横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の進学実績・学校の特徴

川崎校・

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校2

本日は、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校について紹介します。
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校は、共学の公立高校です。住所は、神奈川県横浜市鶴見区小野町6。最寄り駅は、JR鶴見小野駅になり、そこから徒歩約2分になります。電車やバスなど、通学手段が豊富です。

偏差値(2014年)
理数科 67

進学実績(2014年) 
【国公立大学】
東京大学4名
京都大学3名
大阪大学1名
筑波大学6名
東北大学4名
など、国公立大学には合計99名が合格しました。

【私立大学】
慶應義塾大学15名
早稲田大学31名
東京理科大学50名
明治大学61名
上智大学8名
日本大学40名
同志社大学3名
立命館大学2名
など、私立大学合格者は616名となりました。
進学実績のある高校で、東京大学や京都大学などの難関大学への進学者を多数出しています。

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の評判
理系の高校であるため、普通の高校ではできない授業が受けられます。部活は、時間を制限されてはいるものの、活発に活動を行っています。施設も整っており、過ごしやすい環境になっています。
学習環境が良いと評判で、実験室での専門授業や特別講師を呼んでの講演会など、科学に興味のある学生はとても有意義に過ごせる高校です。