地元の大学か他都市の大学へ進学するかで迷ってます。

広島校・

広島大学ロゴ

【質問】

地元の大学かあるいは他都市の大学へ進学するか迷っています。地元にも国立大学があり、総合科学部を目指していますが総合的な視野を養うためには地元にとどまらず、東京か大阪・京都など大学が多く集まる都市で広く見聞を広めるのも学生時代には有益のようにも感じます。物価や学費の面を考えると、地元にいたほうが親の負担も少ないのは明らかなので、どうするのがよいのか迷っています。

【回答】

地元の大学と都市部の大学への進学、確かに悩みますよね。今まで親元で暮らしてきたので、大学進学を機会に一人でやっていきたいと思ったり、学生のうちにいろいろな経験を積んでみたいと思う気持ちも確かにわかります。
でも、もし、他都市の大学への進学が見聞を広げたいという目的だけならば、やはり地元の大学をお勧めします。双方に希望する学部があり、教授や教育内容でどちらも興味深くて甲乙つけがたい、などの理由で迷うのであれば、実際にオープンキャンパスや公開授業を受けてみて、自分に合うと思ったほうを選ぶと良いと思います。
しかし、他都市のほうがただ何となくいい刺激になりそうと思うのであればそうとは限りません。実際に他都市に出てひとり暮らしをする場合、ご両親が負担する学費、生活費は莫大なものになります。一般的に一人暮らしをする学生の年間平均支出額は二百数十万だと言われています。それを一部奨学金で賄うとしても、後々あなたの借金になります。
大学生活の費用についてご両親の意向は確認していますか?学生の本分は学習することです。自宅から通えば衣食住は確保されており、その分学業に十分専念することが出来ます。
また、バイトをする場合でも生活費に充てる必要がないので、研究旅行にいったり、サークル活動をしたりと、より活動的な学生生活を送れるはずです。大学によっては他大学との交流もあり、留学の制度もあります。地元の大学に進学したとしても視野が狭くなるということは決してありません。
むしろ、のびのびとした学生生活を謳歌できると思います。また、将来就職するに当たっても、地元の大学の場合地元の企業に有利に働きます。特に広島大学の総合科学部は広島大学の就職率のトップレベルを誇り、新入生のうちから満足のいく就職先確保のため、就職活動の支援体制があります。両親の老後の資金、自分の将来のプラン、すべてを踏まえた上で納得の上進路を決めてくださいね。まずはご両親と相談の上、担任の先生にも相談してみましょう。

💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎

                              

無料受験相談~進路カウンセリング~

日本初!授業をしない勉強法革命の武田塾

当校では随時、無料の受験相談を行っております。
正しい参考書の使い方、勉強方法、偏差値アップのための学習計画、志望校選びについて等、個別に対応致します。

武田塾広島校 広島の個別指導学習塾・予備校

住所:〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町13-11リヴァサイドビル3階~4階
※3階が受付です

tel:082-569-7329
※受付時間 13:00~21:30(月~土)

mail:hiroshima@takeda.tv

広島の塾・予備校のお問い合わせは武田塾広島校へ→