春休み中の皆さんへ!今やるべきことについてのご紹介

医進館御茶ノ水校・

皆さんこんにちは。今年度の受験はいかがだったでしょうか。

行きたかった大学に合格した方、目標とは異なるけれども新学期には大学に行かれる方などは、春休みは今までやりたくても時間がなくてできなかったことをしたり、自分を磨くための時間とするのが良いでしょう。

 

さて、今回はそうではなく新三年生次年度の受験のために浪人が決まった方々に向けての記事を書きたいと思います。

 

春休みはチャンス!

特に医学部受験生の場合、どの大学も軒並み倍率が高いのでひとつも大学に合格しなかったということは珍しくないです。

ただし、そのことを春休みまで引きずると次の受験に支障をきたしてしまいます。

また春休みならまだ勉強しなくても大丈夫だと思う人も多いと思います。

しかし!春休みが他の受験生と差をつけることができる最初のタイミングなのです。

 

 

春休みにすべきこと①

まず最初にするべきは”今回の受験で志望校に合格しなかったのはなぜか”ということを分析し、反省することです。

大学を受験していくと、「あっ、ここは自分の駄目なところだな」「ここはこうしたほうが良かったな」というところが必ず見つかったと思います。

それらを思い出し、改善策を考えてノートに書きだしてください。

それを踏まえて、受験までの1年間、自分を規するルールを数個作って、それを破らないように生活してください。

 

春休みにすべきこと②

次にすべきことは、生活リズムを整えることです。

春休みになるとどうしても気が緩んでしまい、お昼頃に目が覚めて、夜寝ることができずに夜更かししてしまうということが多いです。

崩れた生活リズムは直そうと思ってもすぐに直せるわけではありません。

幸い、受験中は規則正しい生活をしていると思うので、それを保ったままでいましょう。

具体例としては、朝から塾に通うのが一番良い方法でしょう。朝に日を浴びることで体内時計はリセットされます。

また、少しの運動もとても良いでしょう。

受験は体力勝負です。今から体力をつけておくと最後のラストスパートで勉強量を増やすことができます。

 

走る

 

春休みにすべきこと③

これからは勉強面について話したいと思います。

勉強面で春休みにしてもらいたいことは、受験で必要な科目のどの単元が苦手なのかを確認することです。

例えば、英語なら「完了形が苦手だ」、数学なら「微積の計算が苦手だ」、化学なら「酸化還元反応が苦手だ」など自分自身で思いつくものもあると思います。

それに加えて、”実は苦手”な単元を見つけ出してください。

それは一通り問題集を解くことによって得られるものだと思います。自分ができると思っていても改めてじっくり問題を解くことによって、やり方を勘違いしていたということはとても多くあります。

 

春休みにすべきこと④

最後に、春休みが終わるまでに苦手意識のある科目をなくすことをお勧めします。

春休みが終わり本格的に受験のための勉強が始まると、たくさんの新しい問題を解いていかなければなりません。

そうなると苦手だと思っている科目にかけている時間が無くなるのです。

また、医学部受験はひとつでも苦手科目があると不利です。

よく、得意科目でカバーすればいいと思いがちなのですが、圧倒的に苦手科目をなくしたほうが点数を稼ぐことができます。

苦手科目でなくすための勉強というのはとても時間がかかりますが、その時間はこの春休みしかないと思ってください。

 

いかがでしたでしょうか。

是非みなさんは春休みを有効に使ってくださいね!

 

医進館御茶ノ水校

今年度の武田塾では、

医学部・薬学部逆転合格者が続出!!

 

「武田塾の勉強法を詳しく知りたい!」

「自分も逆転合格したい!」

という事がありましたら、医進館御茶ノ水校では無料受験相談を行っています。

ヒント

・医学部受験で必要なこと
・受験校について
・勉強法について
などなど…

ぜひお気軽に、医進館御茶ノ水校までお申し込みください!
校舎長が親身になって相談相手になります!!!

是非お気軽に、無料受験相談をお申し込みください。

無料受験相談

タグ:,