授業が合わない人ってどんな人?

熊本校・

はじめまして、武田塾熊本校の岩﨑と言います。
宜しくお願いします。

武田塾といえば日本初!授業をしない塾ですが、本日のテーマは「授業」で行きたいと思います。

よく受験相談で浪人生の方から失敗談として授業に頼り切っていたため成績が上がらなかったといわれる事があります。詳しく話を聞いてみると授業に頼ってしまう方は授業を受けたらそれで満足してしまうことが多い様に感じます。

しかしながら、授業とは内容を教えてもらうというものなので授業を受けてすぐに成績が上がってくるというものではありません。

 

 

今回伝えたい内容は「分かる事」と「出来る事」はまた違うものだという事です。面白い授業や分かりやすい授業を受けた後だと自分にもその内容がずっと使える気がしてきますよね。

 

しかし、実際に教わった知識を使いこなす練習をしなければその受けた授業もあまり意味を成しません。成績を上げるためには授業で習った内容を復習したり問題を解いて自分で出来るというところにこだわり自学自習の時間を作る事で成績につながってくるのです。

習った内容(理解)復習(再構築)出来る(記憶)武田塾ではこの3つを勉強の三段階といいます。

授業を受けて分かった気になってしまう人や授業を受けっぱなしにする人は要注意なのです。

 

 

ここでタイトル回収になりますが、私が考える授業と相性の悪い人とは

「授業で満足して復習や自学自習を疎かにしてしまう人」

現役生や授業形式の勉強を進めている方は注意して下さいね。