「じみべん」の大切さ!

水戸校・

こんにちは、武田塾水戸校です。

先日、とある先生がこんな話をしておりました。内容にとても共感したのでここにも上げますね。

 

それは・・・受験突破のカギ「じみべん」についてです。「じみべん」とは?
  
 
一般的には、「問題を解くこと」が「勉強」だと思われています。受験生も、毎日毎日「問題を解く」ことに必死になっていますね。
 
 しかし「問題を解く」なんていうことは、勉強の「べ」の濁音部分みたいなものなのです。
 
勉強の、いや「学習」の本質は「理解」と「記憶」にあり、入試問題もこの「理解」と「記憶」の到達度を測るものです。
ただ「問題を解く」だけでは、到底「理解」「記憶」を高めることなど出来ません。
 

「理解」と「記憶」を高めるための行動・・・それが「じみべん=地道な勉強」なのです。
 
  
問題を解けば「勉強やってる感」を得ることが出来ます。出来たときの高揚感、出来なかったときの落胆・・
  
このような「派手な勉強」すなわち「はでべん」は、脳内アドレナリンを分泌させるので、ある意味「楽しい」ものです。
大きな満足感も得られます。だから多くの受験生は「問題を解く」=「自己満足に浸る」ということを、繰り返してしまうのです。

しかし、「はでべん」はただの現実逃避かもしれません。「理解」「記憶」を高めるためには「地味に勉強する」すなわち・・・
 
「取り組んだことのない問題に取り組むのではなく、いままで取り組んできた問題に関して、素速く完璧に『理解』『記憶』が再現できるかどうか、1つ1つしっかり確認し続けること」を毎日続けることが大切です。新学期が始まるまでに、今までのテキスト・テスト等々の問題群を、素速く完璧に『理解』『記憶』が再現できるかどうか、確認し続けましょう。
 
この姿勢を身につけると、秋以降からの伸びが革命的なまでに違ってくるのです。
 
ぜひぜひ、がんばりましょう。

~~~無料受験相談実施中~~~

受験のこと、普段の勉強のこと、それ以外…気になることにお答えします!お気軽に校舎までお問い合わせください♪

武田塾水戸校

お申し込みはこちらからどうぞ♪

TEL:029-306-9436

mail: mito@takeda.tv

タグ: