【高校生塾・予備校比較】東進衛星予備校奈良学園前校 どんな予備校?

奈良西大寺校・

大学受験専門予備校、武田塾奈良西大寺校です!

大和西大寺、学園前、高の原、新大宮などには

たくさんの塾や予備校がありますが、

今回はその中でも

『東進衛星予備校 奈良学園前校』についてお伝えします!

武田塾 奈良西大寺 東進衛星予備校 奈良 学園前 

↑東進衛星予備校 奈良学園前校

東進衛星予備校 奈良学園前校の基本情報

住所

〒631-0036
奈良県奈良市学園北2丁目1-24 KBK学園前ビル4F

 

受付時間

午後2時~午後9時 (日・祝除く)

午前中はお休み、日曜祝日も受付していないことに注意ですね。

 

アクセス

近鉄学園前駅 下車北口徒歩1分!

 

東進衛星予備校のあれこれ

東進衛星予備校の教育理念(東進HPより抜粋)

東進衛星予備校は株式会社ナガセをフランチャイザーとする

大学受験予備校で、映像授業塾の最大手の存在です。

首都圏を中心に校舎を展開する東進ハイスクールの

有名講師陣による授業を、全国の加盟校に配信しています。

「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」

これがナガセの教育目標です。

1. 豊富な講座から好きな講師、志望校や学力レベルにあった講座が選べる

2. 好きな時間に、何度でも、好きな進度で勉強ができる

3. 学校の授業進度やレベルに合わせて勉強できる

4. 生徒の自宅学習もサポート

5. 衛星授業の配信だけではない、トータルな支援体制

6. 東進ネットワークが日本全国に広がる。

これらの強みを活かして、難関国公立大学・難関私大の実績を着実に伸ばしている予備校です!

 

参照:ナガセHP

https://www.toshin.com/nagase/index.php

ある年度の合格実績(東進HPより抜粋)

●成長中の合格実績

東京大学 801名

京都大学 380名

大阪大学 524名

神戸大学 515名

同志社大学 2269名

立命館大学 3593名

関西大学 2389名

関西学院大学1718名

東進は国公立の実績の数字を大きく伸ばしています。

関関同立の実績も圧巻ですね。

ちなみに全校舎の数値です。

 

映像授業だからできること

東進のウリはなんといっても超有名講師による授業です。

映像授業なので、自分の受けたい場所や時間に、自分のペースで受講することが可能です。

「部活で忙しくて夜21時からしか勉強ができない!」という人や、

「このままのペースじゃ間に合わないから英文法を短期間で終わらせたい!」

という人には映像授業はとっても便利で効率的です!

 

 

基本的に一つの講座でだいたい7〜8万ぐらいの費用がかかります。

1科目としてかかる費用ではないのでご注意下さい。

自分の弱点をしっかり分析できて、その対策が自分の中で見えていること

これが東進衛星予備校を活用するうえでの条件ですね!

 

プロフェッショナルな講師陣

「今でしょ!」で大ブレークした林先生を筆頭に、

東進の講師は各科目のプロフェッショナルばかりです。

また、東進の講師が書いた参考書は非常にわかりやすい参考書ばかりなので、

武田塾でも東進の講師が書いた参考書を多数採用しています。

特に大岩の英文法や、金谷の日本史シリーズは武田塾はヘビーユーザーです(笑)

 

授業の受けすぎにはご注意を!

講座を取りすぎて復習や問題演習ができず、消化不良に終わってしまう生徒がいたり、

授業料が他の予備校に比べて割高であったりなどの不満を抱えている人も多いようです。

 

いくらわかりやすい授業をたくさん受けても、

そのあとで復習や問題演習を行わなければ意味がないですよね。

大学受験で大切なのは定着して、試験で使えるようになることです。

 

口コミを抜粋

・すぐに質問できる環境です。スタッフの方に、大学の説明会にも出席してみたら?

