【vol.19】地元国公立vs難関私立(早慶関関同立)どっちにいくべき!?|受験相談SOS

 「さ、今日の相談はなんですか?」

新井 「はい、本日はですね、地方に住んでる方なんですけど、地元の国立か早慶やMARCH関関同立どちらが良いのか?という質問なんですが」

 「これはですね、きっとね高校の先生にいろいろ言われてんだよ」

新井 「そうなんですか?」

 「そう、絶対地元の大学行けって言われてるから、こういうね、相談メッセージがくるわけですよ」

新井 「なるほど」

 「だけど、武田塾は言いたい。早慶リーズナブルと。意味わかる?」

新井 「早慶がリーズナブルと。」

 「そう。例えばね、広島大学行くってったらこれさ、たくさん教科勉強しないといけないじゃない。」

新井 「そうですね」

 「だから、まぁMARCHくらいの勉強を全教科でしないといけないんだよね。けど、それを2教科や3教科に集中させてやったら、早慶行けちゃうわけですよ。同志社とか行けちゃうわけですよね。企業から考えたら、その地元の国公立大学ってのは地元企業には強いかもしれないけどね、将来東京に上京して、こう就活したりとかね、大阪とかで就活するわけじゃん。」

新井 「はい」

 「その時に地元国公立と、このね早慶MARCH関関同立のインパクトがね、全然違うんだよね」

新井 「そうですね」

 「ごめんね、全国の、そのね、国公立大学の人すいませんって感じだしね、僕なんか学習院ですからね、今度受ける学習院なんかよりは宇都宮大学の方が就活強いかもしれない。あとね、なんか学習院ってのもちょっと微妙なんですよ。そのMARCHとかならいいんだけども、なんで男なのに学習院にいるのみたいな、どうした?みたいなのあるわけ。だからやっぱね、そこのブランディングみたいなの気を付けてほしいのね。だから、地元の国公立が最強ってのはよく考えてほしい。 その勉強時間をその少ない教科に集中したらめっちゃいい大学行けて、そのほうが世界が開けるっていう可能性のほうが高いから。だから、地元のおじちゃんおばちゃんだけの意見だけに左右されず、日本、そして世界を見てほしいなと、私は思います。」

 「はい」

新井 「林先生、どう思いますか?」

 「はい、早慶リーズナブル!」

新井 「はい、今回は以上です。」