センター試験後の二次・私大対策は何をやるべき?

木更津校・

こんにちは!

JR内房線木更津駅から徒歩4分、

大学受験予備校の武田塾木更津校です!

 

本日の記事は

「センター試験が終わって、

 残された時間が少ない中、

 二次・私大対策は何をやればいいの?」

 

という受験生にお話したいと思います。

 

センター試験を乗り越え、

・私大の受験まであと2〜6週間、

・国立の二次試験まであと7週間

というところまで来ました。

 

「ここからラストスパート頑張るぞ!」

と思い、

「過去問ガンガン解く!」

「新しい難しい問題集たくさん解く!」

 

と思っている受験生の方、

 

ちょっと待ってください!

 

○基礎事項の再インプットが最優先

 

入試問題、難しいですよね。

難しい問題が解けるようになるために、

難しい問題をたくさん解こうとしてませんか?

 

何よりも重要なことは基礎の抜けを洗い出し

もう一度頭に入れることです。

 

「センター試験対策ばっかりやっていたら、

二次・私大の問題が解けなくなった・・・」

という人もいるでしょう。

 

それは演習ばかりしていたので、

知識に抜けが発生してしまっているのです。

 

もう一度、基礎事項の確認をしてみましょう。

思わぬ穴が見つかるかもしれませんよ。

 

○過去問は何の為に解くのか?

 

過去問を解く目的、皆さんはっきり言えますか?

 

生徒に聞くとよく

「傾向を知るため。」

という回答があります。

 

傾向知ったら本番の得点が上がるのでしょうか?

 

答えはもちろんNOです。

 

大切なのは

①傾向・問題の分量を知ること

②①で得た結果から、

 今後の学習の計画を立てること

 

です。

例えるなら、

練習試合は自分の実力をだし、

今後どういう練習が必要か決める為にあります。

練習試合ばっかりしてても上手くはなりません。

大事なのは日々の練習です。

 

「過去問を解く」ことが目的なのではなく

「過去問を解いた後に何をするかを決める」

ことが目的です。

 

普段過去問を解くときは絶えずこのことを

意識しておきましょう。

 

武田塾木更津校では

 

「センター同日体験を受けて

1年後の受験が不安になった」

「二次・私大対策で具体的に

何をやればいいか教えて欲しい!」

 

といった生徒に無料の受験相談を行っています!

 

少しでも興味を持たれた方は是非、

武田塾の受験相談にお越しください。

 

木更津校で受験相談をする

 

こちらの記事も良く読まれています

センター試験後の二次・私大対策をスムーズに始めるコツ