など、勉強以外のこともアドバイスいただいているようです。

 

・自習で使用するのに良い環境だと思いました。映像授業も自分の時間に合わせて受講できます。

 

・費用のトータルどのくらいかかるのかわかりにくい。

また、レベルも細かく分かれているわけではないので、

本人のアジャストする力が必要になる。

 

・チューターの方が親身になって、励まして下さりました。

活気はあるけれど、一歩教室に入れば静かで集中して勉強できる環境でした。

 

・チューターが塾内のプログラムを強制してくる。用事があると断ってもしつこく参加を促してくる。

 

・通信授業を受け理解したつもりのまま時間が過ぎた。

ただカリキュラムをこなしただけになっていた気がする。

 

参照:東進HP、塾ナビ等

https://www.toshin.com/es/map/8520.html

 

 

武田塾奈良西大寺校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

電話番号までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

こちらから申し込みください↓

無料受験相談

 

 

武田塾ってどんな塾?

 

①授業をしない

 

武田塾の一番の特徴ですね!

一般的な個別指導塾では講師の先生から新たに勉強する部分の解説を受けたり

分からない問題の説明をしてもらうなど「授業を受けること」がメインです。

 

 

勿論ひとりひとりに応じたわかりやすい説明はありますが授業を受けるだけでは

「わかる(理解する)」だけにとどまっていまい問題をできるようにはなりません。

 

 

これを読んでいる方にも授業を受けて「めっちゃわかった!」「これでテストもできる」

と思っていたのにテストが出来なかったり良い点を取れなかった経験はありませんか??

 

 

「授業を受けること」だけでなく自分で考えてやってみないと

しっかりと知識として定着出来ず忘却の彼方に行ってしまうのです。

 

そのため武田塾では授業を行わず
自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで
「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます!

 

勉強のやり方からしっかり教えて、出来るようになるまでやってもらう

これが武田塾です!

 

※武田塾では以下を学習の三段階の「できる」ようになるまで指導します。

わかる」=教わって理解!

やってみる」=実際に解く!

できる」=入試でもできる!

 

②毎週の確認テストと個別指導

 

<1日単位の明確に決まった宿題>

武田塾では1日ごとに宿題の範囲が決まっています。

塾生は毎日どれだけの時間どんなこと勉強すればいいのか明確です。

 

また、武田塾では4日進んで2日戻る(復習する)勉強法を

徹底するためやりっぱなしになることは有り得ません!

※英単語も数学の問題集も6日間の間に3回完璧にしています。

 

 

しかし宿題をしっかりやっても

「これで出来るようになったのか不安」

と思ってしまうこともあると思います。

武田塾ではその不安を確認テスト個別指導で無くします!

 

 

<確認テストと個別指導>

武田塾では1週間に1度「確認テスト」と「個別指導」を行います。

テスト内容は宿題の問題と全く同じ問題なので

しっかりこなせていれば満点を取ることが出来ます!

そのため毎日頑張って勉強しないとやっていないことがバレるのです。

 

また、確認テストで80点以上を超えないと次に進めないため

志望校合格までの道を進んでいくことも出来ないのです。

 

こうして武田塾では確認テストで「勉強をサボれない」仕組みを作っているのです。

 

ずる賢い人や要領の良い人はここまで聞くと

「解答の丸暗記をすれば良いし楽勝♪」と

思ったかもしれませんがそれは絶対に出来ません!

 

それには2つ理由があるので説明していきます。

①宿題の量が丸暗記出来ない程多い

 

そもそも武田塾の宿題はどの科目でも丸暗記することが不可能な量です。下の表が実際に出される1週間の宿題量です。
例えば、英文法の問題集ネクステージは9~16章で全部で数百問あります。
これを全て丸暗記することは不可能だとは思いませんか?

