【東大の合格り方】①東大合格の得点計画編【武田塾平塚校】

平塚校・

皆さん、こんにちは。
平塚駅徒歩3分の大学受験予備校、武田塾平塚校です。

 

今回は東大受験記事第一弾ということで
今後の学習計画を立てる前に
合格するための得点計画を
立てていきたいと思います。

 

計画を立てる前に

1.足切りの点数を調べよう

足切りというのは2次試験の受験者数が
多くならないようにするための措置で、
合格倍率一定の値を超えないように
受験者数をコントロールします。

足切りの点数を超えていない
2次試験の受験資格すらなくなってしまうので、
特に1次試験の形式の問題が苦手な方には
大事になってくる点数です。

東大の足切りの点数を過去15年分見て見ると
以下の通りになります。

  文科一類 文科二類 文科三類
2006年 714 722 739
2007年 690 695 720
2008年 677 731 748
2009年 704 722 729
2010年 613 696 717
2011年 705 738 742
2012年 721 670 632
2013年 673 707
2014年 375 617 657
2015年 534 652
2016年 718
2017年 571 623 732
2018年 582 703 738
2019年 628 728 750
2020年 621 612 575

 

  理科一類 理科二類 理科三類
2006年 721 733 797
2007年 726 691 745
2008年 749 735 655
2009年 694 716 703
2010年 705 649 676
2011年 729 708 727
2012年 770 743 706
2013年 574 690 702
2014年 681 714 685
2015年 731 708 655
2016年 728 694
2017年 660 701 695
2018年 715 717 630
2019年 698 720 630
2020年 681 626 611

秋山は理系なので、理系の3類の中から
志望する学類を決めます。

今回は個人的に一番興味のある
理科一類を志望したいと思います。

理科一類足切りの点数
基本的に720点以下になることが多く、
高くても730点くらいのことが多いようですね。

 

2.合格最低点を調べよう

大学に合格するためには
当然合格最低点を超える必要があるので、
次は合格最低点を調べてみましょう。

東大の合格最低点を過去15年分見てみると
以下の通りになります。

  文科一類 文科二類 文科三類
2006年 350.0204 333.8982 329.7205
2007年 344.8205 330.8539 322.6983
2008年 347.4778 341.1556 334.8444
2009年 365.5556 357.2444 350.7000
2010年 351.9000 343.7444 338.9222
2011年 353.4111 345.4333 346.9444
2012年 371.7000 367.0667 352.9444
2013年 348.5333 342.5000 347.2111
2014年 332.7444 331.5667 327.1333
2015年 325.3444 321.8222 310.7333
2016年 351.5111 349.0889 343.9889
2017年 354.5778 348.5222 343.6111
2018年 354.9778 350.6333 343.5778
2019年 351.8333 358.0667 342.7222
2020年 343.9444 337.6111 338.8667

 

  理科一類 理科二類 理科三類
2006年 324.6760 323.1094 394.9647
2007年 310.5983 304.6760 385.6870
2008年 314.5889 309.7000 377.8556
2009年 323.3222 322.5111 380.2111
2010年 306.6667 307.3778 364.2889
2011年 325.3000 326.3889 392.8333
2012年 333.9111 317.5111 382.5000
2013年 315.7333 302.7333 370.3889
2014年 307.3556 309.7333 372.3889
2015年 322.9556 311.5000 377.2889
2016年 328.4556 314.9778 388.6667
2017年 347.1889 335.3667 407.7111
2018年 319.1889 310.9667 392.3444
2019年 334.6667 330.3778 385.3778
2020年 320.7222 313.0222 385.6111

こちらの合格最低点は当然全て
1次試験と2次試験の合計点数になります。

理系で学部などに特にこだわりがない場合には、
通常、合格最低点が一番低くなることの多い
理科二類を志望することが多いと思います。

理科一類の場合は、近年の傾向だと
320点前後の年と340点前後の年が交互に来ています。

今年度の入試はおそらく合格最低点
少し高めになると予想できるので、
350点ほど取れれば合格ラインになると思います。

少し高めに見積もって、360点ほどで
確実に合格ができそうですね。

こちらを参考に自分が本番で
どのようにして合格点を取っていくのか
得点の計画を立てていきましょう

東大の場合は合格最低点と
合格者平均点の差があまり開かないので、
勉強がギリギリになりそうな方は
合格得点を5点刻みで見積もっても
良いと思います。

 

