ブログ:過去問に入るタイミング、目的、使い方は?

荻窪校・

皆さん、こんにちは!

杉並区にある個別指導塾、

武田塾荻窪校です!

今回は、過去問に入るタイミング、目的、使い方は?

という質問に答えたいと思います!

 

過去問を使う目的は複数回あり、
使う目的はそれぞれ違います!
それは、時期が違うという事は
本人の実力が違うからです!
そうなれば目的も変わってきます。


タイミング:受験勉強を始めた時
目的:情報収集


タイミング:ある程度実力がついた時
(具体的には、日大レベル、センターレベルの様な
一通りの基礎が仕上がった状況)
目的:どの程度の力がついているか?
このタイミングで解く過去問は
「先に進むがどうか」の判断材料になります!


タイミング:過去問に挑む力がついた時
      (志望校対策の前)
目的:合格点を取ること…ではありません!!
志望校対策で何をやるか決める
ために過去問を解く!これが目的です!


タイミング:志望校対策の後
目的:合格点が取れるか確認

過去問のタイミングは4回です!!

 

では具体的には、どの時点で
どれくらい解けていればいいのでしょうか?
9月から過去問または志望校レベルの対策、
11月から過去問を解きつつ分野別対策
そして、分野別対策を終え
1月から本気対策をしましょう!!
過去問は分野別対策抜きで、
合格点-1割ぐらい解けてほしいです!
分野別対策をすれば
過去問が合格点に届くのが理想です!
過去問で合格点-1割が取れないなら
過去問よりも
参考書のやり込みを優先しましょう!
過去問よりも志望校レベルの参考書が
重要です!
実際過去問が解けなくても
そのレベルまで行っていれば
受かります!

結論、過去問に本格に入るのは
過去問を解いてみて、
合格点-1割が取れたらでいいでしょう!
また、理想は11月くらいには
過去問に入ることです!

しかし、過去問に入るのは
早いに越したことはありません!
9月には解いてみましょう!
ただし、この時期はまだ
週に1年分ずつで良いでしょう!
この時の過去問は
今自分がやっているレベルではなく
第一志望の過去問です!

”時期でやる”のは
第一志望の過去問です!
(レベル終わりの
実力確認のための過去問は別です。)
この時期に過去問を解いても
ほとんどの場合届きません。

ではなぜ解くのでしょうか?
それは、第一志望の過去問を解くことで
「何が課題なのか?」を知ったり
「モチベーションを上げる」ために
解くのです!!
また「量が多い」や「難しい問題が出る」など
入試問題は大学によって傾向がさまざまです。
そのため、
志望校の傾向を知るためにも解きましょう。
この時期は出来なくても大丈夫です!!

では過去問はどの様に使えばいいのでしょうか?
まず、①受験勉強を始めた時
このタイミングでは解けません!
けれど見ておく必要はあります!
志望校の情報は入手しておきたいですし、
モチベーション向上につながります!
注意点は、解けなくてもへこむな!
という事です!
このタイミングで解けるわけがありません笑
また、このタイミングでは
基礎が出来上がっていない為
志望校の難易度判定はできません!

では難易度判定はいつできるのでしょうか?
それは②ある程度実力がついた時
(基礎が出来上がったとき)です!
このタイミングでは
大問の最初の方など、
ある程度は解けます!
そのため、
「もう挑める!!」「まだキツい…」
もものによってはわかります!
このタイミングは無くてもいいです。
志望校に一直線に勉強してから
やってもいいです。
このタイミングでやるのが
有効な人は、時間がなく、
ショートカットしなければいけない人です!
なぜ有効なのかというと
基礎が終わっていれば
確保できるライン(最低ライン)がわかり、
あと最低どれくらいやれば
一応志望校に届かせられるかが
分かるからです!

だからこそ基礎は終わらせましょう!!
基礎+何をやれば、を見ていきましょう!

最後に、初見正解率は重要なのか?についてです。
初見正解率は、気にするべきですが
最終的には気にしなくてよいです。
過去問は、今の時点での
実力を測るためのもの、
インプット用の参考書の知識の
身につき具合を測る基準です。
大事なことは初見正解率自体よりも
「その正解率をもとに何をするか」
が重要です!
「目標点が何点で、どれだけ離れていて」
「どこで落として」「どこなら取れるのか」
それを把握する事が過去問をやる目的です!
過去問での初見正解率の役割は
実力を把握し、次を考える基準
です!!

気をつけてほしいのは、
過去問の点数が上がる
=本番の点数が上がる
ではない!!という事です!
「必要な実力」があるか?
それとの差を知るために、
初見正解率を使いましょう!!
例えば、
過去問で良い点数が取れていても
基礎で点数を落としているなら
要注意です!!
「次に何をするか」を把握しましょう!!

 

 

いかがでしたか。
今後も勉強法や武田塾荻窪校のことを紹介していきますね。

もし塾に通うなら・・・

難関大学や国公立大学を目指すあなたは
部活動を引退してからではなく、
早めに予備校・塾へ通うことをおすすめします。
最後の試合・大会まで続けたいなら部活生に理解のある
予備校・塾にしましょう。
私たち武田塾荻窪校は完全個別のため、
部活動のスケジュールを妨げないで特訓の日時を決めることができます。
事前連絡があれば振替することも可能なので、
忙しい部活生をサポートする環境も整っています。

『無料受験相談~進路カウンセリング~』

当校では随時無料の受験相談を行っております。

進路の悩み、志望校選び、正しい勉強法、偏差値を上げる方法、

学校の成績と受験勉強を両立させる方法、など

どんな内容でもお気軽にご相談ください。

無料受験相談は、完全個別で対応いたします。

そのため、ご予約を頂いた方を優先させて頂いております。

ご予約はこちら:

また、ご予約は、お電話、メールでも受け付けております。
【武田塾荻窪校 荻窪の個別指導塾・予備校】
住所:〒167-0043
東京都杉並区上荻1-8-10 みほしのビル7F
TEL:03-6279-9794
Mail:ogikubo@takeda.tv

高校生活を楽しみながら、第一志望の大学にも合格しましょう!
私たち武田塾荻窪校は、そんなあなたを全力で応援します(^_^)

タグ: