【合格実績】第一志望に公募入試で合格!近畿大学・武庫川女子建築学部合格!

奈良西大寺校・

武田塾,奈良,西大寺,塾,予備校,大学受験,浪人,比較,まとめ,逆転,合格,第一志望,近大,近畿大学,建築

こんにちは、武田塾奈良西大寺校です!

本日は近畿大学建築学部の合格を勝ち取ったAさんを紹介します!

生徒紹介

Aさんは、3月から奈良西大寺校に通ってくれました。

建築系の大学に興味を持ち、当初は武庫川女子大学の建築を目指していました。

しかし、勉強を進めていく内に、

偏差値の高い近大にも挑戦していいんじゃないか。

とういうことで、チャレンジした結果、

当初の第一志望の武庫川女子大学を超える近畿大学建築学部に見事合格しました!

武田塾に入ったきっかけは?

浪人が決定し、家から通いやすい予備校を探していた時に武田塾について知りました。

受験相談に申し込み、校舎長さんと話していく内に、

今まで通っていた個別の塾とは違い、自分のペースで徹底的に学習できると聞き、

私の性格とも合っていると感じました。

また、公募入試にも対応しているというところも魅力的だと思い入塾しました。

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

学校がなかったこともあり、自主学習をする時間が格段に増えました。

今まで、しっかりと理解していない状態でも次々進んでいた学校の授業とは違い、

自分が躓いてしまったところのカバーをしっかりとして、

完璧に理解してからでないと次には進めなかったため、

苦手意識をもっていた分野も解けるまでしっかりと演習を重ねていました。

そのおかげで、見たことのない問題も減り、

問題の本質もしっかり見極められるようになりました

担当の先生はどうでしたか?

体調を崩しがちの私を気遣って

毎回の授業前に1週間の体調について心配してくださっていました。

また、苦手な範囲のときには課題を少なめにして、

しっかりと理解ができるまで解いてくるようにと指示して下さり、

課題の負担も少なく苦痛だと感じることはありませんでした

あまり人と話す機会が少なかった私にとっては

担当の先生と話すのが毎週楽しみにもなっていました

武田塾での思い出を教えて下さい!

先生と年齢が近いので、

共通の趣味の話をしたり、自分の悩みや先生の悩みを聞いたり…

たくさん勉強以外の話もできたことがとても楽しい思い出です!

好きな参考書

第1位:英文解釈の技術70

理由→今までは感覚で長文を読んでいることが多かったのですが、

これを読んでから長文を読むときの質が変わったことが目に見えて実感できました。

 

第2位:文系の数学

理由→今年1年1番やり込んで、隅々まで解いたおかげで、

去年とは比べ物にならない程、数学の理解を深めることができました。

 

第3位:UPGRADE

理由→文法が嫌いだった私にとっては、まさに天敵のような参考書ですが、覚える所が明確に表記されていて、

無駄な暗記を避けたい私にはぴったりの参考書でした。

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!

無題

浪人することは辛いことばかりだと思っていましたが、

そんな辛さを忘れてしまう程、先生や友達に支えてもらい

楽しい1年を過ごせました

最後まで諦めず自分のペースでしっかりと学習していれば

難しいと思っていた道も開けると思うので、

しんどい時には周りに頼りながら1年間頑張ってほしいです!

校舎長からのメッセージ

Aさんは校舎に来るといつも笑顔で挨拶をしてくれる明るいキャラでしたね!

近大の建築学部にはAさんのように建築大好きな人がたくさんいます。

是非楽しんできてください!卒業後も、また気軽に遊びに来てくださいね!

安藤忠雄や原広司のような建築家を目指して頑張ってください!

 

 

武田塾奈良西大寺校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

0742-93-5687までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

こちらから申し込みください↓

無料受験相談

 

武田塾ってどんな塾?

 

 

①授業をしない

 

武田塾の一番の特徴ですね!