得点計画の立て方

1.自分の得意不得意をしっかりと把握しよう

まずは1次試験の目標点数を
決めていきたいところですが、
ここで問題になってくるのが、
1次試験と2次試験の
どちらが得意かということです。

東大の配点は以下の通りです。

1次試験:110点(900点満点を圧縮)
2次試験:440点

秋山の場合は理系なので2次試験の
各科目の配点は以下の通りです。

英語:120点
数学:120点
国語:80点
理科①:60点
理科②:60点

東大を受ける場合、1次試験の点数
あまり大きく影響しないことが分かります。

しかし、東大の2次試験
高得点を取るのは至難の業です。

自分の得意不得意をしっかりと考えて
どちらの試験でどれくらい得点を
すればいいのかを考えていきましょう。

 

2.『足切り点+半分』を基準にしよう

1次試験と2次試験、どちらが得意であろうと
必ず取らなければいけない点数があります。
そうです。足切りの点数です。

秋山の場合は、理科一類志望なので、
足切り安全圏730点/900点
絶対に取らなければいけません。

この点数を110点満点に圧縮すると、
89.222点/110点になります。

理科一類の合格最低点
360点/550点くらいと見積もっているので、
2次試験で取らなければいけない点数は、
おおよそ270点/440点ということになります。

次に2次試験で必ず取らなければいけない
点数について考えます。

いくら東大の試験と言っても
全てが難問という訳ではありません

各科目本当にしっかりと基礎を固めていれば
約半分の点数は取ることができます。

各科目半分点数を取ると仮定すると、
点数は以下のようになります。

数学:60点/120点
国語:40点/80点
理科①:30点/60点
理科②:30点/60点
合計:220点/440点

ここから何が分かるのかというと、
自分が取るべきなのは残り50点ということです。

この50点をどのように得点していくのかを
自分自身の得意不得意から考えていきましょう。

 

具体的な計画を立てよう

秋山の目標点の例

秋山は1次試験のような
処理速度と正確性を求められる試験は苦手なので、
1次試験の目標点を730点から変えません。

つまり、1次試験の点数は
89.222点/110点となります。

秋山の得意科目数学、理科、現代文
苦手科目英語、古文なので、
2次試験の目標点を下記のように変えていきます。

英語:60/120  → 60/120
数学:60/120  → 90/120
国語:40/80  → 40/80
物理:30/60  → 40/60
化学:30/60  → 40/60
合計:220/440 → 270/440

英語と国語をそのままに数学と理科で
点数を取りにいこうという作戦です。

正直、数学と理科はもっと取れる気もしますが、
一先ずは、この点数を目標にしつつ、
苦手科目や得意科目の伸び幅次第
目標得点の微調整をしていこうと思います。

皆さんも、このような形で
自分の得意不得意を考慮しつつ、
現実的な範囲目標の点数を設定して
勉強の計画を立てていきましょう。

 

まとめ

難関国公立大学を目指している皆さんも、
合格最低点1次試験の足切り点数
自分の得意不得意をしっかりと考えて
得点計画を立てていきましょう。

難関国公立大学を目指すからと言って、
全ての科目をその大学のレベルにまで
持っていく必要はありません

科目数の多い国公立受験では
苦手科目は1-2ランク下までの学力でも
他の科目でカバーすることで
十分に戦える可能性があります。

自分の志望校の過去問よく観察して
得意不得意を考慮した戦い方をしましょう。

全てが得意である必要は全くありません。

 

国公立受験についてもっと知りたいと
思ってくださった方は
いつでもお気軽に無料受験相談にお越しください。

皆様のお問い合わせお待ちしております。

 

無料受験相談