試験会場に持っていくと役に立つものリスト

川崎校・

秋になると模試が増えますし(「~大学対策模試」とか「プレ模試」とか)、冬になると早いところでは年内に入試があるところもあります。

そのような試験の時に、「忘れ物」をして結果を出せなくなるのは悔しいですよね。

例えば、いつもセンター形式の問題で時間をきちっと計って解いているところ、本番で時計を忘れたら100%の実力は出せないと思います。

そこで、1人でも多くの受験生がそのような事態に陥らないよう、「試験に持っていくと良いもの」をまとめてみました。

気になる人はぜひ確認してみてください!

 

時計

上の例でも紹介しましたが、時計はほとんど必須アイテムのようなものです。

「試験会場にある時計を見ればいいじゃん」と思う人もいるかと思いますが、

時間がずれていたり壊れていたりそもそも無かったりする場合があります。

(ちなみに私は↑の全てのケースを経験したことがあります……笑)

試験時間があと何分かをすぐに確認できることは、試験に向けた戦略的な意味で大事なのはもちろん、戦略精神衛生上重要です。

1つだけ注意したいのは、時計の種類です。例えば、置き時計について、その使用が認められる場合と認められない場合があるようです。模試の時から入試本番で使える種類の時計を持参するよう心がけると良いと思います。

 

防寒グッズ

秋以降の試験では会場の暖房が不十分で寒いことがあります。

そのため、上に羽織る用のカーディガンパーカーカイロなどの防寒グッズがあると安心です。

特にカイロは「指先が冷えて文字が上手く書けない……」という事態を避けるのに有効なのでオススメです。

また、腹痛を起こしやすい人は、腹巻きをしていくとお腹が冷えにくくなるのでこちらもまたオススメです。

あと、飲み物に関しては、冷たいものよりも常温のもの温かいものを持っていくと良いと思います。

 

参考書

今までに使った参考書を数冊を持っていくのも良いと思います。

確かに、試験直前に知識を詰め込むような作業はあまり推奨できるものではありません。

しかし、「自分はこの参考書をこれだけやったから大丈夫」と思える相棒的な参考書を持っていくと自分に自信を付けられるような強い心の支えになるでしょう。

 

 

以上、「試験会場持っていくと役に立つもの」についての紹介でした!

 


【人気の記事】
武田塾の料金は意外と高くない!?
ルート(カリキュラム)をこなすだけなら誰でも出来ちゃうんです
受験生限定!時給6万円のアルバイト!?
3ヶ月で偏差値70超え!物理が都内で4位!?

【逆転合格例】
偏差値30台から、超絶難化の青山学院大学法学部へ逆転合格!【合格体験記2017】
夏の部活引退からなんと!受験大学全て現役合格!(慶應・横市・順天・日赤・国立看護)【合格体験記2017】
秋からエンジン全開、念願の名門心理学部を3校合格!【合格体験記2017】
11月から日本女子大へ!E判定からの逆転合格!【合格体験記2017】
前代未聞!定時制から早稲田大学教育学部合格!!(立教、関西学院も合格!)【合格体験記2016】


武田塾川崎校では無料受験相談を随時行い、
一人ひとりに沿った正しい勉強法を伝え、
逆転合格できるようにサポート致します。

武田塾川崎校へのお電話でのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは
044-280-7503までお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問い合わせ・無料受験相談のお申込みは
こちらからお申込みください。

また、LINEでもお問い合わせ・無料受験相談のお申込みを受け付けています。

友だち追加数

【武田塾川崎校】
〒212-0014
川崎市幸区大宮町14-4川崎中野ビル2F
JR川崎駅 西口徒歩3分