受験相談⑥勉強計画…立て方が分からない!

川崎校・

 12191563_1491877411140762_5339308894024914175_n

 

<受験相談>
川崎市内の公立高校に通っています。まだ受験までは1年以上あるのですが、そろそろ気合を入れて勉強を始めないとまずいかなと周りを見て思い始めました。でも、受験用の予定の立て方が今一よくわかりません。どうやったらうまく勉強の予定が立てられますか?

<回答>
高2から計画的に受験に向けて勉強するのであれば、まずは自分の現在の学力を把握し、目指す志望校を決めるところから始めてみましょう。自分の学力は客観的に見ることが大事です。くれぐれもできているところだけ見て安心しないように。どちらかというと苦手な部分を洗い出す方が大事です。また、志望校は現在のレベルで行けるところを考えるのではなく、自分が本当に目指したい大学を志望校としてイメージしてみてください。

志望校が決まったら、今の自分の学力と志望校のレベルとのギャップをきちんととらえ、そのレベルまで持って行くためにはどれだけ勉強しなければならないかということを考えます。受験日まで何日あるかそれまでの間にどれだけのことを勉強しなければならないということがということ目の前に並べば、実現の可能性があるかどうかが見えてくるでしょう。

勉強すべき量がわかったら長期、短期、1か月、1週間、1日と分けて計画を立てていきます。長期はおおざっぱに、期間が短い計画ほど細かく予定を立てていきますただし、あまりにもタイトな詰め方をしてしまうと、途中で修正が効かず苦しくなります。生身の人間ですから、勉強に集中するためにはそれ以外の生活の部分にもある程度の余裕は必要です。メリハリをつけ、きちんと続けられる無理のない計画の立て方をすることも大事です。

1日の予定、1週間の予定は少し厳しめに立てて、できる限り計画に沿って進めることを心がける必要がありますが、体調などによって予定通り進まない場合もあります。その時に、予定がずれたことを気にして何も手に付かなくなるようでは困ります。また、全てが後へ後へずれていくような計画の立て方も効率的ではありません。それぞれ、計画の中に優先順位を付けておきいざという時省ける部分を最初から決めておく修正がしやすくなります。

また、計画を立てる際に注意しなければいけないのは、教科ごとのバランスです。苦手科目の方が得意科目より多くの時間を費やさなければならないのに、すぐに飽きてしまい効率よく進まないということも人が少なくないようです確実に苦手科目の勉強時間を確保するためには、得意科目の間に、短時間に区切って苦手科目を勉強する時間を何度も入れていくようにするとよいでしょう。長時間集中力が続かなくても、短時間なら頑張れるのではありませんか?少しずつでも続けていれば、苦手意識も無くなってくるはずです。

 

受験相談はこちらから

【武田塾川崎校】
〒212-0014
川崎市幸区大宮町14-4 川崎中野ビル2F
JR京浜東北線 川崎駅 西口 徒歩4分