偏差値について

広島校・

勉強する受験生

受験生のみなさん!こんにちは!授業をしない受験革命の武田塾広島校です。

今回は、みなさんがよくご存知の偏差値の話しです。

偏差値って何ですか?というときに今の世の中パソコンやスマホで検索すれば
いいだけです。
大ざっぱに言うと・・・
平均を50とした点数でテストの成績を見る方法です。
と書いてあります。
まあ、ここで言ってるのは、学力偏差値のことです。
詳しく知りたければ検索すればいいことなんで、
偏差値のことから、あと1つ
順位や偏差値は、テストを受けた人たち(母集団)のレベルに影響されるということです。
順位で考えてみると・・・学年順位が上から30番の優秀な成績!といっても
県下トップの進学校の中で30番なのと、その他の学校で30番では
価値が違いますよね。同じことが偏差値にも言えるのです。
2つの異なるテストの偏差値を比べるとき、それぞれのテストを受けた集団の
学力がだいたい同じであれば、問題ありません。例えば、同じ人が同じ学校の
中で受けたテストであれば、英語と理科の偏差値はほとんど同じ意味を持つし、
夏の校内テストの偏差値と秋の校内テストの偏差値も同じように比較できます。
2つの集団の学力が異なる場合は、偏差値の価値が違うことに注意しましょう。
例えば、自分の学校が県内でも上位の高学力な学校の場合、
校内テストでの偏差値は全国テストの偏差値より低く出ます。
「校内偏差値は55だったけれど、全国では60くらい出るのではないかな」
と、だいたいの見当をつけながら数字を読んでいく必要があります。
と書いてあります。

ということは、あたりまえの話しなのですが、自分が勉強してテストの成績が
伸びても全体の成績が伸びていたら偏差値はあまり変わらないということですね。
自分が伸び悩んで、前回と同じ成績で偏差値が下がることもありますね。

人と同じように勉強していたら、偏差値は上がりますか?
上がらないとは言いませんが、普通は上がりにくいですね。
大多数の人がどうやって勉強してますか?
学校で授業を受けて、予備校でも授業を受けてる受験生多いですよね。
受験はあきらかに競争ですよね。みんなで同じ授業を受けてどうするのですか。
授業を受けているときと、テスト勉強しているときと、どちらが成績が上がる
ことをしていると思いますか。
そう考えると自学自習しているときが1番伸びると思いませんか。
授業を受けている時間がもったいないですよ。大学受験においては。

大手予備校に行って安心している場合ではありませんよ。

ずっと、通ってるのに偏差値が伸びません。という相談がもっとも多いです。

予備校にもない1対1の個別指導にもない家庭教師にもないシステムが
武田塾にはあります。
圧倒的な速さで学習が進み短期間で偏差値がアップします。
武田塾の勉強法が志望校合格の1番の近道だと自負しております。
効率よく!最短距離です!



無料受験相談~進路カウンセリング~

日本初!授業をしない勉強法革命の武田塾

当校では随時、無料の受験相談を行っております。
正しい参考書の使い方、勉強方法、偏差値アップのための学習計画、志望校選びについて等、個別に対応致します。

武田塾広島校 広島の個別指導学習塾・予備校

住所:〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町13-11リヴァサイドビル3階~4階
※3階が受付です

tel:082-569-7329
※受付時間 13:00~21:30(月~土)

mail:hiroshima@takeda.tv

広島の塾・予備校のお問い合わせは武田塾広島校へ→