英語長文が「読めているのに解けない!?」解決法教えます!

水戸校・

こんにちは、武田塾水戸校です。

センターまで残り1ヶ月ちょっとになりましたね。

今回は英語長文の解き方、センター国語の解く順番、センタープレテストの活用法についての記事となります。

 

1.英語長文が「読めている」のに解けない!?解くために「できる」考え方と方法!

英語の長文が「読めている」とはそもそもどういう状態を指すのでしょうか?

なんとなく文章を理解したつもりになって、選択肢を雰囲気で選んでいては間違えます。

解けている人は、1つ1つの選択肢について本文から調べ、確実に点を取るのです。

また、「本文に書いてあるか?」だけでなく、

その質問の答えになっているか?」も重要です。(聞かれている質問をちゃんと読む必要がある)

そして、「訳せている⇒読めている」ではないことに注意しましょう。

日本語として認識していなければだめです。

 

2.漢文→古文→評論→小説⁈」センター試験の国語を解答する順番はこれだ‼︎

国語に限らず、テストの問題というのは順番通り解くものだと思っている方がほとんどだと思います。

しかし、必ずしもそのようにしなければならないルールはありません。

古文・漢文が苦手な場合はそのままか、あるいは古文・漢文が逆でも大丈夫です。

対策が進んでいる方は漢文→古文→評論→小説がおすすめとの事。

(古典で時間を使い、小説で取り切る)

また、小説は冗長な文章なので、時間が無くても飛ばし読みができます。

 

3.センター試験プレテスト・過去問で分析!本番までに取れる勉強法!!

取れたはずなのに取れなかった問題・取れなかったはずなのに取れた問題もあると思います。

そのような場合はリストアップしましょう。

本当にその点数が「安定して取れている実力」なのか把握することが大切です。

また、目標に届かなかった場合は原因を分析しておきましょう。

(時間が足りなかった、特定の分野が弱い、センター試験の形式に弱いetc...)

時間が足りないならどの問題で短縮するか、特定の分野が弱いならその基礎を固めるなど、対策はできるはずです。

 

直前のセンタ-対策が不安!という受験生には「かけこみタケダ」、冬休みに武田塾を試してみたい高1高2生には、「冬だけタケダ」というものがあります!

この機会に是非、お試しください(#^^#)

aDLHdtWuRWsAWK3igPMwQiaF1t1hQLFyr9pf4MTQ

『冬だけタケダ』とは?

冬だけタケダとは武田塾の冬期講習のことです。(非塾生対象)

お申込みから1ヶ月間、入会金なしで武田塾の指導を体験できます。

 

「受験学年になる前にまわりに追いつき最高のスタートを切りたい」

「高3になる前に基礎を固めて、まわりと差をつけたい」

「なにから勉強をはじめたら良いかわからない」

「なんでこんなに勉強してるのに成績が上がらないの!?」

「勉強する習慣をつけたい」

 

毎年、このような悩みを抱えた高校生・中学生が受講しています。

冬だけタケダを受講して、新学年をスタートダッシュしましょう!

冬だけタケダ2019

冬だけタケダ受付期間

11/1(金)〜1/31(金)

※お申込みから1ヶ月間受講できます。

 

対象学年

高1〜高2・中学生

(高3・既卒は別コースになります。詳しくはお問い合わせください)

 

入会金

無料

(冬だけタケダ終了後、通常入会する場合は入会金が発生いたします)

 

申込方法

まずはお近くの武田塾に無料受験相談にお越しください。

その際に武田塾や冬だけタケダに関して詳しい説明をさせていただきます。

(入会の義務はございませんのでご安心ください)

 

かけこみタケダのご案内

かけこみタケダ

【申込み期間】
2019年11月01日(金)~2020年1月31日(金)

 

 

 

無料受験相談とは

受験相談・山火

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと

などについてお話しさせていただきます

受験相談の詳細はこちら

 

「絶対に志望校に合格したい」という気持ちがあれば、

今の成績や高校のレベルは関係ありません。

 

「模試でE判定だけど合格できるかな?」

「受験勉強って何から始めれば良いの?」

「勉強してるのに成績が上がらない・・・」

 

とお悩みなら武田塾の無料受験相談にお越しください。

あなたが志望校に合格できるよう全力でサポートさせていただきます。

 

 

無料受験相談