武田塾古河校 自習の大切さについて【古河の塾・予備校】

古河校・

こんにちは、武田塾古河校です。

 

受験シーズン真っただ中ですが、来年春から高校生になる中学生の皆さんは大学進学のことについて考えていますか?

大学進学を考える場合、高校に入れたからといって油断はできません!

 

たとえば高校に入って高校デビューして、勉強を疎かにして1年経ったとしたら……

学校のほかに1日3時間勉強できる時間があったとして、3(時間)×365(日)=1095(時間)!

1000時間以上の自習時間が露と散ってしまうんです。

 

この1000時間を学習に使えたら、かなり違ってくると思いませんか?

そういえば、皆さんが1年間に受ける授業の時間も約1000時間だと以前のブログでお伝えしましたよね。

(参照:https://www.takeda.tv/koga/blog/post-149038/

 

あれあれ、これってなんの偶然でしょうか。

学校の他に1日3時間、土日祝日や夏休み冬休みも毎日3時間ずつ勉強するだけで、学校で授業を受けている時間と同じくらいの時間の勉強ができてしまうんです。

しかも授業と違って自分一人で進める自習ですから、進み方はとても早くできます!

 

それだけじゃなく、自分が苦手だなと思っている部分に力を入れてやり直すことができます。

学校の授業では得意な部分も苦手な部分も何も気にせず進んでしまいますよね?

せっかくの自習なんですから、苦手なところに力を入れたいですよね!

 

study_night_boy

 

どの大学を目指そうかな?

皆さんは、何を基準に目標の大学を決めますか?

やりたいこと? 家からの距離? 自分の学力?

 

やりたいことがあって、そのために目標の大学を決めるのは素晴らしいことです。

家から近い大学に行きたい人も、遠い大学に行きたい人も、それぞれ考えがあってのことでしょう。

 

ですが、自分の学力がこのぐらいだからと諦めたような気持ちで大学を決めるのでは早すぎると思いませんか?

誰でも名前を知っているような、国公立大学や有名難関私立大学に憧れたことはありませんか?

 

目指せ有名大学!

さて、そんな有名大学を夢見るあなたがやるべきことはひとつ。

 

勉強です。

 

たとえばどんな風に勉強すればいいの? と思うかもしれません。

勉強する方向性が決まらないまま勉強しようとしても、なかなか波に乗れないのもわかります。

 

それでは、勉強を始めるためのチェックポイントを紹介していきましょう。

 

①勉強する科目を絞る

一気に5教科まとめて勉強しようと思っても、すぐに飽きてしまうと思いませんか?

 

そういうときは、まず基礎を固める科目を絞っていきます。

最初は……受験科目の中でも特に重要とされる英語数学からにしてみるとか。そういう感じです。

 

英語も数学も得意だよという人もいるかもしれませんが、油断は禁物です。

そういう人は国語・理科・社会の中で苦手な教科、または受験に使う科目を固めていきましょう。

もちろん英語・数学の基礎学力をさらに上げるというのもOKです!

 

他の教科を捨てるというわけではありませんよ?

始めるための優先順位を作っただけです!

5教科全てを同時に固めていくのではなく、順番に足掛かりを作っていきましょう。

 

 

②使う参考書を決める

皆さんは、どんな参考書を使っていますか?

 

書店の参考書コーナーを見て、いっぱいあるなぁと迷いますよね。

もしかしたら、学校で全員が買った参考書があるかもしれません。

ではその参考書を使って、どのように勉強すればいいのでしょう?

 

たとえば英語で必須ともいえるのが単語の参考書です。

皆さんは英語で文章を書いたことがありますか?

そういうとき、自分の書きたい内容を英語で表すには、英語の日本語訳を知っていることが不可欠となります。

 

でも、単語だけだとちょっと足りないなと思いませんか?

日本語だって同じで、単語だけ知っていても文章は作れません。

 

……そう、必要なのは文法です。

 

文法を知ることによって、単語だけでは伝わらない意味や感情を間違いのない文章にすることができます。

日本語だって、言葉で伝えるのが難しい意味や感情がありませんか?

それを形にするのが、単語と文法をどれだけ知っているかという指標である「ボキャブラリー」「語彙」です。

 

基礎的な部分を固めることによって、発展的な部分をより簡単に理解することができるようになります。

英語なら単語文法を、数学なら基本的な数式と解までの流れを。

それを完璧にしていければ、だんだんと点数が上がっていきますよ!

 

 

③志望校の過去問を読んでみる

皆さんの志望校は、どんな問題で受験生をふるいにかけているか分かりますか?

 

センター試験が廃止になるかならないかの瀬戸際となってそちらにばかり注目が集まっていますが、二次試験への対策も忘れてはいけない課題です。

全国的に共通の問題がでるのがセンター試験、そして大学ごとに傾向が大きく違うのが二次試験です。

 

過去問なんてどこにあるの? と思ったら、参考書売り場で赤い本が固まって置いてあるところを探してください。

それが俗にいう「赤本」、大学それぞれの二次試験の過去問が過去5年分収録されている本です。

 

大学の受験問題ですから、最初に読んだときはちんぷんかんぷんでも構いません。

 

それを完璧に解けるようになってみせるぞと、決意するためのものです。

 

小論文だけの大学もあります。

記述式の問題ばかりの大学もあります。

そしてもちろん、どっちも出される大学もあります。

 

形式を前もって知っておくことは大事です。

周りの人より1年も2年も前から先に予習していたって、決して損はしません。

 

何をどう勉強すればいいのか、目星をつける助けになりそうな気はしませんか?

 

 

 

自習の手助けに!

武田塾は、皆さんの自習を徹底的にサポートする塾です。

 

自習のやり方がわからない人を。

自習だとつい怠けてしまう人を。

自分に合った参考書がわからない人を。

 

その人に合わせた特別なカリキュラムで、親身にサポートします。

 

参考書を読めばそれが自習になるの?

 →「読むだけじゃない」参考書の使い方を教えます。

 

家にいると誘惑がいっぱいで勉強できないんだけど……?

 →武田塾の生徒なら、開校時間の間は自由に教室で自習ができます。

 

参考書がいっぱいあるけど、どれが本当にタメになる参考書なの?

 →市販の参考書を研究しつくした私たちが、あなたに合った最高の参考書をセレクトします。

 

 

受験対策は、「早すぎる」ということがありません。

私たちと一緒に、もっと上の大学を目指してみませんか?

 

まずは無料受験相談にお越しください!

 

無料受験相談受付中!

無料受験相談では

  • あなたに合った奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 参考書を完璧にする方法

など、合格までやるべきすべてのことについて相談できます。

<無料受験相談を詳しく見る>

 

「受験勉強って何をやればいいの?」

「勉強してるのに成績が・・・」

「新しい入試制度がわからない!」

 

そういったお悩みも武田塾の無料受験相談で解決しましょう!

あなたの志望校合格へ、勉強のやり方から出願戦略までサポートさせていただきます。

 

無料受験相談

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 古河校へ