【4技能英語 TEAPって何?】新高1必見!まとめてみました

北久里浜校・

こんにちは!

日本初!授業をしない。武田塾北久里浜校です。

TEAPって何だろう?って新高1必見!まとめてみました!

新高1以外も、是非最後まで読んでいってくださいね。

TEAPって何?

TEAPとは

Test of English for Academic Purposesの略語

上智大学公益財団法人 日本英語検定協会が共同で開発しました。

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の英語能力を測定します。

 

特徴

出題される問題は、全て大学教育で遭遇する場面を想定して作成されています。

例えば、

・英語で講義を受ける

・英語の資料や文献を読み解く

・英語での発表を行う

・英語で意見を述べる

などなど。

アカデミックな場面での英語運用力をより正確に測定するテストです。

 

レベル

主に日本の高3生の受験を想定し、

英検準2級(高校在学中レベル)〜準1級(大学在学中レベル)

程度の難易度に設定されています!

 

 

TEAPとTEAP CBTについて

そもそもCBTって何?

CBTとは、

Computer Based Testing    

…コンピュータを使用し、解答を選択するテスト形式

指定会場で、コンピュータで解答します。

 

ちなみに…

PBTPaper Based Testing 
※紙を使った筆記式の従来のテスト形式

iBTInternet Based Testing
※インターネットを用いて、自宅でも受験することのできるテスト形式

 

 

TEAP CBTの出題内容は?

TEAP CBTでは、画像や映像と音声を同時に提供することで、

「読む」「聞く」「書く」「話す」のうち、

複数の技能を統合した問題が出題されます。

 

 

 

具体的には?

TEAP CBTでは

・複数の文献から必要な情報の検索、読み取り

・動画を見て答えるタイプのリスニング問題

など、ICT問題も出題されます。

 

 

 

違いは?

試験時間・方式

<TEAP> 

合計約200分
■Reading test      70分
マークシートによる択一選択

■Listening test  50分
マークシートによる択一選択

■Writing test     70分
解答用紙へ記入

■Speaking test  10分
一対一の面接方式

 

 

<TEAP CBT>

 合計約200分
■Reading test      80分
コンピュータによる択一選択
※ドラッグ&ドロップによる解答あり

■Listening test   40分
コンピュータによる択一選択

■Writing test     50分
コンピュータの解答エリアへのタイピング

■Speaking test  30分
録音方式

 

日程

<TEAP>

9:40~17:15(予定)

スピーキングテストは順次行うため、

試験時間10分に対し、予定所要時間は約180分です。

そのため、終了時刻がTEAP CBTより遅いです。

 

<TEAP CBT>
10:00~15:15

コンピュータを使って自分のペースで進めていくため、終了時間には個人差がでます。

スピーキングは一斉スタートのため終了時刻は原則15:15です。

 

スピーキングテストについて

<TEAP>

試験官の質問に対し口頭で解答する形式

 

<TEAP CBT>

あらかじめ録画されている動画を見て、その指示に従い、自分の声を録音する形式

 

 

受験料・合計点

<TEAP>

4技能パターン

15000円(税込) 400点満点

2技能パターン

6000円(税込) 200点満点

 

<TEAP CBT>

4技能パターン 15000円(税込) 800点満点
※TEAP CBTは4技能の受験パターンのみです。

 

CEFRとの対応は?

TEAPもTEAP CBTも、いずれもCEFRの基準ではC1~A2までの範囲になります。

CEFR

引用:文部科学省

 

 

スコアの有効期間は?

スコア取得後2年度の間有効
AO入試で活用する場合は、取得時期に注意してください。

 

 

採用大学

千葉大学、筑波大学、学習院大学、神奈川大学、國學院大学、駒澤大学、芝浦工業大学、上智大学、専修大学、中央大学、帝京大学、東京理科大学、東洋大学、日本大学、法政大学、明治大学、立教大学、早稲田大学(一部抜粋)

等々、

国立私立問わず、多くの大学・学部が入学試験において活用中です。
詳しくは、各大学のウェブサイト等でご確認ください。

 

 

上智大学ではどう扱われているの?

共同開発した上智大学(2020年度入試)ではどう活用されているでしょうか。

TEAP利用型入試の受験資格は以下の通りです。

jouchi

例として、上智大学外国語学部イスパニア語学科を見てみます。

イスパニア語学科の総合点及び各技能の基準スコアは以下の通りです。

TEAPkijun

引用:上智大学

 

<TEAPの場合>

総合点で400点中260点(CEFR B1相当)

かつ

各技能ごとに60点以上取る必要があります。

 

<TEAP CBTの場合>

総合点で800点中415点(CEFR A1相当)取る必要があります。

 

上智大学外国語学部イスパニア語学科の場合は、

TEAP CBTのほうが出願基準が甘いように感じます。

ただし、ICT問題等の新傾向問題対策等に費やす時間を考えると、

一概にTEAP CBTのほうが有利といったわけでもありません。

どちらで受験するか、あるいはTEAPを利用せず学部学科試験を受けるかは、

学校の先生、塾の先生、受験に詳しい先輩等、誰かに相談して決めるといいと思います。

 

 

※こちらは2020年度入試の基準となります。

2021年度の新入試でどう変わるかは、また改めてお伝えします。

 

いかがだったでしょうか。TEAP/TEAP CBTについて、

皆様の理解の助けになったのであれば幸いです。

以下の動画も是非ご覧ください。

 

 

武田塾北久里浜校では“毎日”無料受験相談を行っていますので、お気軽にお問合せください。

無料受験相談

お問い合わせ先:046-884-9225

 

お問合せフォームからのお問い合わせも、お待ちしております。

関連記事

jochi

2021年度入試制度改革!何が変わる?上智大学について調べました。   こんにちは! 日本初!授業をしない 武田塾 北久里浜校です。 2021年大学入試では何が変わるか気になりますね。 今回は上智大学…