【岩手県の高校紹介 / 情報・評判・口コミ】 盛岡第一高等学校を紹介します

盛岡校・

盛岡駅徒歩3分の大学受験予備校の武田塾盛岡校です。

盛岡校の近隣にある高校の紹介です。今回は盛岡第一高等学校です。

DSC_0001

基本情報

1880年(明治13年)に創設された「公立岩手中學校」に端を発し、岩手県内の高校の中では岩手県立盛岡農業高等学校に次ぐ歴史がある。創立138周年を迎えた伝統校です。

校訓は
「忠實自彊」(ちゅうじつじきょう)と「質實剛健」(しつじつごうけん)。

教育目標は以下の通り(高校HPより)

- 時代の先駆者として,社会に広く貢献する人間を育成する -
1. 高い知性と教養を身につけた人間を育成する。
2. たくましい精神力と思いやりの心を兼ね備えた人間を育成する。
3. 強健な身体と豊かな感性をあわせ持った人間を育成する。

重点目標は以下の通り(高校HPより)
1.文武両道の校風を継承する気風の確立
2.勉学に真摯に取り組む気風の確立
3.自律の精神を養い、自他を尊重する気風の確立
4.健やかな体と豊かな心を培う気風の確立

卒業生には、石川啄木(中退)や宮沢賢治もおり、著名人を数多く輩出しています。

東京大学や東北大学などの国公立大学合格者は185名(既卒性含め)。
東北大学への進学者数は岩手県内でNO.1です!!

さらには、2015年にSGH(スーパーグローバルハイスククール)に文科省から指定されており、 探求型の学習を通じて、グローバルな人材の育成に力を入れています。

そして、盛岡一高といえば應援團
バンカラの應援團があり、全校生徒による選挙で選出された應援委員が中心となります。同校では生徒全員を「應援團(応援団)」と位置づけ、その中核を「應援委員」、全校應援練習の場で新入生の指導にあたる三年生の有志を「團有志」、クラスで新入生の指導にあたる二年生の有志を「指導有志」としています。
 
一高生が本当の一高生として認められるための試練として、新入生対象の応援練習があります。
この応援練習の厳しさは県内随一と言われています。
実際、練習に臨む生徒の様子を見ると、初めはとても緊張した面もちで練習に取り組んでいるのですが、だんだんと生徒もその雰囲気に慣れていき、最後は楽しかったという生徒もちらほら出てきます。

 

アクセス

・JR東北新幹線、東北本線、IGRいわて銀河鉄道「盛岡駅」から徒歩23分、バスで10分(約2km)。

 

偏差値(みんなの高校情報 岩手HPより抜粋)

  69(岩手県内トップ

 

進学実績(学校HPより抜粋)

・国公立大学: 185名(既卒含) / 東京大 8名 / 東北大 48名
・私立大学: 岩手医科大学 12名 / 慶應大 8名 / 早稲田大 16名 / MARCH 57名 / 東京理科大 4名      
 同志社大 4名 / 立命館大 11名 等 ・医学部 43名:(既卒含)

 

学習活動の特色(学校HPより抜粋)

授業は50分の7時間で行っています。
1年次は、普通・理数科としてくくり募集を行い全員が同じ授業を受けます。
2年次から進路目標に応じて、普通科文系コース、普通科理系コース、理数科に分かれてきめ細かい科目選択が可能となっています。
また、理数科については、2年次のつくば研修や3年次の地学巡検など、普通科にはない独自の行事も行われます。いずれの学科・コースにおいても、ほぼ全員が4年制大学への進学を目指しています。
⇒ 普通科(文系1~3組、理系4~6組) / 理数科(7組)

 

まとめ

盛岡第一高等学校を紹介しました。
岩手県内では、難関国公立大学や医学部、難関私立大学への進学者が多く、各中学校の成績上位者が多く集まるという特徴があります。
中学生の時から、上位大学に合格したいという強い志を持った生徒さんにはオススメの高校ではないかと思います。
多くの著名人を輩出している伝統校ですので、そんな歴史ある厳かな雰囲気で勉学に励みたいという生徒の皆さん、是非盛岡一高へ!!

タグ: