県立成田国際高校と私立成田高校、行くならどっち?行かせるならどっち?その①

成田校・

成田高校正門

成田国際

県立成田国際 VS. 私立成田

入試偏差値(入り口)

成田国際高校偏差値62(総進60%ライン)VS. 私立成田高校偏差値64(特進67)

 

大学実績(出口)

2016年春(平成27年度)実績

卒業生  (成国)322人  VS.(成田)316人

国公立   (成国)12人  VS.(成田)43人

慶應      (成国)1人  VS.(成田)4人

早稲田 (成国)4人  VS.(成田)16人

理科大 (成国)3人  VS.(成田)13人

上智  (成国)2人  VS.(成田)7人

明治  (成国)15人  VS.(成田)40人

立教  (成国)18人  VS.(成田)20人

青学  (成国)12人  VS.(成田)14人

中央  (成国)4人  VS.(成田)13人

法政  (成国)33人  VS.(成田)61人

海外  (成国)8人  VS.(成田)?

注)合格者数は浪人生含む。数字は両校のHPより抜粋。

 

初年度学費合計 (成国)初年度およそ20~30万円  VS.(成田)初年度およそ80万円

★年間授業料 (成国)118800円  VS.(成田)288000円

 

コメント:難関大学合格実績も学費も、ほぼ1:4ですね。

偏差値的には大きな差がない2校で、成田を併願校として成国を目指す生徒もいると思いますが、大学進学実績にはかなり差があるようです(成田の特進と比べると「大きな差がない」という言い方はおかしいですが、成国も成績上位40人の入学時偏差値を出せば、そこそこ高いと思いますので・・・)。

教育を投資として考え、大学進学先(その先の就職先のほうが影響が大きいですが)によって、生涯賃金の差が1億円以上に達する可能性がある事を重視して、進学実績の良い成田を取るのか、

はたまた、「(大学以降は)しょせん本人しだいでしょう」と考えて安い県立高校(成国)を選ぶのか、

親も判断が分かれるところでしょう。

↓「学歴で1億円の差」が気になった人はこちら↓

「学歴なんて関係ない」の真実 生涯賃金これだけ違う

(こちら外部サイトへとびます。NIKKEI STYLE のコラムです)