受験相談で聞かれることシリーズ①~教員になりたいんですが、どこがおすすめですか?後編~

勝田台校・

こんにちは、武田塾勝田台校です。

今回は受験相談で聞かれることシリーズ第1弾

「教員になりたいんですが、どこがおすすめですか?」

の後編に参ります!

後編では、それぞれの養成課程について詳しく紹介していきますね。

 

●小学校教員養成課程●

小学校教員になろうとする場合は、この課程を修了することが必要です。

多くの大学の小学校教員養成課程では、すべての科目を教える小学校教員に合わせ、教科別の指導法や教材研究などを教授するほか、専門性を強めるため専修やコースなどを設置する大学が多くなっています。

また、最近では、小学校での英語教育導入に合わせ、英語の専攻、課程を設置する大学も増えています。

小学校教員養成課程のカリキュラムでは、教育制度や教育方法、教育史などを学びつつ、子供の実際の姿を理解するための科目として、教育心理学、学習心理学、発達心理学、教育評価などを履修します。

さらに、教材の持つ文化的価値、その系統性、他の教化との関連性などについて学び、指導計画や指導方法に関しても学んでいきます。

教育実習、介護実習が必修(介護実習は小学校・中学校教員免許取得希望者のみ)で、教育実習は通常1カ月間、配属されたクラスの担任の指導のもとで、教え方の見学、指導案の作成と教科指導、学校行事への参加などを行います。

介護実習は1998年度大学入学者から義務付けられており、社会福祉施設(特別養護老人ホーム、知的障害者更生施設、児童養護施設など)で5日間、特別支援学校で2日間の計7日間です。

 

●中学校教員養成課程●

同じ義務教育を担う「小学校教員養成課程」よりも専門教科の教育に力を入れているのが特色です。

ほとんどの教員養成大学・学部では、この課程に入ると高校の教員免許も同時に取得できます。

中学校教員養成課程の「専門教育科目」は、「教科に関する科目」と「教職に関する科目」で成り立っています。

「教科に関する科目」は、例えば国語専攻の学生の場合は、国語学、国文学、教材研究、教育研究など

数学専攻の学生の場合は、解析学、代数学、幾何学、教科教育学、教育・教材研究などです。

これに対し、高校の教員になろうという場合は、高度な専門性が要求されるため、教員養成大学・学部や一般大学で専門分野(数学なら数学科、国語なら日本文学科など)を学ぶだけでなく、大学院修士課程に進んで専修免許を取得する人も多いです。

 

●特別支援学校教員養成課程●

視覚障害、聴覚障害、知的障害、言語障害、肢体不自由、病弱などの障害のある児童・生徒が通う特別支援学校の教員を養成する過程です。

特別支援学校の教員になるには、特別支援学校教員養成課程で所定の単位を修めることが必要です。

視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由児者、病弱者(身体虚弱者含む)の5つの専門領域があり、科目の取得状況に応じて指導できる領域が定められています。

また、小・中・高・幼稚園のいずれかの普通免許の取得も必要です。

特別支援学校には、幼稚部、小学部、中学部、高等部、専攻科があり、教員は在籍する自動・生徒に教育を行うだけでなく、地域の幼稚園、小・中・高校に在籍する障害のある生徒の教育に関する助言や支援を行う役割もあります。

 

●養護教諭養成課程●

学校の保健室などで生徒の健康管理を行う専門家「養護教諭」を養成する過程です。

養護教諭は、ケガをした生徒の応急手当や、気分が悪くなったり熱が出たりした子供の一時看護などを主な役割としてきましたが、最近では健康やストレスなどの悩み相談はもちろん、不登校・保健室登校、あるいは飲酒・喫煙・薬物、性、いじめなど、様々な問題にかかわる仕事として重要性を増しています。

養護教諭養成課程では、基礎医学・心理学・保険学などを通して、子供の体や心のしくみ・はたらき、発育・発達などを理解したうえで、看護学・歯科・耳鼻科・外科・応急処置などの臨床医学や、衛生・公衆衛生・保健統計などの予防学、学校保健、健康相談などについて履修します。

実習は看護実習と養護実習があり、看護実習は大学の附属病院や医療機関で臨床実習と救急処置を学びます。

養護実習は、小・中・高校で養護教諭の業務や保健指導・健康診断の補助などを行います。

 

●幼稚園教諭養成課程●

国立の教員養成大学・学部のほか、多くの大学・短大に設置されています。

現在では、小学校教諭や保育士資格のいずれかと組み合わせて取得できる例が多いです。

幼保一元化で「認定こども園」が増えていることもあり、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を取得する人が増えています。

幼稚園教諭養成課程では、幼児の健康や環境、ことば、人間関係などについて科なんだうえで、心理学、教育学、生理学などの科目や、ピアノ、ダンスなどの実技を学びます。

 

結構まとめたつもりなんですが、長くなってしまいました(笑)

調べてみたら、私自身も初めて知ることが多く、とても勉強になりました!

教育に携わる者としては、生徒が教育系を目指したいと言ってきたとき、すごーく嬉しいです(*´ω`*)

私はこの仕事が大好きでやっているので、ぜひみんなにも体験してほしい!笑

将来教員を目指しているみなさん、ぜひ参考にしてみてください★

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
⇒必勝勉強法はこちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒勝田台校の無料受験相談のご予約はこちらです♪
—————————————————————–
勝田台・八千代中央・八千代台・八千代緑ヶ丘・佐倉の逆転合格専門塾【武田塾勝田台校】
〒285-0855
千葉県佐倉市井野1551-17 イイノガーデンビル3F

(京成線/東葉高速線勝田台駅より、徒歩2分)
TEL:043-309-5339
Mail:katsutadai@takeda.tv