英語 指導報告書 内容

②個別指導の時間で口頭チェックがある

 

武田塾の個別指導の時間では一般的な個別指導塾のような
問題解説や新しい事項の説明をすることはほとんどありません。
本当に問題が出来るようになったのか、暗記になっていないか
口頭でチェックさせてもらっています。

この口頭でのチェックでは「答えを答えるのではなく何故その答えを選んだのか」
その根拠や理由を講師の先生に説明してもらっています。
武田塾の目的は参考書の問題が解けたり確認テストで点数を取ることでは当然ありません。

 

試験や入試で得点できなければ意味がないので、そのために根拠の確認をしていくわけです。
これを続けていくことで
「自分で考えて理解する力(思考力)解法やプロセスを説明する力(表現力)」
が養われていくのです。

 

今挙げた2つの力はセンター試験に変わる大学入学共通テストにも必要な力です。

一般的な個別指導塾では授業中に進んでいくことが講師の先生に求められるため、

「生徒が本当に分かっているか」「明確な根拠があって答えられているか」

まで見ることはほとんどありません。

 

また、そのほかに確認テストの結果や生徒のノートを確認と

生徒へのヒアリングを行うことで1週間の勉強のやり方や

学習時間が適切かどうかをチェックし状況に応じて

アドバイスしていきます。

 

例えば、今週英単語が中々覚えられず

確認テストで8割を切ってしまった生徒の場合は

どのように英単語を覚えて来たのか、時間は毎日取れていたか

2日間の復習日でもしっかり取り組めていたかとノートを確認し、

その上で効率の良い正しい単語の覚え方を指導します。

 

ここまで講師の先生から手厚く見てもらえるのが武田塾の個別指導です!

 

③カリキュラムを全体で管理

 

もう1つ武田塾と普通の個別指導塾の違いは「カリキュラムを塾全体で管理」していることです。

 

個別指導塾では講師の先生に生徒のカリキュラムを丸投げしていることが多いです。

教室長の受験知識や教務知識が高い場合はひとりひとりのカリキュラムを設定していることも

あるのですが大半の場合は講師の先生にすべて任されてしまっています。

 

アルバイト講師が全て自分でカリキュラムを決めるなんてこともよくあります。

この方法ですと自身の経験のみを元に作っているため非常に危険ですよね?

 

しかし武田塾では志望校に応じてカリキュラムが決まっておりそれをもとに

講師の先生が指導しているため講師の先生に依存することはありません。

 

ここまでをまとめると武田塾と他の個別指導塾の違いは

①授業をしない

②毎週やってきた範囲の確認テストと個別指導

③カリキュラムを全体で管理している

の3点ですね!

 

今回は武田塾と一般的な個別指導塾の違いについて紹介致しました!

以下今回の参考動画です!

武田塾と普通の個別指導の違いの動画

 

武田塾奈良西大寺校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは

電話番号までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問合せ・受験相談をお申し込みの方は、

こちらから申し込みください↓

無料受験相談

〒631-0822
奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル2F(大和西大寺駅「北口」を出て徒歩4分)

℡:0742-93-5687

武田塾奈良西大寺校のHPはこちら

校舎長紹介

「日本初!授業をしない。」塾、武田塾奈良西大寺校の校舎長、廣木と申します。
「授業をしないで何をするの?」と思う人が大半かもしれません。

武田塾では志望校合格まで、毎日の学習計画を一人ひとりに立てていきます。
武田塾の塾生は、合格までに必要な学力をつけるために、
「どのレベルまで到達すべきか」のゴールから、
「どのレベルから復習するか」のスタートまで、
毎日やるべきことが決まります。

習い事でも、部活でも、仕事でも、
人から聞いているだけでは自分の力は伸びません。
自分で身につけた知識や技術こそが自分の力になります。
知識や技術を身につけるために、
日々の積み重ねが大切だということは言うまでもないですね。
日々の積み重ねの質と量を磨いていくのが、武田塾生の他との大きな違いです。

そうした日々の積み重ねを経て、
・入塾5ヶ月でセンター英語が60点から145点にアップ!
・入塾2ヶ月で仮面浪人生が早稲田大学合格!
・入塾1ヶ月で数学の中間テスト28点から期末テスト76点にアップ!

といった、逆転の数々を奈良西大寺校の生徒は生み出してきました。
勉強は苦しいし、面倒です。1人では思うように進まないことも多いかもしれません。
具体的な計画と、着実な努力と、問題点の発見と、緻密な改善で一緒に乗り越えましょう。

次の「逆転」のストーリーを作り出すのはあなたです。