勉強は量より質?

倉敷校・

こんにちは!武田塾倉敷校講師の大下です。
勉強だけでなくスポーツでもよく言われるテーマの「量と質」の話について、今回は勉強面に特化してお話していこうと思います。

907420b84cc2f98a9616d6bd04378918_s

勉強において量と質、はっきり言うとどちらもとても大切です。
どれだけ多くの問題を解いても、どれだけ長い時間机に向かって勉強しても、それが内容の伴っていない勉強であればただの時間の無駄だし、どれだけ効率的で内容の濃い勉強であってもあまりに少ない量や時間であれば学力は伸びないし、といったようにある程度のバランスが取れていないといけません。
今回は僕が実際に受験を経験してみて、このテーマについて深く考えたことをご紹介できたらなと思います。

受験勉強における量と質

僕は高校二年生の夏に国公立大学の医学部を目指すと決意し、勉強をスタートしました。
まずその時インターネットで、現役で合格するにはどのくらいの勉強が必要なのかを調べてみると、どのサイトを見ても相当な量の勉強をこなさないといけないと書いていました。
何から手を付けていいか分からないけどまずは何でもいいからやってみようと思い、数学のFocus Goldという参考書の例題を一から解き始めました。
他の科目もそのように1
日何題はやると決めて勉強したり、週末部活がない日は12時間は勉強するときめて勉強したりなど、とにかく量をがむしゃらにこなしていました。
それなのに2か月後に迎えた模試で、全然成績が伸びていませんでした。そこで初めて自分の勉強の効率の悪さに気づき、いろいろ改善し始めました。
「あくまで量は維持したまま、また模試や普段の勉強で課題が見つかればそれを改善するために勉強のやり方を反省して改良する」これを繰り返すことで自分の中での勉強スタイルが出来上がり、成績も上がっていきました。
結局何が言いたかったかというと、これは個人的な意見ですが「量をこなしてこその質」であるということです。
今の時代、インターネットが充実しており、効率の良い勉強法と検索すればいくらでも素晴らしい勉強法を知ることができます。でもそれを知っているだけでは何の意味もありません。はたまたそれが本当に自分にとって素晴らしい勉強法であるかどうかもやってみないと分かりません。つまりは自分で実際に手を動かしてやってみないと何もわからないのです。
ある程度の量をある程度の時間をかけて取り組んでみて初めてその勉強の非効率さや改善点が分かり、それを改善するために質にこだわり始める。ここまできてやっと質の大切さに気付けるのではないかと僕は自分の経験を通して感じました。

最後に...

勉強において、量と質のどちらが大切かを決めることはできません。どちらも大切です。
でもこれから本格的に受験勉強を始める皆さん、まずは量にこだわって勉強してみてください。
自分で手を動かして勉強することによって質にこだわり始め、それが成長に繋がり勉強が楽しくなって、より頑張るという良いサイクルに繋がってくると思います。
皆さんも時間があるときに少し、このテーマについて考えてみてくださいね!


__________________________
武田塾倉敷校では一対一の完全個別指導で、生徒一人一人に合った
科目毎の志望校別個別カリキュラムにより逆転合格を可能にします。

武田塾倉敷校では大学受験を控える皆様からのお悩みを伺い、
一緒に解決していく「無料受験相談」を実施しております。
各科目の勉強方法から志望校対策までお気軽にご相談下さい!
受験相談について気になる方はこちら↓の記事をご覧になってみてください!
武田塾の受験相談ってなにするの...!?
無料受験相談

武田塾倉敷校での無料受験相談のご予約はからお願いします!!
お電話でのご予約も可能です!

倉敷の塾、予備校なら
[逆転合格専門]日本初!”授業をしない”
武田塾倉敷校
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1丁目5-18
コンフォートミユキ201(JR倉敷駅南口より徒歩5分)
TEL : 086-425-3977
MAIL : kurashiki@takeda.tv
武田塾ホームページ
こちら