別増額50万+月額552万円、アルバイト代約340万円を確保することができます。

合計で942万円です。まだ少し足りませんが、今までの学資保険が大活躍する時です!

 

結局、総額いくらなのか?

交通費の違い、学部の違い、留学の有無などで違いますが、上記の例でいくと、4年間の合計金額は約1,289万円です。

短期留学などに参加した場合、これに参加費が追加されることと、ここに就職活動費用は反映されていません

就職活動は活動場所などによりますが、だいたい別途20~30万円程度必要になります。

 

総額を減らすための工夫

固定費を減らすために、電気代を減らす工夫をしたり、色々な工夫をすることができます。

私が気を付けていたポイントはこちら

・長距離の移動には学割を使う、手段も高速バスやLCC、こだまを利用する

・教科書は可能な限り先輩にもらう

・ポイント、セール、割引、学割などを活用する

・携帯電話をキャリアから、格安SIMに変える

・可能な限り100円ショップを利用する

・自炊する、学食や寮食を活用する

これらをうまく活用することで大幅に固定費を減らすことが可能になります!

 

大学受験に関する情報をどこで探したら良いかわからない!!

大学受験には大変な金額のお金が必要になります。どのように受験校を決めていけば良いのかわからない、そもそも大学受験の勉強がわからない、という方も多いのではないでしょうか?

まずは自分の学力レベルを把握し、適切な勉強方法で学習を進めていくことが大切です。

わからないことがあれば、いつでも無料の受験相談にお越しください。

 

▶ インターネットでのお問合せはこちら

▶ メールでのお問合せ osaka@takeda.tv

▶ お電話でのお問合せ 06-6371-7555

 

無料受験相談

関連記事

1004

入試の出願費用など、必要な経費を公開します! こんにちは!大阪校講師の熊谷です。今日は僕が入試を受験する際にかかった経費を思い出して、記事にしました。 入試に実際いくらくらいかかるか気になるけど聞けな…

0704-3

関西学院での大学生活 関西学院とは こんにちは!武田塾大阪校校舎長のMです。今日は私の母校、関西学院大学をご紹介します! 関西学院大学は兵庫県西宮市に本部を置く歴史のある総合大学で、2万人の学生が学ん…

0109

関西学院大学とは 関西学院大学の概要 関西学院大学はキリスト教主義教育を実践するクリスチャンスクールです。 大学は11学部と大学院を有する総合大学で、主に利用するキャンパスは上ヶ原キャンパス(メイン)…