小論文の対策について① / 杉並区の予備校 逆転合格の武田塾荻窪校

荻窪校・

皆さん、こんにちは。

武田塾荻窪校です。

 

受験シーズン真っ只中ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日は入試小論文の心構えについて書きたいと思います。

 

ちなみに私は過去に小論文で受験をしたことがあります。

その頃は、小論文はセンス とか、上手な文章を書けばいい などと考え、

甘く見て対策をほとんどせず受験をしました。

結果は当然全滅です。(あ、小論文のないところには普通に合格しました)

 

今回は自分の経験をふまえ、小論文を書く際の心構えについて述べたいと思います。

数学や英語に時間を取られて、十分な対策ができていない人は、意識するだけで文章がガラリと変わると思います。

 

ダウンロード

小論文は、論文であり作文ではない

そもそも論文とはなんでしょうか。

簡単に言うと、自分の意見や主張を読んだ人に納得させるための文章が論文です。

「論文」の「論」はもちろん「論理」の「論」ですので、ただ主張や意見を伝えるだけでは足りません。

なぜそういう意見になるのか、理由や根拠を示す必要があります。

これはよく現代文の参考書なんかでも言われていることですが、論文には主張があって、

その主張を支持するための根拠を並べて、最後に「ほら、私の意見って正しいでしょ?」と

読み手を説得できればOKです。

 

入試の小論文は、実は答えが決まっている?

小論文は自分の考えを伝えるものなので、答えが解答者分だけ存在する と思っている人が

いるかもしれません。でも本当にそうでしょうか。

少なくとも大学入試の小論文は、私はそうではないと考えます。

もちろん文章の構成や用いる単語、助詞まで一致することはまずないでしょう。

しかしながら、実は入試の小論文で求められていることは、データを客観的に分析して、

それを表現する能力なのです。

 

そもそも、まだ大学で学問や研究に携わっていない人が、

誰もが驚くような独創的な論文など書けるわけがないのです。

仮にもし独創性が問われるのであれば、誰がどのような基準で採点するのでしょうか??

なので、実は小論文には答えがあります。

ただし、論文の課題そのものが、アイデアを問う形の場合があります。

その際はちょっと特殊なので、例外とさせてください。

 

さあ、続きは次回のブログで。。。

この続きを武田塾荻窪校で聞きたい方、

荻窪校では、随時無料受験相談を承っています。

お気軽にご連絡下さい!

 

無料受験相談

【武田塾荻窪校 個別指導塾・予備校】

〒167-0043

東京都杉並区上荻1丁目8番10号

みほしのビル 7F

03-6383-5454

Mail:ogikubo@takeda.tv