一般的な個別指導塾では講師の先生から新たに勉強する部分の解説を受けたり

分からない問題の説明をしてもらうなど「授業を受けること」がメインです。

 

 

勿論ひとりひとりに応じたわかりやすい説明はありますが授業を受けるだけでは

「わかる(理解する)」だけにとどまっていまい問題をできるようにはなりません。

 

 

これを読んでいる方にも授業を受けて「めっちゃわかった!」「これでテストもできる」

と思っていたのにテストが出来なかったり良い点を取れなかった経験はありませんか??

 

 

「授業を受けること」だけでなく自分で考えてやってみないと

しっかりと知識として定着出来ず忘却の彼方に行ってしまうのです。

 

そのため武田塾では授業を行わず
自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで
「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます!

 

勉強のやり方からしっかり教えて、出来るようになるまでやってもらう

これが武田塾です!

 

※武田塾では以下を学習の三段階の「できる」ようになるまで指導します。

わかる」=教わって理解!

やってみる」=実際に解く!

できる」=入試でもできる!

 

②毎週の確認テストと個別指導

 

<1日単位の明確に決まった宿題>

武田塾では1日ごとに宿題の範囲が決まっています。

塾生は毎日どれだけの時間どんなこと勉強すればいいのか明確です。

 

また、武田塾では4日進んで2日戻る(復習する)勉強法を

徹底するためやりっぱなしになることは有り得ません!

※英単語も数学の問題集も6日間の間に3回完璧にしています。

 

 

しかし宿題をしっかりやっても

「これで出来るようになったのか不安」

と思ってしまうこともあると思います。

武田塾ではその不安を確認テスト個別指導で無くします!

 

 

<確認テストと個別指導>

武田塾では1週間に1度「確認テスト」と「個別指導」を行います。

テスト内容は宿題の問題と全く同じ問題なので

しっかりこなせていれば満点を取ることが出来ます!

そのため毎日頑張って勉強しないとやっていないことがバレるのです。

 

また、確認テストで80点以上を超えないと次に進めないため

志望校合格までの道を進んでいくことも出来ないのです。

 

こうして武田塾では確認テストで「勉強をサボれない」仕組みを作っているのです。

 

ずる賢い人や要領の良い人はここまで聞くと

「解答の丸暗記をすれば良いし楽勝♪」と

思ったかもしれませんがそれは絶対に出来ません!

 

それには2つ理由があるので説明していきます。

①宿題の量が丸暗記出来ない程多い

 

そもそも武田塾の宿題はどの科目でも丸暗記することが不可能な量です。下の表が実際に出される1週間の宿題量です。
例えば、英文法の問題集ネクステージは9~16章で全部で数百問あります。
これを全て丸暗記することは不可能だとは思いませんか?

武田塾 奈良西大寺 英語 指導報告書 塾 予備校 比較 まとめ 大学受験

②個別指導の時間で口頭チェックがある

 

武田塾の個別指導の時間では一般的な個別指導塾のような
問題解説や新しい事項の説明をすることはほとんどありません。
本当に問題が出来るようになったのか、暗記になっていないか
口頭でチェックさせてもらっています。

この口頭でのチェックでは「答えを答えるのではなく何故その答えを選んだのか」
その根拠や理由を講師の先生に説明してもらっています。
武田塾の目的は参考書の問題が解けたり確認テストで点数を取ることでは当然ありません。

 

試験や入試で得点できなければ意味がないので、そのために根拠の確認をしていくわけです。
これを続けていくことで
「自分で考えて理解する力(思考力)解法やプロセスを説明する力(表現力)」
が養われていくのです。

 

今挙げた2つの力はセンター試験に変わる大学入学共通テストにも必要な力です。

一般的な個別指導塾では授業中に進んでいくことが講師の先生に求められるため、

「生徒が本当に分かっているか」「明確な根拠があって答えられているか」

まで見ることはほとんどありません。

 

