歴史や地理といった興味が持てない科目は暗記しても忘れてしまいます。どう取り組んだらいいでしょうか?

広島校・

日本史参考書世界史参考書地理参考書

 

【質問】

広島の塾に通っている者ですが、小学生の頃から既に歴史や地理といった社会科目が苦手だと感じていました。科目に興味が持てないため、テスト前に出題範囲をとりあえず丸暗記していましたが、テストが終わると全て忘れてしまいます。授業内容が全く身に付いていないように思います。どうしたら興味を持って社会の勉強に取り組む事ができるでしょうか?

 

【回答】

良く歴史好きの人は、あまり知られていない歴史的出来事をたくさん知っていたりしますが、こと受験勉強に関していえば、深い知識はあまり必要ありません。それよりも、どんな受験生でも知っている出来事をすべて完璧に覚えることのほうが重要です。
日本史、世界史はとにかく覚えることが多い教科です。その為、歴史に必要なのは暗記力だといえます。でも、日本史や世界史の覚える量は膨大で、やみくもに覚えようとすると、どの用語を覚えればいいのかわからなくなってしまいますよね。
もし日本史と世界史で迷うならば、覚えるのが大変な漢字のない世界史のほうがお勧めです。ただし、量としては世界史も変わらず多いので暗記が大切だという点は同じです。テストが終われば忘れてしまうのは、短期記憶に頼った結果のことだと思います。歴史を効率よく勉強するための方法として一番大切なのが、一問一答をたくさん覚えるのではなく、その単語の時代背景にも気を付けて、一つの用語から様々なことを思い出せるように記憶を紐づけすることです。そうすることで論述問題にも対応できるようになります。お勧めは、軸となるノートや参考書を作ることです。ページを開いたときにすぐに関連した出来事が思い出せるように、教科書や参考書などに気が付いたことをどんどん書き込みましょう。すべての勉強を一冊にまとめることで、効率よく勉強することが出来ます。また、歴史は志望校によって出題傾向が全く違います。志望校に合わせた対策も必要です。特に近代史は授業ではほとんどしないにも関わらず、近代史を出題する大学が多いので注意しましょう。
地理は、社会科目の中でも苦手とする人が多い科目です。他の科目と比べてその場で考えることが多いため、答えの暗記はあまり意味がありません。どうやってその問題を解くのか、どこを見たらいいのかといった考え方の習得が必要です。
大切なのは「思考する力」です。地理の学習の際に、データ集や地図帳の併用は非常に重要となります。年々データが変わるので最新情報を常に把握しておきましょう。共通していえるのは、一つの参考書を徹底的にやりこむ勉強法が効果的だということです。知れば知るほど奥が深い社会科目は、用語の理解が出来るようになればきっと楽しくなると思います。頑張ってください!

💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎 💎

                              

無料受験相談~進路カウンセリング~

日本初!授業をしない勉強法革命の武田塾

当校では随時、無料の受験相談を行っております。
正しい参考書の使い方、勉強方法、偏差値アップのための学習計画、志望校選びについて等、個別に対応致します。

武田塾広島校 広島の個別指導学習塾・予備校

住所:〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町13-11リヴァサイドビル3階~4階
※3階が受付です

tel:082-569-7329
※受付時間 13:00~21:30(月~土)

mail:hiroshima@takeda.tv

広島の塾・予備校のお問い合わせは武田塾広島校へ→