また、そのほかに確認テストの結果や生徒のノートを確認と

生徒へのヒアリングを行うことで1週間の勉強のやり方や

学習時間が適切かどうかをチェックし状況に応じて

アドバイスしていきます。

 

例えば、今週英単語が中々覚えられず

確認テストで8割を切ってしまった生徒の場合は

どのように英単語を覚えて来たのか、時間は毎日取れていたか

2日間の復習日でもしっかり取り組めていたかとノートを確認し、

その上で効率の良い正しい単語の覚え方を指導します。

 

ここまで講師の先生から手厚く見てもらえるのが武田塾の個別指導です!

 

③カリキュラムを全体で管理

 

もう1つ武田塾と普通の個別指導塾の違いは「カリキュラムを塾全体で管理」していることです。

 

個別指導塾では講師の先生に生徒のカリキュラムを丸投げしていることが多いです。

教室長の受験知識や教務知識が高い場合はひとりひとりのカリキュラムを設定していることも

あるのですが大半の場合は講師の先生にすべて任されてしまっています。

 

アルバイト講師が全て自分でカリキュラムを決めるなんてこともよくあります。

この方法ですと自身の経験のみを元に作っているため非常に危険ですよね?

 

しかし武田塾では志望校に応じてカリキュラムが決まっておりそれをもとに

講師の先生が指導しているため講師の先生に依存することはありません。

 

ここまでをまとめると武田塾と他の個別指導塾の違いは

①授業をしない

②毎週やってきた範囲の確認テストと個別指導

③カリキュラムを全体で管理している

の3点ですね!

 

今回は武田塾と一般的な個別指導塾の違いについて紹介致しました!

以下今回の参考動画です!

武田塾と普通の個別指導の違いの動画

 

武田塾奈良西大寺校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

0742-93-5687までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

こちらから申し込みください↓

無料受験相談

武田塾奈良西大寺校へのアクセス

〒631-0822
奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル2F(大和西大寺駅「北口」を出て徒歩4分)

℡:0742-93-5687

武田塾奈良西大寺校のHPはこちら

校舎長よりメッセージ(武田塾奈良西大寺校)

「日本初!授業をしない。」塾、

武田塾奈良西大寺校の校舎長、藤井と申します。
「授業をしないで何をするの?」と思う人が大半かもしれません。

 

武田塾では志望校合格まで、毎日の学習計画を一人ひとりに立てていきます。
武田塾の塾生は、合格までに必要な学力をつけるために、
「どのレベルまで到達すべきか」のゴールから、
「どのレベルから復習するか」のスタートまで、
毎日やるべきことが決まります。

 

習い事でも、部活でも、仕事でも、
人から聞いているだけでは自分の力は伸びません。
自分で身につけた知識や技術こそが自分の力になります。

知識や技術を身につけるために、
日々の積み重ねが大切だということは言うまでもないですね。
日々の積み重ねの質と量を磨いていくのが、武田塾生の他との大きな違いです。

 

そうした日々の積み重ねを経て、
・入塾5ヶ月でセンター英語が60点から145点にアップ!
・入塾2ヶ月で仮面浪人生が早稲田大学合格
・入塾1ヶ月で数学の中間テスト28点から期末テスト76点にアップ!

 

といった、逆転の数々を奈良西大寺校の生徒は生み出してきました。
勉強は苦しいし、面倒です。1人では思うように進まないことも多いかもしれません。
具体的な計画と、着実な努力と、問題点の発見と、緻密な改善で一緒に乗り越えましょう。

 

次の「逆転」のストーリーを作り出すのはあなたです。

武田塾奈良西大寺校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

0742-93-5687までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

こちらから申し込みください↓

無料受験相談

 

 

奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル2F(大和西大寺駅「北口」を出て徒歩4分)

℡:0742-93-5687

武田塾奈良西大寺校のHPはこちら